【フリーランスにオススメの資格】メリットやポイントも解説

フリーランス フリーランススキル

INDEX

「フリーランスにとってオススメの資格って?」

この記事では上記のような疑問を持つ人に向けて、フリーランスにオススメの資格をご紹介していきます。

また資格取得のメリットやポイントなども併せてお話していますので、フリーランスの方は勿論、これからフリーランスになろうという方は是非ご確認ください。

フリーランスとは

まずはフリーランスとは何かについて、簡単におさらいしておきましょう。

■フリーランスとは


フリーランスとは会社などの組織には所属せずに、個人で仕事を請け負う形で働く人のことです。

中世ヨーロッパ時代、特定の諸侯に仕えることなく戦争が起こる度に諸侯と契約を結び、その戦闘技術を提供していた者は、フリーランサーと呼ばれていました。

そこから企業と雇用契約を結ばず、自由に個人で仕事を行う人たちのことをフリーランスと呼ぶようになったのです。

■フリーランスに求められるスキルとは


フリーランスとして求められるスキルは、どのような事業を営むのかによって異なってきます。

ただしフリーランスはクライアントを獲得するための営業活動は勿論、クライアントとの調整や交渉などを自ら行う必要があるため、以下の2つのスキルはどんな事業においても必要と言えるでしょう。

・営業スキル
・コミュニケーションスキル

フリーランスが資格を取得するメリット・デメリット

ここからは本記事のテーマである資格についてお話していきます。

フリーランスが資格を取得するメリットとデメリットから見ていきましょう。

■資格取得のメリット


・メリット①:スキルの向上

資格を取得するには資格に関する勉強に取り組む必要があり、それらが積み重なることでスキルの向上にも繋がるでしょう。

・メリット②:スキルの整理

これまで我流で行っていたことや独学の知識を、資格取得の勉強を通じて、体系的に捉えることができます。

その結果自分のスキルや知識の整理に活かすことも可能と言えます。

・メリット③:スキルの証明

ただ単に「○○ができます」とアピールしても信憑性に欠け、信頼してもらいにくいですが、資格を取得することで、スキルの証明をすることができます。

スキルの証明をすることで、顧客にも信頼されやすくなるでしょう。

■資格取得のデメリット


・デメリット①:費用が掛かるケースがある

多くの場合、資格を取得するには、受験費用や勉強のためのテキスト代などの費用が掛かることになります。

また資格の中には有効期限が設けられており、更新のために数万円新たに必要となるものもあるため注意が必要です。

・デメリット②:取得までに時間が掛かる

次に挙げられるメリットは取得までに時間が掛かるという点です。

資格試験に合格するためにはある程度の準備期間を設け、勉強していく必要があるため、その時間を捻出しなければなりません。

・デメリット③:実績には劣る

先程資格を取得することで、顧客に対してスキルを証明できるとお話しましたが、正直なところ実績には劣ります。

「○○という資格を持っています」よりも、「こういうことをして、こういう結果を出したことがあります」の方が信頼を勝ち取りやすいのは言うまでもないでしょう。

フリーランスにオススメの資格

続いて、フリーランスにオススメの資格について、簡単にご紹介していきたいと思います。

■ITエンジニア系にオススメの資格


・資格①:ITパスポート

ITや経営全般に関する基本的な知識を有することを証明する国家資格です。

基本情報技術者よりも内容としては簡単となっており、取得しやすい資格と言えるでしょう。

ITパスポートの詳細についてはこちらをご参照ください。

・資格②:基本情報技術者

高度IT人材となるための基本的な知識・技能を有し、且つ実践的な活用も可能であることを証明できる国家資格となっています。

IT業界でも広く認知されているため、ITパスポートよりも専門性をアピールすることができるでしょう。

基本情報技術者についてはこちらをご参照ください。

・資格③:応用情報技術者

基本情報技術者よりも高度な資格として、応用情報技術者という資格もあります。

高度IT人材となるために必要な応用的な知識や技能を持っていることを証明できる国家資格であり、基本情報技術者の次のステップとしてオススメとなります。

詳細についてはこちらもご確認ください。

■Webクリエイター系にオススメの資格


・資格①:ウェブデザイン技能検定

Webデザインに関する知識や技能、実務能力を証明する国家検定の一つです。

フリーランスでWebデザイナーを目指す方や、Webデザイナーになりたての方にはオススメの資格と言えるでしょう。

詳しくはこちらの公式ページをご参照ください。

・資格②:Webクリエイター能力認定試験

HTMLやCSSなどのマークアップスキルを測定するための試験であり、世界標準に対応した試験となっています。

Webサイト制作を中心に事業を展開しているフリーランスであれば、取得していても損はないでしょう。

詳細はこちらをご確認ください。

・資格③:Webライティング技能検定

主にクラウドソーシングでのWebライター向けに、そのライティング技術の証明やスキル向上に利用できる資格となっています。

クラウドソーシングを中心にWebライターとして活動していくのであれば、一度取得を検討してみてください。

詳細については、こちらもご確認ください。

■マーケティング系にオススメの資格


・資格①:ウェブ解析士

Webサイトのアクセス解析の基本知識を有していることを証明できる資格です。

Webマーケティングのコンサルなどをする場合は、一度取得してみるのも一つと言えます。

詳細はこちらからご参照ください。

・資格②:Google広告認定資格

Googleに認められたオンライン広告のエキスパートであることを証明できる資格です。

ウェブ解析士と同じく、Webマーケティングを事業の軸に据えるのであれば、是非取得してみてください。

詳細について知りたい方はこちらをご確認ください。

・資格③:マーケティングビジネス実務検定

マーケティングビジネス実務検定は、マーケティングの戦略や戦術に関して、全般的な知識を有することを証明できる資格です。

A・B・C級と分かれており、A級として認められた場合、IMSSA認定マーケティング実務士の資格を与えられます。

詳細についてはこちらもご確認ください。

資格を取得する際のポイント

最後に資格を取得する際のポイントについて、お話しておきたいと思います。

資格を取得するにあたっては、本当にその資格がフリーランスとして事業を進めていくのに必要かを考えることが重要です。

先程も述べた通り、確かに資格はスキルの証明などに繋がるため、有益に働く場合の方が多いですが、取得には費用や時間が掛かります。

そのため費用や時間を割いてでも取るべきものなのかを、見極める必要があるのです。

まとめ

今回はフリーランスにオススメの資格をテーマにお話してきましたが、いかがでしたか。

本文でも触れた通り、資格はフリーランスにとって有益に働くことが多いですが、必ず取得しなければならないというものでもありません。

この記事を参考に、是非自分にとって資格が必要かどうかも含めて、検討していただければと思います。

今回はフリーランスにオススメの資格をテーマにお話してきましたが、いかがでしたか。

本文でも触れた通り、資格はフリーランスにとって有益に働くことが多いですが、必ず取得しなければならないというものでもありません。

この記事を参考に、是非自分にとって資格が必要かどうかも含めて、検討していただければと思います。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY