ブランディングにデザインが重要な理由とは?

2019/08/16

ブランディングにデザインが重要な理由とは?

ブランディングに欠かせない3つの要素

ブランドの起源はある会社が販売した石鹸になります。会社のマークを石鹸に刻印したところもっと売れるようになりました。このことからわかるのはブランディングには3つの要素が重要であるということです。

1、信用

ブランドは一朝一夕に成り立つものではありません。その企業であったり、商品に対しての『信用』がブランドたらしめます。例えばルイヴィトン。これは高級ブランドとして広く認知されています。同じ素材の同じ工場で作られたカバンであっても、ルイヴィトンだというだけで価格には大きな違いが生まれます。これは、ルイヴィトンであればこのくらいのクオリティがあるだろう、という信用があるからです。

2、デザイン

石鹸の例も、ルイヴィトンの例も、一目でそれとわかるコーポレートマークを使用しています。マーク1つでその企業を連想させ、「これはいいものだ」と脳内変換されるのです。

3、付加価値

ブランドは商品を見ただけで、もしくはその名前を聞いただけで「欲しい!」と思わせる力を持っています。それだけの魅力や付加価値をどのように表現するのか、どのように認知させていくのかがブランディングの肝になってきます。

ブランディングとデザインの密接な関係

ブランディングは言い換えれば『信用の表現』です。信用は目に見えません。にも関わらず、信用を表現しようと考えたら、目に見える形に落とし込む必要があるのです。つまりブランディングには表現するための統一した『イメージ』が必要ということです。

高級ブランドとして有名なメーカーをイメージしてみてください。毎年変わる商品の形までは思い出せなくても、ブランドのロゴは鮮明に思い起こされるのではないでしょうか。それがある企業では商品名であるかもしれませんし、商品のフォルムかもしれません。企業イメージを作る様々なポイントでデザインが活躍していることに気づくでしょう。ブランディングにデザインは欠かせないのです。

ブランディングに効果的な3つのデザイン

ブランディングを行う際に効果的なデザインを3つ事例も交えて紹介します。

 

1、企業ロゴ

企業ロゴはブランディングに欠かすことのできない重要なデザインです。例えば車。トヨタ、日産、ホンダなど毎年リニューアルされたり、新商品がリリースされたりしますが、車についているロゴマークはずっと変わらないままです。なぜならロゴは企業のイメージを司る顔のような役割であるからです。

 

2、コーポレートカラー

印象を与えるデザインとしてロゴと並んで重要なのがカラーです。ブランディングに成功している企業の特徴として、自社のイメージを表現するコーポレートカラーを決めていることが多いことが挙げられます。携帯キャリア大手3社を例に見てみましょう。ドコモは赤、auはオレンジ、ソフトバンクはグレーと三者三様のコーポレートカラーを展開しています。パンフレットなどの販促物や店舗、CMなどカラーを統一して全面的にブランドイメージを作っています。

 

3、形状デザイン

プロダクトデザインもブランディングに大きな影響を与えます。その実例として挙げられるのがApple商品です。Appleのスマートフォン・iphoneのデザインは販売当初世界中に大きな衝撃を与えました。また、同社が販売しているパソコン、macシリーズの独特のフォルムも、リンゴのロゴを見なくてもそれだと識別できる優れたデザインになっており、この2つの商品がAppleのブランディングに大きな役割を果たしています。

まとめ

基本的にブランドは時間をかけて育てていくものです。短期間で急速にブランディングを行うことも不可能ではありませんが、時間をかけて育てたブランドには太刀打ちできません。ブランディングを進めていく際には長期的な視点でロゴやカラー、形状のデザインを決めていきましょう。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。