コンテンツマーケティングの種類とは? 8つ手法の目的と効果を解説

コンテンツマーケティング コンテンツマーケティング

INDEX

コンテンツマーケティングには、配信するコンテンツや手法に応じていくつかの種類があります。企業は顧客層に応じて手法を選び、ベストプラクティスなコンテンツマーケティングを選択し、進めていく必要があります。

本記事では、コンテンツマーケティングの種類を8つに分類し、目的と効果、手法を詳しく解説します。コンテンツマーケティング導入を検討している企業の皆様にとって、有益な情報となれば幸いです。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは、顧客に価値ある情報を提供することで、ブランドの認知度や信頼を高め、最終的に商品やサービスの販売を促進するマーケティング手法です。顧客側からのアプローチを期待できる(プル型マーケティング)という特徴があります。

コンテンツマーケティングの種類と目的、期待される効果

コンテンツマーケティングには配信するコンテンツ、手法に応じて8つの種類があります。それぞれの目的と効果も合わせて詳しく解説します。

記事配信


専門的な知識や業界の最新情報、ハウツーなどを読者に役立つ情報として文章で配信します。記事は主に企業が運営するブログやニュースサイトに掲載されます。

記事配信の目的と効果


記事コンテンツの主な目的は、ブランドの専門性と信頼性を構築し、読者の関心を引きつけることです。読者に有益な情報を提供し、企業や製品に対して好印象を持ってもらいます。

定期的に記事を配信することでナーチャリング効果も期待できます。また、質の高い記事は検索エンジンからの評価を向上させ、デジタルドメインにおける企業サイトのプレゼンスを高めます。

記事配信の手法


ユーザーの関心や課題に基づいて、記事コンテンツの最適化を進めていきます。SEO対策としては、適切なキーワード選定、記事の構造、ユーザーエクスペリエンスが重要になります。インタビュー記事や事例紹介などを通じて、リアルな体験やストーリーで読者の共感を呼ぶといったやり方も効果的です。

SNS投稿


SNS(Social Networking Service)プラットフォームを活用し、企業、ブランド情報を投稿していきます。コンテンツマーケティングでは、SNSプラットフォーム(X、Instagram、YouTubeなど)の特性を考慮してコンテンツを最適化します。

SNS投稿の目的と効果


SNS配信の主目的は、インタラクティブなコミュニケーションを通じてブランドの認知度を高めることです。オリジナルコンテンツを投稿し、広く共有することで、リードを獲得し、ブランドのメッセージを拡散します。SNSの拡散力と話題性により、さまざまなオーディエンスにリーチすることが可能です。

SNS投稿の手法


ターゲットオーディエンスが使用する、適切なプラットフォームを選択することが大切です。また、インフルエンサーとのコラボレーションやユーザー生成コンテンツの活用といった手法も、リーチを拡大し、信頼性を高める上で効果的といえます。

動画配信


製品の使い方、インタビュー、チュートリアルなどを動画で伝えていきます。ヴィジュアルエフェクトやサウンドといった要素でコンテンツの魅力を向上させ、顧客の関心を引きつけます。動画コンテンツの作成には、専門機材やスタッフといったリソースが必要になる場合があります。

動画配信の目的と効果


動画は、ブランドのメッセージや製品の特徴をより深く理解してもらう上でとても有効です。動画は、文字や静止画像だけでは伝わりにくいニュアンスや細かな動きを効果的に伝えることができます。さらに、ストーリー性のあるコンテンツを定期的に配信することで、視聴者のリテンション(保持)が期待されます。

動画配信の手法


動画配信では、実演、事例紹介、セミナー、インタビューを用いて、商品の使用方法やサービスの実際の様子をリアルに伝えていきます。最近では、短い動画コンテンツが高い人気を集めています。ワンコンテンツマルチユース戦略をYouTube Short、Instagramのリール、TikTokなどで進めていきましょう。

電子メールマーケティング・メールマガジン


新製品の案内、セール情報、会社のニュースなどをメールで配信します。個々の顧客に合わせ、パーソナライズドされたコンテンツマーケティングを進めることが可能です。メールマガジンは定期的に配信されるので、顧客のリテンションを図る役割も果たします。

電子メールマーケティング・メールマガジン目的と効果


電子メールやメールマガジンは、直接的なコミュニケーションを通じて顧客との関係を強化し、リード育成を促進します。顧客の興味やニーズに応じたやり取りを通じて、最終的にクロージング(契約/購入)へと導きます。

電子メールマーケティング・メールマガジン手法


ターゲットオーディエンスの興味やニーズに基づいて内容をカスタマイズすることが重要になります。例えば、イベント参加者や資料請求者には、その行動や関心に基づいたフォローアップメールを送信します。

他のマーケティング手法との連動も大切です。ブログ記事や動画コンテンツをメールマガジンで紹介し、ウェブサイトへの再訪を促します。このようなアプローチは、リード育成と顧客エンゲージメントの向上につながります。

eBooksやホワイトペーパーの発行


eBooksやホワイトペーパーは、専門的知識や技術、ソリューション情報をまとめた比較的文量の多いコンテンツを指します。eBookは特定のトピックについて詳細に解説した電子書籍です。ホワイトペーパーは、より技術的または専門情報を掲載し、顧客にソリューションを提供します。

eBooksやホワイトペーパーの発行目的と効果


eBooksやホワイトペーパーの発行目的は、自社の専門性と信頼性を示し、ナーチャリングを進めることです。効果としては、ソリューション情報を得たリードからの信頼獲得が期待できます。

eBooksやホワイトペーパーの発行手法


eBooksやホワイトペーパーはデータ量が多いため、ダウンロード形式で顧客に提供されます。企業の公式サイトやブログ、メールマガジンなどにダウンロードURLを掲載し、活用を促します。ダウンロードの際にユーザー情報を記入してもらうフォームなどを設置することで、リード情報の収集にもつなげることができます。

