コンテンツマーケティングとSEOの違いは?それぞれの手法と関係性

コンテンツマーケティング コンテンツマーケティング

INDEX

コンテンツマーケティングとSEOは、デジタルマーケティングを成功させる上でどちらも重要な役割を果たします。

本記事ではコンテンツマーケティングとSEOの概要、違い、関係性、具体的な手法について詳しく解説します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは、価値あるコンテンツを継続的に作成・発信し、顧客との信頼関係を築き、最終的に企業収益につなげるマーケティング手法です。

コンテンツにはブログ記事、動画、インフォグラフィックなど様々な形式があります。また、コンテンツの配信チャネルはターゲット層に応じてプラットフォームを選択することで、効果の最大化が期待できます。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)は、Googleなどの検索エンジンにおいて、特定のキーワードで検索した際にウェブサイトが上位に表示されるよう最適化する取り組みです。

具体的には、適切なキーワードの選定、ウェブサイトの構造改善、外部からのリンク獲得などを進めていきます。

コンテンツマーケティングとSEOの違い



コンテンツマーケティングとSEOの違い下表にまとめました。

































コンテンツマーケティング SEO
目的 顧客との関係構築 検索ランキングの向上
主な取り組み 価値あるコンテンツの提供 キーワード最適化、内部・外部リンク
対象 顧客(リード含む) 検索エンジン、ユーザー
成果の測定 エンゲージメント トラフィック、クリック数
長期的な効果 ブランド信頼性の構築 サイトの可視性向上


コンテンツマーケティングが顧客との長期的な関係構築と信頼性の向上に焦点を当てているのに対し、SEOは検索結果におけるウェブサイトの可視性とランキングの向上を目指します。

コンテンツマーケティングとSEOは補完関係

コンテンツマーケティングとSEOは相互に補完し合う関係にあります。優れたコンテンツがSEOを強化し、適切なSEO戦略がコンテンツの可視性を高めます。

双方の取り組みをしっかりと進めることで相乗効果を生み出し、ウェブサイトのトラフィック増加とビジネス成果の向上につながります。

コンテンツマーケティングの手法

コンテンツマーケティングは、作成するコンテンツの種類や配信方法によって以下の8つの手法に分類することができます。

  • 記事配信

  • SNS投稿

  • 動画配信

  • 電子メールマーケティング・メールマガジン

  • eBookやホワイトペーパー

  • LP(Landing Page)

  • プレスリリース

  • ウェビナー


それぞれ詳しく見ていきましょう。

記事配信


オウンドメディアやブログを通じて企業情報、もしくは製品・サービス情報を配信していきます。専門的で有益な情報を継続的に配信することで、読者の関心を引き、ブランディングと顧客ロイヤルティ向上につなげます。

SNS投稿


X(旧Twitter)やInstagramなどターゲット層に適切なプラットフォームを選択し、顧客とインタラクティブなコミュニケーションでブランドに対する信頼性を高めます。インフルエンサーコラボ、ユーザー生成コンテンツなどを通じて、SNSの拡散性を最大限活用します。

動画配信


製品やサービスのメイキング動画、経営者自らのユニークなチャレンジ・PR、現場スタッフのリアルな声、顧客のフィードバック情報などを動画で配信します。YouTubeやTikTokなどのプラットフォームは若い世代に多く利用されており、特にZ世代マーケティングを進める企業にとって、重要なチャネルになります。


電子メールマーケティング・メールマガジン


電子メールを用いて、顧客と直接的なコミュニケーションをとり、ナーチャリングを進めます。顧客ごとにカスタマイズされた情報を届けることができ、顧客情報を管理するツール(CRMやSFA)と連動させることで、タイムリーな顧客対応が可能です。

eBookやホワイトペーパー


eBookやホワイトペーパーは比較的文量の多い製品仕様書や研究開発レポートで利用されます。高い専門性と信頼性が要求されるコンテンツで、ナーチャリングにおいて大きな役割を果たします。ダウンロード形式で提供されることが一般的ですが、ハウツー動画などをインサートさせたい場合は企業HP内に掲載します。

LP(Landing Page)


LPは、特定のマーケティングキャンペーンに対応するために設計されたウェブページです。訪問者が広告、メールリンク、ソーシャルメディア投稿などを通じてたどり着く最初の企業ページとなります。特定のアクション(商品購入、サービス登録、資料請求など)を促し、クロージングまでのプロセスをサポートします。

プレスリリース


一般メディアを通じて企業情報を広報します。大手メディアに企業情報が掲載されることで、企業や製品、サービスの正当性と認知度向上が期待できます。大々的に報道されるとコンテンツマーケティングのコントロールが難しくなる場合もあるので注意も必要です。

ウェビナー


ウェブを用いたセミナーをウェビナーと呼びます。遠方の顧客も気軽に参加してもらえるというメリットがあります。実践的ノウハウ、業界トレンド分析で関心を引き付け、Q&Aセッションで直接的なフィードバック情報を収集することが可能です。

SEOの手法

SEOの手法は大きくコンテンツSEO、テクニカルSEO、オフページSEOに分類されます。また、SEOをより効率的に進めるためには専門ツールの活用も有効です。

コンテンツSEO



  • ターゲットキーワード選定

  • コンテンツの企画・制作

  • SEOライティング

  • 内部リンク構築

  • 情報の鮮度維持


コンテンツSEOではキーワード選定、ライティング要領の最適化などが重要なポイントとなります。

 

ターゲットキーワード選定


ターゲットオーディエンスが検索する可能性の高いキーワードを特定します。市場調査、SEOツールを使用して関連キーワードを探し、検索ボリュームや競合状況を分析することが大切です。

 

コンテンツの企画・制作


ターゲットキーワードを軸に、ユーザーに価値を提供するコンテンツを企画・制作します。読みやすい構成やコンテキストで、ターゲットオーディエンスのニーズや疑問を解決するような質の高い情報を提供し、エンゲージメントを向上させます。

 

SEOライティング


キーワードを自然に文章に織り交ぜつつ、読みやすさを重視し、ライティングを進めていきます。見出しにキーワードを含めることで、検索エンジンにコンテンツのテーマを掌握してもらいやすくします。過剰なキーワード使用は逆に検索エンジンからネガティブな評価を下されることがあるので注意が必要です。

 

内部リンク構築


サイト内のコンテンツ間に内部リンクを設置することで、ユーザーのリテンションを図ります。内部リンク構築は、検索エンジンによるサイト構造の理解を促します。

 

情報の鮮度維持


検索エンジンは最新の情報を評価するため、定期的な更新は検索結果のランキング向上にもつながります。変化する市場やユーザーのニーズに応じて、内容を見直し、必要に応じて追加や修正を行います。


テクニカルSEO



  • サイト構造の最適化

  • ページ読み込み速度の改善

  • メタ情報の最適化

  • モバイル対応

  • セキュリティ対策


テクニカルSEOは、インターネットやウェブページの技術的仕様の最適化を図る取り組みです。最近はスマートフォンでネットサーフィンをする方が多くなっています。モバイル対応は特に重要です。

 

サイト構造の最適化


分かりやすくて論理的なサイト構造を構築し、ユーザーと検索エンジンがコンテンツを簡単に見つけられるようにします。カテゴリーとサブカテゴリーを設定して情報の階層を明確にし、各ページへのナビゲーションをシンプルにすることが大切です。

 

ページ読み込み速度の改善


ページの読み込み速度を向上させるため、画像の圧縮、キャッシュの活用、不要なJavaScriptやCSSの削減を行います。ユーザー体験と検索エンジン両方の評価に影響する取り組みです。

 

メタ情報の最適化


メタ情報は、ユーザーにページの内容を簡潔に伝え、検索エンジンのクロールに対しても重要な役割を果たします。キーワードを含んだメタタイトルとメタディスクリプションを各ページに適切に設定します。

 

モバイル対応


スマートフォンやタブレットからのアクセスに対して、最適化されたサイト設計を行います。レスポンシブデザインの採用で、異なるデバイスからの閲覧時にもユーザー体験が損なわれないようにします。Google検索エンジンはモバイル対応を高く評価します。

 

セキュリティ対策


ウェブサイトのセキュリティを強化し、ユーザーデータの保護を徹底します。HTTPSへの移行を通じてデータの暗号化を実施し、ユーザーとサーバー間の情報が盗聴や改ざんから保護されるようにします。

オフページSEO


オフページSEOは、ウェブサイト外部で進める取り組みです。主に他サイトからの被リンク獲得やソーシャルメディア、プレスリリースを通じたブランドの露出増加を目指します。

 

被リンク獲得


被リンク(バックリンク、外部リンク)は、他のウェブサイトから自社サイトへのリンクです。被リンクはサイトの信頼性や権威性を上げていくことで獲得していきます。一方で、不正な被リンク獲得は、検索エンジンから低評価が下される可能性があるので注意が必要です。

 

ソーシャルメディア活用


ソーシャルメディアプラットフォームを利用してブランドやコンテンツを宣伝し、ユーザーとのエンゲージメントを高めます。このプロセスは直接的なSEO効果をもたらすわけではありませんが、コンテンツの可視性とリーチを広げることで間接的に検索ランキングに影響を与える可能性があります。

 

プレスリリース配信


SNS活用と同じく、直接的なSEO効果をもたらすプロセスではありません。しかし、この取り組みはブランドの可視性を高め、著名なメディアから被リンクを獲得できる可能性があります。SEOにおけるサイトの権威構築に役立ちます。

SEOツールの活用について

SEOツールは、SEO戦略の立案、実行、評価の各段階で重要な役割を果たします。単独ではなく、いくつかのツールを組み合わせることで、SEO戦略をより効率化することが可能です。

最新情報の収集に


 

Google Trends


検索トレンドを把握し、人気のあるトピックやキーワードを特定するのに役立ちます。地域別、時間別のトレンドデータを取得し、コンテンツ企画やマーケティング戦略の策定に利用します。

参照:Google トレンド

 

BuzzSumo


ソーシャルメディア上で最も共有されているコンテンツを見つけるのに適したツールです。キーワードやドメインを基にしてトレンドを追跡し、競合のパフォーマンスを分析することもできます。

参照:BuzzSumo

定期的な分析に


 

Google Analytics


ウェブサイトのトラフィックやユーザー行動を詳細に分析できるツールです。訪問者のデモグラフィック情報、ページ滞在時間、バウンス率など、SEO戦略の効果を測定するための重要な指標を提供します。

参照:Google Analytics

 

Google Search Console


ウェブサイトの検索パフォーマンスをモニタリングし、Google検索における表示状況を分析します。クロールエラーや検索クエリ、ページの検索ランキングなどを確認できます。

参照:Google Search Console

 

まとめ


コンテンツマーケティングとSEOは補完関係にあり、企業がデジタルマーケティングを進める上で非常に重要な取り組みとなります。デジタルドメインにおける企業プレゼンスを向上させ、新たなビジネスチャンスをもたらします。

以上、コンテンツマーケティングとSEOの概要、違い、関係性、具体的な手法について解説をさせていただきました。企業のデジタルマーケティングを進める上で、お役に立てる情報となれば幸いです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

すべての顧客体験をデザイン

顧客のニーズを洞察し 逆算で組み立てるUIUX×マーケティング戦略

マーケティング効果と密接な関係にあるUI/UXから設計し、
集客効果の最大化をいたします。Webを活用したマーケティング施策を
クライアントに合わせてカスタマイズし、ビジネスをゴールへと導きます。

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY