プログラマーのポートフォリオ作成で重要なポイントとは

エンジニア エンジニア

INDEX

プログラマーにとってポートフォリオは評価に直結する重要なものです。他の職業と比べて、特にプログラマーはポートフォリオが重要と言えるでしょう。ではそもそもポートフォリオとはどのようなものなのか、なぜプログラマーにとって重要なのか、どのようなポートフォリオを作成すれば良いのか、などについて解説していきます。

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、これまでの実績、スキル、経歴などをまとめた書類のことです。履歴書や職務経歴書と似ていますが、これらの書類よりもポートフォリオの方がより実践的なスキルアピールに特化したものです。

なぜプログラマーにとってポートフォリオは重要なのか

ポートフォリオはプログラマーだけのものではなく、他の職種でも使用されるものです。しかし、プログラマーなど制作を行う職種にとってポートフォリオはかなり重要度が高いです。評価に直結すると言っても過言ではないでしょう。

その理由は、ポートフォリオには自身の作品も含まれるからです。前職で作成したシステムや、プライベートで作成したシステムも含まれます。これらの成果物をポートフォリオとして提出することで、その人のスキルレベルがわかります。

口頭や文章でスキルや実績について語ることも可能ですが、それだと根拠がありません。しかしポートフォリオとして成果物を提出すればスキルの明確な根拠になるので、圧倒的な説得力につながるということです。

プログラマーの評価において、ポートフォリオが主軸で他のことはポートフォリオの補足事項になっている場合も多いでしょう。履歴書や職務経歴書、口頭での面接はポートフォリオの説明や、ポートフォリオのレベルからさらにどのようになっていきたいのかの説明ということです。評価の主軸になるので、ポートフォリオには力を入れるべきでしょう。

ポートフォリオの提出方法

ポートフォリオには、スキル、実績、経験、成果物などが含まれるということでした。では、これらをどのような媒体で用意し、どのように提出すれば良いのかという問題が出てきます。結論としては、複数の媒体で用意しておくのがおすすめです。

文章で作成するものは、紙媒体と電子媒体の両方で持っておくと良いでしょう。電子媒体は基本的に持っているはずですが、紙媒体での提出を求められる場合もあります。また成果物については電子媒体でのデータ、オンラインで公開している場合はURLなどを持っておくと良いです。

成果物をオンライン上に公開していない場合は、データをあらかじめ担当者に送っておく、USBなどに入れて持参する、共有スペースに置いておいて担当者がアクセスできるようにする、といった方法が考えられます。

共有方法にルールはありませんが、担当者によってやりやすい方法が異なります。そのため、複数の形で連携できるように用意しておくのがおすすめです。

ポートフォリオの作成で重要なこと

プログラマーにとってポートフォリオは重要ということでした。しかし、当然ポートフォリオを用意すればなんでも良いというわけではありません。ではどのようなポートフォリオを作成すれば良いのか、ポイントを解説していきます。

オリジナリティを重要視する


ポートフォリオはスキルや実績をアピールするためのものなので、スキルを網羅的に記載することや、作品を提示することが重要です。しかし、普通にアピールするだけでは不足している場合が多いでしょう。

なぜなら、他の応募者も同じようなポートフォリオを提出しているからです。そこで重要なのが、他の応募者との差別化です。差別化のためには、ポートフォリオにオリジナリティを出す必要があります。

成果物にオリジナリティがあればそれがベストですが、現実的に難しい場合も多いでしょう。成果物が一般的なシステムということです。その場合、文章などでカバーしていく必要があります。

どのようなことに力を入れたのか、そのシステムの強みは何か、経験を活かして今後どのような開発ができるのか、といったアピールを含めていきます。圧倒的に魅力のある成果物を持っていれば文章などでのアピールが弱くても十分かもしれませんが、そうでない場合は文章でカバーするということです。

アピールポイントは絞る


ポートフォリオには、スキルや実績を網羅的に含めるということでした。しかし、アピールポイントは絞る必要があります。今まで培ったスキルや実績を踏まえて、何をアピールしたいのかということです。

アピールポイントは、成果物のアピールポイントもあれば、自分自身のアピールポイントもあります。それぞれ1つや2つ程度に絞ってアピールすることで強力なアピールになります。

担当者がエンジニアでない可能性も考慮する


企業の面接担当者がエンジニアではない可能性もあります。その場合、ソースコードなどを提出してもわからない可能性が高いです。そのため、担当者がエンジニアの場合とそうでない場合を考慮し、複数のポートフォリオを用意する必要があります。

ソースコードを提出すること自体は問題ありませんが、ソースコードを読まなくてもシステムの内容がわかるように日本語の文章でシステムの説明をした書類を用意するといったことが重要です。

プログラマー未経験の場合のポートフォリオ

プログラマーとしての経験がない場合、ポートフォリオを作成するのは難しいでしょう。しかし、プログラマー未経験であってもポートフォリオ作成には力を入れる必要があります。たとえば仕事での成果物はまだなくても、自分で作って用意するなどです。

スキルや経験についても業界での経験はありませんが、自分で勉強してきたことはあるでしょう。そのため、可能な限りアピール材料は用意するということです。まだシステムを作った経験がない場合は、簡単なものでも自分で作ってみることをおすすめします。

簡単なシステムだとアピールにならないので無意味と思われるかもしれませんが、基礎スキルややる気のアピールにはなります。まだ実戦で通用しないレベルの成果物であっても、提出しないよりは提出した方が良いということです。

また自身のポートフォリには何が不足しているのか、今後より良くしていくためには何をすれば良いのか、といったアピールも重要になります。現時点のスキルが不足していてもそれを隠さずしっかり提示し、今後の成長性を伝えていくことが重要です。

プログラマーはポートフォリオに力を入れるべき

プログラマーにとってポートフォリオは重要ということでした。言い換えれば、ポートフォリオが充実しているプログラマーは転職や案件獲得に有利になるということです。普段から成果物やアピールのための文章などはまとめておいた方が良いでしょう。

そしてさらなるアピールをするためには、オンライン上にポートフォリオを公開するのがおすすめです。今は方法もいろいろあります。たとえば、自身でサイトを立ち上げる、SNSで発信する、エンジニア向けサイトに公開する、といったことが挙げられます。

プログラマーとしてスキルアップや実績を積み重ねることはもちろん重要ですが、それらをアピールすることにも力を入れることで、プログラマーとしてのキャリアアップがうまくいきやすくなるでしょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY