企業が行うべきSEO対策とは?基本的なことや方法を解説

マーケティング SEO

INDEX

自社製品・サービスの周知を図るために、SEOマーケティングが効果的な手法です。とはいえ、これまでSEO対策を行ったことがなく、SEOの本質や具体的にどのような方法を用いればよいか迷われている担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、初めての方でもわかりやすいように、SEO対策の概要について解説します。SEOの効果を出すための基本的な方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもSEO対策とは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語に翻訳すると、「検索エンジン最適化」という意味があります。ユーザーがGoogle上でキーワードを検索する際に、自社Webページを上位に表示させる施策です。

世界中にさまざまな検索エンジンが存在しますが、日本の検索エンジンのシェアは、Googleが約70%を占めています。また、20%近いシェアを持つ2番手のYahoo!は、Googleの検索エンジンシステムを採用しているため、必然的にGoogleの検索エンジンに合わせたSEO対策を行わなければなりません。

リスティング広告との違い


SEOと混同しやすいマーケティング手法に、「リスティング広告」が挙げられます。この両者の違いは、「Googleの広告枠に掲載されるか」、「費用が発生するか」という点です。

SEOとリスティング広告の違い



















掲載場所 費用
SEO 検索結果に、Googleから評価を得ている順番で表示 無料
リスティング広告 検索結果の上部や横の広告枠 広告費用が発生


まず、SEOは、ユーザーが検索したキーワードに対して、Webサイトが順位として表示されます。1ページあたり、10つのサイトが表示されており、Googleから高い評価を受けている順に並んでいます。

一方、リスティング広告とは、検索キーワードに連動しますが、Webサイトを表示する場所に違いがあります。検索結果の上部や横にあるGoogleの広告枠に掲載されるため、Googleからの評価に関係なく、Webサイトの露出が可能です。

また、両者の大きな違いは、費用です。SEOは、Webページ内のコンテンツが評価されるため、上位に表示させるための費用が発生しません。ただし、リスティング広告は、Google側に広告料金を支払う必要があります。さらに、検索されやすいキーワードほど広告費用が高くなる入札形式を採用しているのが特徴です。

SEOで検索上位を狙うためには?

Webマーケティングとして費用対効果の高い「SEO対策」ですが、検索上位に表示させるのは簡単なことではありません。そこで、SEO対策を実施する前に、検索順位の上位を狙うために知っておきたいことをご紹介します。

E-A-Tを意識する


SEO対策で上位を狙うために、必ず知っておきたいことは、「E-A-T」です。それぞれ、「Expertise(専門性)」、「Authoritativeness(権威性)」、「Trustworthiness(信頼性)」を表し、Google社が公表している検索品質評価ガイドラインに掲載されていることから、検索上位を狙うために意識する必要があります。
















Expertise(専門性) Webページ内のテーマ統一
Authoritativeness(権威性) 第三者からの評価
Trustworthiness(信頼性) 記事のオリジナル性


・Expertise(専門性)

Expertise(専門性)とは、Webページのテーマが統一されているかを示します。Webページのコンテンツに特定のテーマ性がある場合、Googleから高い評価を受けられます。

・Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)は、Webページが第三者から評価を受けていることを示します。たとえば、ある領域に関しての専門家が執筆した記事や、大手メディアに掲載された記事です。検索ユーザーに対して質の高い情報を与えられるため、評価が高くなる傾向にあります。

・Trustworthiness(信頼性)

Trustworthiness(信頼性)は、ほかのWebページからコピーをしたものではなく、オリジナルであることを示します。Google側でコピーであると判断されると、検索順位が大きく下がる可能性があります。

ユーザーに有益となるコンテンツ作り


2つ目は、質の高いコンテンツを作ることです。前述したとおり、E-A-Tは検索順位に大きな影響を持ちますが、SEO対策の本質ということであれば、ユーザーに対して有益な情報を提供するという一点につきます。

たとえばユーザーが、「コスパの高いパソコンを探している」のにも関わらず、ハイスペックで高額のパソコンを紹介した記事が読まれても、マーケティングの効果を得られません。そのページから売上や問い合わせにつながる可能性は低く、離脱するユーザーが続出してしまうためです。

有益な情報を提供するためには、キーワードから予想されるユーザーの悩みを考慮しなければなりません。「コスパ 高い パソコン」というキーワードであれば、価格が相場よりも安く、比較的性能の高いパソコンを探していると判断し、ユーザーの悩みを解決できるようなページ作りを意識する必要があるということです。

ツールを活用する


最後に、SEO対策を行う上で、ツールを活用することも重要です。検索結果は、Googleのアルゴリズムによって日々変動しており、日常的なモニタリングやデータの管理が欠かせません。SEO対策をこれから始める方や、始めたばかりだけど具体的な効果を調べたいという方は、以下のツールの導入を検討してみてください。

・Google Search Console(Google サーチコンソール)

Google Search Consoleは、Webページのキーワードに対する検索結果の順位や、検索エンジンでのパフォーマンスを分析するツールです。自社で運営するWebページが、どのようなキーワードで検索されたのかを示す「検索クエリ」だけでなく、検索順位の変動や検索表示回数を1日ごとに確認できます。今後のキーワード選定にも参考となることから、SEO対策に取り組む上で必ず導入しましょう。

・Google Analytics(Google アナリティクス)

次に、Google Analyticsです。Google Search Console同様に、Google社から無料で提供されているツールで、「Webサイトのアクセス状況(PV、セッション、離脱率)」や、「Webページへの流入元(Google検索、第三者ページのリンク、SNSなど)」を調べることができます。Webページ内で、ユーザーがどのような行動をしているかの可視化に加え、KPI達成の指標にも役立ちます。

SEO対策の方法と基本的なポイント

最後に、SEO対策を進める方法と基本的なポイントについて押さえておきましょう。適切な方法を実践しないと、検索順位が上がらないことも考えられるため、基礎をしっかり把握しましょう。

検索キーワードの調査


まずは、検索キーワードの調査です。コンテンツを作る際には、Webページを作る側のキーワードに対する意図と、検索ユーザー側が抱えている悩みや調べたい内容について、ニーズのズレが生じないようにします。先程挙げた例では、「コスパ パソコン」というキーワードによって、ユーザーは値段が安く、機能性の高いパソコンを探しているのであって、価格も機能性も高いパソコンを探しているわけではありません。優れた機能という点は共通していますが、価格に関しての認識に差異があります。

こうしたニーズのズレを防ぐためにも、キーワードに関連した記事を作成する前に、実際にGoogleでキーワードを検索し、どのようなWebページが上に表示されているかを確認しましょう。ユーザーがキーワードを検索する意図をチェックし、大多数の悩みを適切に解決に導くWebページを作る必要があります。

キーワードの検索ボリュームをチェック


2つ目のポイントは、検索ボリュームのチェックです。検索ボリュームとは、あるキーワードがどれくらい調べられているかを示しており、ボリュームが多いほど、検索結果からの流入を増やすことができます。

検索ボリュームを調べる方法は、Googleが提供している「キーワードプランナー」と呼ばれるツールを使用します。キーワードを入力すると、検索ボリュームが表示されるため、キーワードを採用するかしないかの指標にも役立ちます。ただし、検索ボリュームが多いキーワードは、そこでの上位表示を狙う競合サイトも多いので注意が必要です。ボリュームは少なくとも、自社の顧客層と合致し、比較的上位を取りやすいKWを選んで対策するようにしましょう。

まとめ

SEO対策の概要や、基本的な方法について解説しました。Webマーケティングを代表する手法であり、効率的にWebページへの流入数を増加させたい場合に活用してみてください。

そこで、上位表示を狙うポイントを把握し、どのようなコンテンツ作りを意識すればよいかチェックすることをおすすめします。適切なSEO対策の方法を用いて、最大限の効果を得られるようにしましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SEO対策に特化したコンテンツマーケティング

品質の高いコンテンツで継続的な集客を実現する

3つのプランでお客様のご要望に応じて質の高いコンテンツをご提供。
コンテンツとメディアセットのプランもありますので、新規メディア起ち上げをお考えの方もお任せ下さい。

サックルのコンテンツマーケティング

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY