コンテンツとは コンテンツマーケティングの目的別の種類まとめ

マーケティング コンテンツマーケティング

INDEX

社会のデジタル化が加速度的に進む中、コンテンツマーケティングの重要性も増しています。デジタルマーケティングにおけるコンテンツには、目的ごとに様々な種類があります。コンテンツへの理解を深めることは、コンテンツマーケティングを効果的に進める上でとても重要です。

本記事では、コンテンツの概要や種類、目的別に最適なコンテンツについてわかりやすく解説します。

コンテンツとは?

「コンテンツ」は、ウェブサイト、ブログ、SNS等のデジタルプラットフォーム上で共有される情報や体験を指します。魅力的なコンテンツは、顧客のエンゲージメントを促進させます。

コンテンツマーケティング


コンテンツマーケティングは、ターゲットオーディエンスに最適化されたコンテンツを用いたマーケティング手法です。良質なコンテンツの作成と配信によって、製品やサービス、ブランドの認知向上、顧客との関係構築、契約・販売促進を目指します。

コンテンツの種類










































コンテンツの種類 概要解説
記事 ウェブサイトやブログで掲載されるテキストコンテンツ。

専門知識の共有、情報提供。
SNS投稿 ソーシャルメディアでの短文、画像、動画。

即時性と拡散性が期待できる。
動画 製品紹介、チュートリアル、企業文化紹介など。

自社サイトやSNS、街頭などで公開。
電子メール/メールマガジン 直接顧客に情報を届ける手段。

新商品案内、セール情報、業界ニュースなど。
eBooks/ホワイトペーパー 専門的情報や深い洞察を提供する長文コンテンツ。

信頼性獲得やブランドの権威付けに効果的。
LP(Landing Page) 特定のキャンペーンや製品向けのウェブページ。

訪問者を顧客に変換。
プレスリリース 新製品発売情報や企業ニュースを一般メディアで公開。

信ぴょう性向上、ブランドの権威付けに有効。
ウェビナー オンラインセミナーやワークショップ。

遠隔地のリード獲得やリアルタイムな交流が可能。


上記は、コンテンツマーケティングに使用されるコンテンツの種類一覧です。それぞれ単独で作成/配信するのではなく、戦略的に組み合わせることで、ターゲットオーディエンスに対して効果的なマーケティングを実施できます。

目的別コンテンツの種類

目的別コンテンツの種類

  • 認知度向上のためのコンテンツ

  • 検討支援のためのコンテンツ

  • 購買促進のためのコンテンツ

  • 顧客関係維持のためのコンテンツ

  • 顧客の発信を促すコンテンツ


ここでは、企業の目的別に応じたコンテンツの種類について解説していきます。

認知度向上のためのコンテンツ


























コンテンツの種類 具体的コンテンツ例 特に期待される効果
記事 業界ニュース、トレンド記事

自社製品・サービス解説記事
Web検索結果での視認性向上
SNS投稿 最新情報の投稿

インタラクティブなコンテンツ
インフォグラフィック
拡散性

視覚的訴求効果の向上
ファン獲得
プレスリリース 最新技術の取材記事

CSR1への取り組み記事
一般メディアの発信力活用


自社のブログなどでは最新のトレンド情報にフォーカスし、他では読むことのないオリジナリティのあるコンテンツでリードの関心を喚起します。SNSの特徴である、拡散性にも注目し、活用しましょう。X(旧Twitter)やInstagramでのコンテンツ拡散は、顧客とのタッチポイント増加が期待でき、企業ブランド、製品やサービスの認知度向上に大きな役割を果たします。

1 CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)

検討支援のためのコンテンツ


























コンテンツの種類 具体的コンテンツ例 特に期待される効果
ホワイトペーパー 製品やサービスの詳細情報まとめ
比較表
顧客の理解深化
自社製品の優位性訴求
記事 ケーススタディ
導入の成功事例、失敗事例
顧客側のイメージアップ
ウェビナー 製品デモや専門家解説 疑問点解消


ホワイトペーパーやケーススタディは、提供する詳細情報と実例を通じて、顧客の信頼と理解を深めます。ウェビナーは直接的なデモンストレーションや専門家の解説により、製品の魅力を直接的に伝えることが可能です。比較表は、自社製品の競合に対する明確な優位点を提示します。

購買促進のためのコンテンツ


























コンテンツの種類 具体的コンテンツ例 特に期待される効果
LP キャンペーン/製品特集ページ 顧客の購買行動エスコート
記事 顧客の声、レビューまとめ 購買意欲の向上
メールマガジン 顧客に合わせた情報の定期配信
限定クーポン、期間限定割引
顧客に合わせた宣伝

割安感の付与

LPは、特定の製品やサービスに焦点を当て、購買へと導きます。レビュー記事は、潜在顧客の信頼を獲得する上で有効です。クーポンや割引情報は、有効期限を設けることで、購買の決断を強く促すことができます。メールマガジンは顧客ごとにカスタマイズできるため、既存顧客のリピート購入・契約促進にも役立ちます。

顧客関係維持のためのコンテンツ


























コンテンツの種類 具体的コンテンツ例 特に期待される効果
記事 限定公開記事
早期アクセス情報
顧客意見のまとめ記事
顧客満足度とロイヤルティの向上
サービス改善
ニュースレター 製品更新ニュース
企業人事の配信
顧客との接点維持、再購入促進
ウェビナー 特別イベント
教育的セッションアンケート
顧客との関係強化
ブランドへの忠誠心増加


顧客限定コンテンツでは特別感を演出し、ニュースレターを通じて定期的な接点維持を図ります。イベントやセミナーは直接的な交流の機会を提供し、顧客との絆を強化します。また、アンケートやインタビューは顧客の声を直接聞き、サービス改善や顧客満足度の向上を進める上で重要です。

顧客の発信を促すコンテンツ


























コンテンツの種類 具体的コンテンツ例 特に期待される効果
SNS投稿 #タグ投稿

口コミのリツイート

UGC※2へのリアクション
拡散性

ブランド認知度の向上
記事 レビューまとめ記事

掲示板

コメント欄
潜在顧客の購買意欲向上

製品信頼性の強化
動画 レビュー動画

アンバサダープログラム
商品/サービスへの親近感

顧客のファン化促進


口コミやレビューは、新たな顧客に対する信頼性の高い情報源となり、製品やサービスの購買意欲を高めます。また、顧客が直接ブランドのメッセージを発信するUGCにリアクションすることで、拡散性を高め、より幅広いオーディエンスにリーチが期待できます。

 

※2 UGC(User Generated Content:ユーザー生成コンテンツ)

コンテンツマーケティングを実施するメリット



コンテンツマーケティングを実施するメリットをあらわすイラスト



























企業の種類 コンテンツマーケティングによるメリット
B2B企業 専門知識の展示

信頼関係の構築

長期的な顧客獲得
B2C企業 感情的な繋がりの形成

ブランド認知度の向上

タイムリーな購買促進
スタートアップおよび新興企業 市場への迅速な露出

ブランドイメージの構築

顧客基盤の拡大
高価値製品/サービスを提供する企業 製品の価値と差別化の強調

購入前の情報提供と教育

高いROIの実現
ニッチ市場の企業 ターゲットオーディエンスへの特化

独自性の強化

コミュニティ構築


上記表は、企業の立場や状況に応じたコンテンツマーケティングのメリットを簡潔にまとめたものです。詳しく見ていきましょう。

B2B企業


専門的な情報や製品、サービスを提供するB2B企業は、コンテンツマーケティングを通じて専門性を示し、顧客との信頼性を強固にすることができます。ホワイトペーパーや業界レポート、研究結果などの共有は、リードの顧客化だけでなく、長期的な関係基盤を構築していく上でも大きな役割を果たします。

B2C企業


エンドユーザーの趣味や関心に合わせた製品やサービスを提供するB2C企業は、コンテンツマーケティングを導入することで、タイムリーなソリューション情報の共有が可能になります。魅力的なビジュアルコンテンツ、ハウツーガイド、レビュー記事などは消費者の購入決定をサポートします。

スタートアップおよび新興企業


スタートアップおよび新興企業にとって、ブランドや製品/サービスの認知度向上は大きなテーマです。コンテンツマーケティングでブランドの露出度を高め、自社製品/サービスを多くのリードに知ってもらう機会を得ることになります。さらに、教育的なコンテンツや革新的なアイデアを共有することで、市場における自社の独自ポジションを確立できます。

高価値製品/サービスを提供する企業


高価格帯の製品やサービスを提供する企業では、顧客が購入前に多くの情報を求める傾向があります。詳細な製品説明、ケーススタディ、顧客レビューなどのコンテンツは、購入プロセスをサポートし、顧客の信頼を得るのに役立ちます。

ニッチ市場の企業


特定のニッチ市場にサービスを提供する企業は、ターゲットとなるユニークなオーディエンスに合わせた専門的なコンテンツを作成/配信することが重要です。専門的な知識や情報を提供することで、その分野での権威・地位を確立できます。

コンテンツマーケティングを成功させるコツ

コンテンツマーケティングを成功させるコツをあらわすイメージ画像

  • 目標を明確化

  • ペルソナの設定

  • 高品質なコンテンツ作成

  • SEO対策

  • SNSの活用

  • 効果の測定

  • 継続的な改善


目標を明確化


コンテンツマーケティングの目標を明確化することは非常に重要です。目標設定では、コンテンツを通じて達成したい具体的な目的(リード獲得・売上増加など)を決め、KPI3を設定します。

3 KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)はコンテンツマーケティングの成果を計る指標です。

ペルソナの設定


ペルソナは、ターゲット顧客の典型的な特徴をまとめた人物像です。ペルソナ設定では、まずターゲット層の属性(年齢、性別、居住地、収入など)を特定します。さらにライフスタイル、価値観、行動パターン、購買プロセスなどの情報を詳細に分析し、具体的なパーソナリティを持った人物像を作り上げていきます。ペルソナの設定は、コンテンツ制作を最適化させます。

高品質なコンテンツ作成


高品質なコンテンツは、顧客の支持、ブランド価値の向上、売上獲得の全てにつながるため、極めて重要です。コンテンツマーケティングの成否は、この高品質なコンテンツ作りにかかっていると言っても過言ではありません。設定したペルソナに役立つ情報や体験談は、リードの課題解決や興味/関心に直接的に応え、顧客化を進めてくれます。

SEO対策


高品質なコンテンツ作りと同様、SEO対策もコンテンツマーケティングの主軸となる重要な取り組みです。適切なSEO対策を行うことで、コンテンツが多くのユーザーの目に触れることになり、ブランドの認知度向上やリード獲得、売上向上へとつながります。

SNSの活用


SNSを上手く活用することで、コンテンツの拡散力が格段に高まります。さらに、SNSを介してフォロワーとのコミュニケーションを図り、関係性を深めることも可能です。フォロワーからの質問や意見に耳を傾け、適切な対応をすることで、信頼関係の構築につながります。

効果の測定


KPIなどの効果測定だけでなく、SNSでの反応や口コミ、販売担当者からの意見などを収集、分析を行います。効果の測定をすることで、コンテンツマーケティングの現状を正しく認識でき、次のコンテンツ制作やマーケティング施策の方針を立てることができます。

KPIに対する定量的なデータを収集するツールを活用するのがおすすめです。Google AnalyticsやSNS分析ツール、MA4ツールなどから、コンテンツごとのパフォーマンスデータをシステマティックに取得できます。

4 MA(Marketing Automation:マーケティングの自動化)

継続的な改善


効果測定で得られたデータと分析結果を基に、コンテンツの問題点や改善点を明確にします。テーマ設定や書き手、ペルソナへの適合度、構成のレビュー、キーワード見直しなど、様々な観点からコンテンツ改善に取り組んでいきます。コンテンツの更新/アップデートもSEOの観点から重要です。

まとめ

コンテンツへの理解はコンテンツマーケティングを成功させる上でとても重要です。リード獲得からクロージング、顧客のリテンションといったあらゆるフェーズで最適なコンテンツを活用していきましょう。

以上、コンテンツの概要や種類、目的別に最適なコンテンツについて解説させていただいきました。皆様のビジネス、コンテンツマーケティングにお役に立てる情報となれば幸いです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY