デジタルプロモーションの概要、手順など徹底解説

マーケティング

INDEX

インターネットの普及に伴い、パソコンやスマホ、タブレット等各種デバイスの利用率も高まり、様々なシーンでデジタル化が進んでいます。

また、コロナ禍により実店舗での販促活動が困難となり、インターネットを通じた販促活動が多くの企業や店舗で注目されています。

そこで当記事では、デジタルプロモーションの概要、導入のメリット、方法などを解説していきます。

デジタルプロモーションとは?

デジタルプロモーションとは、顧客購買データやインターネットなどを活用し、自社商品・サービスの購入や利用を促す販売促進活動のことを指します。
デジタルプロモーションが普及する以前は、マス媒体や紙媒体を活用しての販売促進活動が中心でした。
しかし、急速に進むデジタル化により低予算かつ属性や特性に合ったきめ細かな顧客へのアプローチも、デジタルプロモーションによって可能となりました。
また、SNSの普及や新型コロナウイルスの影響により、各企業や店舗の顧客接点もオフラインからオンラインへ移行しつつあり、今後デジタルプロモーションはますます様々なシーンで展開されてくるだろうと考えられています。

デジタルプロモーションのメリットとは?

大勢のターゲットへアプローチすることで認知度を高められる


これまでのマス媒体や紙媒体では限定的な人にしか認知のためのアプローチができませんでした。例えば、新聞や雑誌は購読者でなければそのプロモーションに接することはできません。また、ラジオやテレビもCM放映のタイミングで聴取、視聴した人にしか認知されません。チラシやDMも手に取った人だけとなり、やはりターゲットは限られてしまうのです。
しかし、デジタルプロモーションの場合、いつでもどこでも自社商品やサービスの販促活動が可能となるため、大勢のターゲットへアプローチでき、認知度を高めることができるのです。

情報の変更や結果検証を効率よく行なえる


従来のマス媒体では一度情報がリリースされてしまうと、情報に変更があった場合、差し替えや修正をスピーディーに行なうことが困難です。紙媒体の場合も、修正があった場合は刷り直しとなり余計なコストも発生してしまいます。さらにマス媒体は特に効果検証がわかりづらいといったデメリットもあります。
しかし、デジタルプロモーションで活用するメディアやツールの場合、内容に追加や変更があったとしてもスピーディーに修正することができます。
また、デジタルプロモーションは顧客行動がデータとして残るため、結果検証を効率よく行なえるといったメリットもあります。

顧客による発信や拡散が起こりやすい


商品やサービスの魅力や強みが顧客に伝わると、その顧客は商品やサービスはもちろん、企業や店舗そのもののファンになってくれることもあります。
そしてInstagramやTwitter、facebookなどのSNSを通じて情報を発信してくれることもあり、さらにその情報が多くの人々に拡散され、顧客が新たな顧客を生みだしてくれるケースもあります。
このようにデジタルプロモーションは効率よくたくさんの顧客に情報発信を行なうことができます。

ターゲットをセグメント化して訴求することができる


テレビCMなどの場合、番組や時間帯を限定して放映することで、ある程度ターゲットに絞ることはできますが、属性や特性、趣味嗜好に合わせたセグメント化は不可能です。
しかし、デジタルプロモーションの場合、顧客の個人情報や購買行動、これまでの購入履歴といったデータをもとにセグメント化できるので、特定顧客へ限定的なアプローチを行なうことができます。
ターゲットがさらに細かくセグメント化されて訴求できるため、費用対効果も期待できます。

デジタルプロモーションを進める手順とは?

デジタルプロモーションを実際に行なうためにはどのような手順で進めていけばよいのでしょうか?ここではデジタルプロモーションを効率よく進めるための実施方法を解説します。

ターゲット像を明確にする


デジタルプロモーションを進める上で、ターゲット像を明確にすることが重要です。
こうした明確化されたターゲット像をマーケティングでは「ペルソナ」と呼んでいます。
年齢・性別・氏名・住所・住まいの種類・家族構成・趣味・世帯年収や可処分所得など、まるで実在するように練り上げながら架空人物をつくることがポイントとなります。
ペルソナ設定の際、プロフィールシートにイメージとなる顔写真も貼付することがありますが、ターゲットとなる人物が明確になればなる程、商品開発からマーケティング戦略、販促活動において、関係スタッフ間のブレがなくなるため、できるだけ詳細につくり上げることが大切です。

ターゲット人物が接しているであろうメディアを選択する


架空人物となるターゲットが明確になった後は、その人物がよく接しているであろうツールやメディアを考えます。
ターゲットが明確になっていない場合、メディアやツール選択の検討の際、関係スタッフ間で意見が割れる場合もあります。しかし、しっかりターゲット設定がされている場合は、イメージするツールやメディアの相違はほとんどなくなります。
ここでは例えば、SNSは使っているのか?欲しい情報を検索する際はどのようにして行なっているのか?といったことを考えていきます。

ターゲット層にアプローチできる手法を選択する


ターゲット人物に近い層が普段から利用していると思われるメディアやツールで、具体的にどのようなプロモーションを行なっていくかを検討します。
例えばターゲット人物がfacebookをよく利用する場合、facebookアカウントを運用し、facebookに広告を掲載するなどの手法となります。
また、このように実際にSNS等を運用する場合、ターゲット人物に近い生活者からアンケートを取り、どのような情報に接し、どのような広告であれば読んでもいいかなど調査するとよいでしょう。

デジタルプロモーションの方法とは?

デジタルプロモーションには以下のような方法があります。

web広告


web広告にはリスティング広告やディスプレイ広告などがあり、また各種SNSにも出稿できる広告があります。
web広告はターゲットをセグメント化して配信することができ、広告掲載までに時間がかかりません。また、情報に追加。変更があった場合もすばやく対応できます。

ポジショニングメディア


ポジショニングメディアとは、自社のファンである優良客やユーザーに対し、専門webメディアをつくり、自社の商品やサービスを購入・利用したい人々を効率的に集客することです。

SEO・MEO


SEOは「検索エンジン最適化」のことで、検索エンジンを用いて検索されたときに自社のコンテンツを上位表示させるための対策になります。
また、MEOは「マップエンジン最適化」のことで、検索の際に表示されるマップ上で自社のコンテンツを上位表示させるための対策になります。

オウンドメディア


ホームページやSNS、ブログなど自社で所有するメディアのことをオウンドメディアと呼びます。SNSでの拡散情報を見たユーザーがホームページやブログへアクセスするなど、ユーザーはインターネット上で様々な動きをするため、オウンドメディアも全体のバランスを十分に考え、どのような作りがユーザーにストレスを与えないか検討する必要があります。

動画チャンネル


動画チャンネルはスマホなどでいつでもどこでも利用することができ、対象となる商品やサービス、人物を立体的に伝えることができるため、個人や企業が立ちあげるチャンネル数や利用するユーザー数は年々増加傾向にあります。そのため幅広い年齢層のユーザーが存在するため、集客効果も見込めます。

ウェビナー・オンラインセミナー


各種のセミナーは以前であれば対面が主流となっていましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、現在ではオンライン形式が珍しくなくなってきました。
ウェビナーやオンラインセミナーはインターネット環境さえあれば場所や人数に制限がなく、会場費や交通費も削減できるため、デジタルプロモーションとして今後活用する企業は増えると予想されています。

まとめ

私たちサックルは、マーケター、デザイナー、エンジニアをそろえ、デジタルを駆使した様々なプロモーション手法に精通しております。自社の商品やサービスの売上アップに関心がおありでしたら、お気軽にご相談ください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY