デザインによるブランディングの効果とは?

2019/07/04

デザインによるブランディングの効果とは?

企業戦略としてのブランディング

ブランディングの効果は「他ブランドとの差別化」であり、デザインや広告戦略によってファンの獲得、売上増減に影響しやすいデリケートな部分です。

今回はデザインによるブランディングの効果についてご説明します。

ブランディングの効果とは

ブランディングは他ブランドとの差別化と冒頭で述べました。なぜ、他ブランドとの差別化が必要かと言えば「認知されているか否か」によって売上に直接的な影響があるからです。また、ブランディングによってブランドそのものの価値を高めることにも繋がります。商品自体の値段が高くても、ブランディングによって「このブランドのカバンが欲しい」という気持ちが生まれ、購入する理由や動機となる可能性も高まるからです。

そして一番の効果とも言えるのは「選ばれる理由」になることが挙げられます。単純にカバンひとつとっても、数多くのブランドから販売されており、その中から選ばれるためには「差別化することで認知される」だけでなく、「気に入ってもらう」必要があるんですね。

気に入ってもらうとは好きになってもらうということ、好きになってもらうためにはデザインの力が必要となります。

ブランディング効果とデザインの関係性

ブランディングの効果とデザインの関係性は非常に密接であると言えます。デザインと言っても商標やロゴ、ブランドを表すマークだけを意味するものではありません。商品のパッケージデザイン、ホームページの商品紹介のデザイン、商品そのもののデザインなど、ユーザーの目に入るすべてにデザインが関係しています。

テレビCMや動画広告、新聞広告なども工夫し尽されたデザインで作成されており、ユーザーの記憶にどれだけ残るか、そして購入する意欲をアップし、選ばれる理由や動機となる部分でもあり、ブランディングにおけるデザインは非常に重要なポジションであると言えます。

例えば、あなたが気に入っているコンビニの商品、まさに今着ている服や履いている靴、スマートフォンや持ち歩いているカバンなど、その全てがデザインされており、ブランディングされた商品だということです。

ブランディングの効果を最大限に発揮するために

ブランディングの効果を最大限に発揮するためには、文字や広告、今で言えばSNSによる拡散をも意識しながら、全体的なデザインを行う必要があります。細部にこだわりながら、その上で商品が作られ、商品が売れるまでの過程もデザインするということですね。簡単に言えば、ブランディングは企業がブランドとしての「戦略」だということです。

そして、現在ではスマートフォンの普及率も高く、スマホで見たサイト、ホームページ、サービスで直接的にブランディングの効果を発揮することもできるようになりました。

今では単なる企業紹介のようなホームページではなく、広告効果が高く、販売促進を狙ったグラフィカルで心に響くサイトの有無が、商品の売れ行きに影響しています。

ブランディングにはデザインが必要不可欠ということですね。

ブランディングで差別化されていないとどうなるか

ブランディングで差別化されていない場合、他のブランドの広告戦略、認知度の差によって売上に影響が出る可能性が非常に高いです。同じ価格帯の商品が並んでいる場合、人は無意識的に知っている商品を選びます。知らないというのは不安な感情を呼び起こしてしまい、結果としてマイナスにしかならないということです。

普段、何気なく飲んでいるコーヒーやビール、ジュースやお菓子でさえ、ブランドとして認知されているから、購入に至っていると言えるでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。