LP(Landing Page)の作成/設置


LPは、特定のキャンペーンや企業目的(技術PRなど)に特化したウェブページです。訪問者が広告やメールリンクをクリックした際にたどり着くページとなります。

LP(Landing Page)の作成/設置目的と効果


LPは特定のマーケティング目標(商品購入やサービス登録、資料請求など)に対するコンバージョンを最大化するために自社サイト内に作成/設置されます。ターゲットオーディエンスの関心やニーズに応じた直接的かつ明確なメッセージを届ける効果があります。

LP(Landing Page)の作成/設置手法


訪問者にとって重要な情報や商品・サービスの利点を効果的に伝え、具体的なアクションを促すCTA(Call to Action)ボタンを適切に配置してきます。また、LP内にソリューション記事を載せることで、広告色を薄め、読者に有益な情報を提供しつつ商品やサービスを紹介することが可能です。

プレスリリース


プレスリリースは一般メディアを通じて発表される企業からの公式声明です。新製品の発売、重要な業務提携、イベントの開催、企業の業績などのニュースを公式に発表する際に使用されます。

プレスリリースの目的と効果


プレスリリースは一般メディアを通じて企業情報を広く公表することを目的としています。メディアを利用することで、企業や商品/サービス情報への正当性を高める効果も期待できます

プレスリリースの手法


プレスリリースは報道してくれるメディアの特性も大切になってきます。ターゲットオーディエンスによって視聴するメディアに違いがあります。例えば、BtoBに関わるプレスリリースをする際は経済紙に取り上げられてもらう方が効果的といえます。また、リリースのタイミングも重要です。関連するイベントや業界動向と連携させることで、より大きな注目を集めることができます。

ウェビナー


ウェビナーは、インターネットを通じて配信されるオンラインセミナーです。ウェビナーでは、特定のトピックについてのプレゼンテーション、ディスカッション、教育的なセッションがリアルタイムで行われます。

ウェビナーの目的と効果


ウェビナーの目的は、物理的な距離の制限を超えてインタラクティブなコミュニケーションを顧客と実現させることにあります。全国、もしくは世界各地の参加者に企業やプロジェクト情報を効率的に伝え、タイムリーなフィードバックを得ます。顧客は企業側とのディスカッションを通じて、信頼性と関与を高めていきます。

ウェビナーの手法


ウェビナーで参加者の関心を引きつけるためには、実践的なノウハウ、事例紹介、業界のトレンド分析などの具体的情報を提供することが重要です。また、リアルタイムでのQ&Aセッションを取り入れることで、視聴者の参加意識を高め、より深い理解を促進します。

ウェビナーに参加できなかった顧客への配慮も大切です。ウェビナーの録画動画を後日オンデマンドで提供することで、顧客は時間や場所に縛られることなく情報を取得できるようになります。

コンテンツマーケティングを専門業者に依頼するメリット


  • 専門知識の活用

  • リソースと時間の節約

  • コスト効率の向上

  • 継続的な運用

  • 多様なコンテンツ形式の活用


コンテンツマーケティングの成功には、目標(KPI・KGI)設定や評価分析、ペルソナ設定、カスタマージャーニー作成、戦略的なコンテンツ設計、SEO対策など専門的なスキルが求められます。これらの複雑かつ多岐に渡る業務を効果的に進めるためには、専門業者に依頼することが推奨されます。

専門知識の活用


専門業者は最新のマーケティング技術、SEO戦略、トレンド分析に精通しています。そして、常に業界の最新情報と接する機会があります。専門業者に依頼することで、自社ではカバーしきれないコンテンツマーケティングの専門知識を活用できます。

リソースと時間の節約


専門業者に依頼することで社内リソースを節約し、他の重要な業務に集中できます。特にコンテンツ作成の外部委託は、社内スタッフの負担を大きく軽減します。

コスト効率の向上


自社で専門スタッフを雇用・育成するコストが削減され、全体的なコンテンツ制作コストが低下します。記事のライター、映像クリエイター、SEOマーケターなどはフリーランスサイトを利用することですぐに契約できます。

継続的な運用


社内事情に関わらず、コンテンツ作成や配信を専門業者に依頼しておけば、不測の社内事情(担当者の体調不良、転職など)によるマーケティングの停止なども防げます。

多様なコンテンツ形式の活用


専門業者は様々なコンテンツ形式(ビデオ、インフォグラフィック、テキストなど)やプラットフォーム(YouTube、Xなど)に精通しているため、ターゲットオーディエンスに対して多角的かつ効果的なアプローチを計画し、実行できます。

まとめ

コンテンツマーケティングを成功させるためには、企業やプロジェクトの主なターゲット層をしっかりと認識し、最適なコンテンツと手法をもって進める必要があります。

以上、コンテンツマーケティングの8つの種類を解説いたしました。デジタルドメインにおいて企業プレゼンスをさらに高める上で、コンテンツマーケティングへの取り組みは非常に重要です。本記事がコンテンツマーケティング導入を進める企業の皆様に向けてお役に立てる情報となれば幸いです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY