デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

集客とは?顧客との繋がり方を大切に考える

2019/11/15

集客とは?顧客との繋がり方を大切に考える

集客とは何かお悩みではありませんか?

集客はごく簡単なことのように見えて、最終的な到達点である「売上」に最も影響するマーケティング要素です。

今回は集客の基礎知識や集客の種類、考え方についてご説明します。

集客とは

集客とはお客さんを集めることです。しかし、言葉では簡単に言えますが、商品やサービスを開発して企業ブランドとして認知してもらい、実際に商品の購入やサービスの利用に繋げるためには工夫が必要となります。

どのような考え方をもって集客すべきなのか、企業としての経営方針やマーケティングの方向性も含めてどのように考えるべきなのか模索することから考えてみましょう。

知ってもらわなければ買ってもらえない


集客とはお客さんを集めることであり、まずは知ってもらうことから始まります。

どんなに素晴らしい商品やサービスを開発しても「知って」もらわなければ商品の購入やサービスの利用には繋がらず、結果として売上に結びつかないからです。

単純に商品やサービスを認知してもらうだけでなく、信頼や安心できる販売元やサービス提供元の企業としても認知してもらう必要があります。

顧客がお金を出すということはお金を出すに値する商品やサービスであり、信頼や安心感も含めて企業を選ぶということです。

逆に言えば認知度や信頼性が低く、商品そのものの価値に対する安心や信頼が築けなければ、商品の購入やサービスの利用どころか、企業として選ばれないという結果を生み出すことになります。

開発とマーケティングの両方が大切


企業やブランドとして商品やサービスの開発はとても重要です。しかし、マーケティングや営業活動も平行して進めなければ、商品の購入には繋がりません。

良い商品やサービスを作るだけでなく、知ってもらうための営業活動やマーケティング戦略を練らなければ企業として必要な売上を確保できず、企業として成り立たなくなってしまいます。

良い商品やサービスを作る。同時に自信を持って商品やサービスを知ってもらう努力をして「買って」もらうための工夫をする必要があるということです。

広告をばら撒く集客ではなく「届ける集客」を目指そう


一昔前であればテレビのCMや新聞や雑誌の広告、紹介されるだけでも飛ぶように商品は売れていたかもしれません。

しかし、現在では集客するための広告媒体も増えており、単純に広告費を計上して広告をばら撒くような集客では直接的な売上に繋がらず、費用対効果としてマイナスになることも考えられます。

同時に現在では特定の顧客層にリーチしやすい広告媒体も増えているので、ペルソナやターゲットを絞り込むことで「届ける集客」がしやすくなっています。

これからの時代は広告をばら撒くだけの単純な集客ではなく、「売上に繋がる」顧客に認知してもらうために集客した方がコストパフォーマンスに優れているということです。

集客の種類や考え方について

現代では直接的な営業や実店舗、テレビ、紙媒体による集客の他に「Web集客」という分野が増えました。

それぞれの集客方法について改めてチェックしてみましょう。

実店舗やテレビ、紙媒体による集客


立地の良い場所に実店舗を出店したり、テレビCM、新聞の折込チラシ、雑誌の広告枠、街や道路沿いの看板などある意味物理的な集客方法となります。

その他にもスーパーやコンビニでポップを出したり、商品のパッケージデザインそのものも集客できる要素を持ちます。

基本的に不特定多数の人に見てもらうことを前提としており、幅広い年齢層にリーチする集客方法と言えるでしょう。

SNSやメディア広告、自社サイトによるWeb集客


スマートフォンやタブレットの普及に伴い、SNSやインターネットのサイト、メディアやホームページによる集客が可能となりました。

GoogleやFacebook、TwitterやYoutubeなどに広告を設置することでいつでもどこでも誰にでも届きやすい集客ができます。

Web集客では不特定多数の層にリーチするだけでなく、ペルソナやターゲットに応じた「売上につながりやすい顧客」にリーチしやすくすることもできます。

例えば、顧客やユーザーの趣味嗜好に合わせて広告表示が変わる仕組みや、おすすめの商品や記事を紹介するようなことが可能です。

直接営業など「攻め」の集客


直接営業は昔からある集客方法の一つです。基本的に集客は「待ち=守り」がちになってしまいますが、直接営業であれば「攻め」の集客を可能とします。

ただし、昨今では直接の電話や訪問による営業活動がネガティブにとらえられてしまうことや、Web集客と比べて人的コストが嵩むことから、積極的に行われている集客とは言えないかもしれません。

しかし、直接顧客とコミュニケーションできるのは非常に強みであり、個客先に訪問したり、展示会などで名刺交換したり、名刺交換した人に電話やメールでアピールすること「売上に繋げるための努力」がしやすい集客活動と言えるでしょう。

まとめ

集客はお客さんを集めるだけでは終わりません。集客から売上に繋がるフローを描くことが最も重要となります。

同時にただ単に不特定多数の人に知ってもらうだけではなく、より購買意欲のある人、または興味や関心のある人に知ってもらう必要があります。

集客するための広告媒体が増えたからこそ、コストパフォーマンスや費用対効果だけでなく、「顧客との繋がり方」を大切に考える集客を目指してみてください。

また、Webサイトへの集客をしたい方は、下記の記事も参照してみて下さい。
↪︎集客力のあるWebサイト構成 -良質コンテンツとは-

成果報酬型の広告運用 手数料0円で集客を最大化

今日から始めるWeb広告。成果が出るまで費用はいただきません。

設計から運用、LP制作まで、web広告のプロが貴社の集客・売り上げを伸ばします。成果報酬型だから低予算でもすぐに始められる。成果を共有し、同じ目標を目指します。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。