フリーランスエンジニアになれるのは何年目?会社員の経験は役に立つ?

フリーランス フリーランスライフスキルエンジニア

INDEX

エンジニアを目指している方、もしくは現役エンジニアの方の中には、今後フリーランスとして独立したいと考えている方が多いかもしれません。エンジニアはパソコン一台あれば仕事ができるので、フリーランスの働き方との相性が抜群です。
将来的にフリーランスとして自由に働くためにエンジニアという職業を選ぶ方も少なくはないでしょう。とはいえ、スキルがない状態からいきなりフリーランスエンジニアとして働くのは難しい面があります。不可能ではないのですが、難易度はやや高いです。
そのためまずは会社員エンジニアとして働くのが一般的です。では、何年くらい会社員エンジニアをやれば独立してフリーランスエンジニアとして仕事ができるスキルレベルになるのでしょうか?

目安は3年

早速結論ですが、会社員エンジニアとしての経験が3年程度あれば、フリーランスエンジニアとして問題なく仕事ができると考えられています。もちろんあくまでも一つの目安でしかないのですが、フリーランスエンジニアの募集でもエンジニア経験3年程度が求められるケースが多いです。
自分自身のスキルレベルとしても、3年程度経験を積むことが目安になるでしょう。開発現場で3年程度経験を積めば、プログラミングスキルだけでなく開発全体の流れが分かり、またIT業界のことやプロジェクトごとの必要スキルなどが分かってきます。
仮にフリーランスに転身した後に狙っている案件のスキル要件に満たないとしても、どのような勉強をすれば良いのか、今の自分にどのようなスキルを足せば案件を獲得できるのか、といったことが分かるようになります。
単一のスキルだけでなく、自分で判断できるようになるという意味でも3年程度会社員エンジニアを経験するのが得策と言えるでしょう。

1年目や2年目でフリーランスになるのはNG?

3年程度会社員エンジニアを経験してからフリーランスになると良いということでしたが、1年目、2年目でフリーランスとして独立するのはNGなのでしょうか?NGかどうかで言うと、NGではありません。
スキルは期間に比例するものではなく、自分で勉強することで時短が可能でしょう。たとえば1、2年目でも、3年目の人の平均値よりも明らかにスキルが高いような人もいるはずです。
また、そもそも会社員エンジニアを経験せずにいきなりフリーランスエンジニアになるケースも多々あります。つまりスキルという観点では、会社員エンジニアとしての経験が浅くても自力で身につけることが可能ということです。
ただし、フリーランスエンジニアの募集要項で経験年数が足りないために案件獲得ができないといったことは起こるでしょう。プロジェクト側としては経験年数がある程度長い人に依頼する方が安心だからです。
そのため、経験が浅くても獲得できる案件を探す必要があります。またスキルが不足している場合は、案件の獲得にも、案件を獲得して実際に仕事を行う上でも苦労する可能性があります。
会社員エンジニア1年目、2年目でフリーランスエンジニアになることは可能ですが、苦労する可能性が高いということです。とはいえ一度フリーランスとして案件を獲得して仕事をこなせれば次の案件獲得やスキルアップの流れができるので、軌道に乗っていくはずです。

会社員経験は長ければ長いほど良い?

ある程度会社員エンジニアとしてキャリアを積んだ方が、フリーランスエンジニアに転身した後の案件獲得や実際の業務がスムーズです。では、会社員エンジニアとしてのキャリアが長ければ長いほどフリーランスエンジニアになった後に活躍できるのでしょうか?
会社員エンジニアとしてのキャリア年数と、フリーランスエンジニアとしてのスキルは必ずしも比例しません。会社員エンジニアとして一定の経験を積めばプログラミングなどの技術の基礎が身につきますが、その後は技術を離れてマネジメント側の業務が増えていくことも多いです。
また会社員エンジニアは特定の分野に偏ることが多く、フリーランスエンジニアに多い案件とズレていることも多々あります。つまり、ある程度会社員エンジニアとして経験を積んだら、そこからはフリーランスエンジニアとして仕事をした方がフリーランスエンジニアに必要なスキルが身についていくということです。
ちなみに、マネジメント経験が豊富な方は、フリーランスのプロジェクトマネージャーなどの案件もあるので、ある程度は自身のスキルに合わせて案件を選ぶことは可能です。

会社員経験があまり役立たないこともある

会社員エンジニアとして数年経験を積めば、プログラミングや開発進行の基礎が身につくのでフリーランスエンジニアとして働くのに役立ちます。しかし、エンジニアなのにほとんど開発に携わらない、携わったとしてもかなり間接的で技術的なスキルには結びつかない、といったことも少なくありません。
意外にも大手メーカーなどに多いのですが、開発は他社に外注し、自社ではマネジメントに特化する、といったことがあります。その結果在籍していた企業で求められているマネジメントスキルは身についたが、フリーランスエンジニアに求められる開発技術はまったく身につかない、というケースがあります。
現状在籍している会社でフリーランスエンジニアに必要なスキルが身につかなさそうな場合、独学などでスキルを身につけ、フリーランスエンジニアに転身する準備をするのがおすすめです。
ある程度のスキルが身についたらフリーランスエンジニアに転身し、そこからは実務を通じてスキルアップを図ることで、獲得できる案件が増えていきます。

まとめ

フリーランスエンジニアになるには、会社員エンジニアを3年程度経験するのが得策です。もちろん一つの目安でしかないので、それより短くても長くても問題はありません。
しかし経験が短すぎると案件の獲得やその後実務をこなすのに苦労する可能性が高く、逆に会社員エンジニアの経験が長くなりすぎてもフリーランスエンジニアとして必要なスキルとは乖離する可能性が高いです。
絶対的な正解はないのであくまでも相場ですが、今後のキャリアで迷っている方はぜひ参考にしてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY