フリーランスが名刺を作成するメリットとは?名刺の内容や作り方まとめ

スキル フリーランススキル

INDEX

フリーランスに名刺は必要ないのではないかと疑問に思っていませんか。名刺はあなたの自己紹介をするためだけでなく、仕事のチャンスを掴むための大切なビジネスツールです。

本記事では、フリーランスが名刺を作るメリットや名刺に掲載すべき内容、作り方について詳しく解説します。ぜひ参考にして、あなたの魅力が伝わる名刺を作りましょう。

フリーランスが名刺を作るメリット

フリーランスが名刺を作るメリットは、3つあります。

  • 簡潔に自己紹介できる

  • 信頼度を高められる

  • 後日連絡がくる可能性を残せる


3つのメリットを知って、前向きに名刺作成を検討しましょう。

簡潔に自己紹介できる


名刺には、ビジネスにおける関係構築を築くうえで必要な情報がすべて記載されています。あなたの情報が一覧で確認できるため、本題に入りやすくなります。簡潔に自己紹介できるため、限られた交流の場を有効活用できるでしょう。

「そういえばチラシの作成を考えている」「動画作成の業者を探そうとしていた」などと相手から話を振ってもらえる可能性も出てきます。その場でビジネスのチャンスを掴めるかもしれません。

信頼度を高められる


フルネームや肩書き、連絡先などが書かれている名刺があると、初めての相手に対して信頼度や安心感を高められます。一般的なサラリーマンは所属している組織の信頼がある一方、フリーランスは個人の信頼を掴み取らなければなりません。

名刺によって情報を公開することで取引先に信頼してもらえれば、良好なビジネス関係が構築できるでしょう。

後日連絡がくる可能性を残せる


名刺に自分の職業や強みを記載しておけば、後日仕事の依頼につながるかもしれません。

交流会や同窓会などで名刺交換をしても、その場では仕事の依頼をしてもらえるケースは珍しいです。

しかし、「Webサイトをリニューアルしたい」「SNSの運用を見直したい」など、あなたのスキルを求めるタイミングで名刺を見返してもらえると、名刺をきっかけに思い出してもらえる可能性があります。

自分のスキルやできることを強調した名刺デザインにしておくと、相手の印象に残りやすいです。

フリーランスの名刺の内容

フリーランスが名刺を作成するとき、どのような内容を掲載すべきか悩む方も多いでしょう。フリーランスの名刺に載せる一般的な内容は、以下の通りです。

  • 氏名

  • 屋号

  • 肩書き

  • ロゴ

  • 事務所情報

  • 連絡先

  • ポートフォリオ・公式サイト

  • SNSアカウント

  • その他アピールしたいこと


具体的な内容について、詳しく確認しましょう。

氏名


まずは、自己紹介のために氏名を記載しましょう。名刺交換の際、1番に氏名をチェックする人が多いため、名前を大きく記載すると読んでもらいやすいです。

もし、一般的に読みづらい漢字を使っている場合は、ふりがなを振っておくと親切です。

屋号


屋号がある場合、屋号も記載しましょう。屋号とは、フリーランスが使用する商業用の名前です。

店舗やネットショップを運営していたり、事務所に名前をつけていたりするのであれば、店舗名や事務所名を屋号として記載しておきましょう。

肩書き


つづいて、肩書きを記載しましょう。肩書きとは、あなたの職業名です。「Webデザイナー」や「動画クリエイター」、「ライター」など、何を仕事としているのかを記載しておくことで、円滑にビジネス関係を構築できます。

ロゴ


ロゴを作成している場合、ロゴも載せましょう。ロゴはあなた自身のイメージだけでなく、あなたの仕事に対する理念や考え方を象徴するものです。

フリーランスとしてのブランドイメージを視覚的に伝えられます。名刺作成をきっかけにロゴを作成してもよいでしょう。

事務所情報


事務所を持っているのであれば、事務所の住所を記載しましょう。住所なしでも問題ありませんが、所在地を記載することで取引先の信頼度はグッと上がります。

バーチャルオフィスやコワーキングスペースなどを活用したり、最寄駅のみを掲載したりするなどで対応しても問題ありません。

連絡先


電話番号やメールアドレスなどの連絡先を記載しましょう。事務所を持たずに活動している方は、携帯電話番号とメールアドレスを載せておくとビジネスチャンスを逃しません。

もし、あなたに仕事を依頼したいと検討してもらった際に円滑に連絡してもらえるため、必ず記載しておきましょう。また、業務でFAXを使うのであれば、FAX番号の記載も忘れないようにしてください。

ポートフォリオ・公式サイト


Web上でポートフォリオを公開していたり、公式サイトを運営していたりするのであれば、URLを掲載しておきましょう。相手にあなたの実績や経歴をアピールできる機会にでき、仕事を獲得できるチャンスが増えます。

手軽にアクセスできるように、QRコードで記載してもよいでしょう。

SNSアカウント


TwitterやSNSなど仕事用のSNSアカウントがあるのであれば、あわせて掲載することをおすすめします。SNSにはこれまでの実績や作品を掲載しておくと、あなたに仕事を依頼したときのイメージが具体化されます。

また、SNSは気軽に運用しやすく、相手も気軽にコンタクトを取りやすいツールです。一度フォローしてもらえると継続的にあなたの情報を相手に届けられます。名刺交換だけで終わらせないためにも、SNSアカウントの掲載をおすすめします。

その他アピールしたいこと


ほかにも、アピールしたいことがあれば記載しましょう。たとえば、以下のような情報を載せておくと、今後のビジネスチャンスにつながります。

  • 保有しているスキル

  • 受賞履歴

  • 顔写真

  • 特技・趣味


ただし、すべての情報を盛り込むと、どこに注目すべきかわからない名刺が出来上がってしまいます。未来の取引相手にあなたを売り込むために、ビジネス上で有利になる情報を厳選しましょう。

フリーランスの名刺の作り方

フリーランスの名刺の作り方は、主に3つあります。

  • 自分でデザインして作成する

  • 印刷業者に依頼する

  • クラウドソーシングで依頼する


それぞれの特徴やメリット・デメリットを順番に確認し、あなたに合う方法で名刺を作成しましょう。

自分でデザインして作成する


デザインから印刷までを自分で作成する方法があります。

自分で名刺を作成するメリットは、費用がかからないことです。プリンターを持っているのであれば、名刺用のプリント用紙とインク代しかかかりません。また、1枚から作成でき、頻繁に名刺交換をする機会のない方にとって気軽に名刺作りができます。

ただし、自分でデザインするスキルが必要です。逆に言えば、デザインを仕事にしている方であれば、名刺を通して自分のデザインスキルをアピールできます。

また、印刷や紙のクオリティは印刷業者に依頼するときと比べると、どうしても劣ってしまいます。費用をかけたくない場合や少ない量しかいらない場合におすすめです。

印刷業者に依頼する


印刷業者に依頼すれば、デザインから印刷までワンストップでお任せして名刺が出来上がります。印刷業者に依頼するメリットは、迅速に名刺が作れることです。デザイン決定後3営業日〜1週間程度で発送してもらえます。

自分で指定のデザインを入稿する方法とテンプレートを利用して作成する方法があり、あなたに合う方法の選択が可能です。入稿後、印刷前にプロのデザイナーが配置のバランスを整えてくれるサービスもあります。印刷や紙質のクオリティが高く、見栄えのいい名刺の作成ができます。

一方、自分でデザインして作成するときと比べて、費用がかかる点がデメリットです。費用をかけてでもクオリティの高い名刺を迅速に作りたい場合におすすめです。

クラウドソーシングで依頼する


クラウドソーシングでデザインを依頼する方法もあります。名刺だけでなく、ロゴやイラストのみを依頼することも可能です。

クラウドソーシングを活用するメリットは、自分の理想のデザインを細かく伝えたうえで発注できることです。また、比較的安価で依頼できるケースが多く、デザインにこだわりつつもコストをおさえられます。

一方、クラウドソーシングでは相手のスキルがわかりにくく、依頼するデザイナー選びに難航しやすいです。また、印刷は自分で行うか印刷会社に依頼をしなければなりません。

デザインにこだわりたい方におすすめの方法です。

フリーランスにおすすめの名刺作成サービス

最後に、フリーランスにおすすめの名刺作成サービスをご紹介します。

  • Canva

  • ラベル屋さん

  • 名刺工芸アンドユー

  • DESiGN MAKER


特徴を比較しながら、利用しやすいサービスを見つけてくださいね。

Canva


Canvaには数千万点以上の写真・イラストや、数千種類の名刺テンプレートがあり、自分好みの名刺をデザインできます。Webブラウザやアプリで操作できる点も手軽でおすすめのポイントです。

デザインしたものを自分で印刷することもできますが、そのまま印刷を依頼することも可能です。50枚あたり2,100円〜で送料無料と低コストで名刺作りが実現します。

ラベル屋さん


ラベル・シールの作成を行っているラベル屋さんでは、名刺のデザインを無料で作成できます。無料テンプレートが多数用意されている一方で、自分で1からデザインすることも可能です。

自宅での印刷が前提とされているツールのため、自宅で印刷をしても失敗がほとんどありません。手軽に名刺作りをしたい方におすすめです。

名刺工芸アンドユー


名刺に個性を出したいのであれば、名刺工芸アンドユーがおすすめです。切り抜き名刺や木目調名刺、スライド名刺など、名刺交換で相手に強い印象を残せます。

また、レイアウトの承諾を13時までに行えば当日発送してもらえます。早く名刺を手にしたい方におすすめです。

DESiGN MAKER


DESiGN MAKERは、完全無料で入稿から印刷までできるサービスです。500種類以上のデザインの中から好みのものを選び、文字やイラストを自由に配置できます。

また、自分でデータを入稿して印刷を依頼することも可能です。シンプルかつ迅速なやりとりのため、スピーディーに名刺作りができます。

まとめ

フリーランスにとって名刺は相手の信頼を獲得し、仕事のチャンスを掴むための大切なツールです。相手に印象付けるための名刺を相手に渡せば、後日仕事の依頼が来るかもしれません。

ぜひ魅力的な名刺作りをして、交流会や同窓会の場で名刺を使ってあなたのスキルをアピールしましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY