成果報酬型広告とアフィリエイトの違いとは

2019/07/12

成果報酬型広告とアフィリエイトの違いとは

言葉の意味としてはほとんど同じ

「最近は成果報酬型」を売りにしている広告代理店も増えてきました。自社でアフィリエイト広告を掲載する場合との違いを知りたい、という方もいらっしゃるでしょう。そこで今回はこの2つを比較していきます。

成果報酬型広告とアフィリエイト広告は、「成果に応じて報酬が支払われる」という意味では同じ言葉として扱われます。ですからこの記事では、

・企業がASPに登録してアフィリエイト広告を掲載する場合
・広告代理店に成果報酬型広告を代行してもらう場合

広告掲載方法で区別を行い、その特徴や違いをご紹介していきます。
また、最後に成果報酬型広告をインフルエンサーマーケティングに用いた場合も解説していますので、合わせてご覧ください。

企業がASPに登録してアフィリエイト広告を掲載する場合

まずは企業が自ら「ASP(アフィリエイト広告を管理しているサービス)」に登録して、アフィリエイト広告を掲載するパターンをご紹介します。

この場合まずASPに自社の広告が登録され、それをASP上で確認した「アフィリエイター(ASPに登録しているブロガーなど)」がブログなどメディアに掲載する、という形を取ります。アフィリエイターは他社製品の正直な批評など、自社では実施しにくい方法でユーザーに商品やサービスを売り込めます。上手くインターネット上で影響力のあるアフィリエイターを取り込めれば、それだけ自社の商品やサービスなどのコンバージョンにつながります。

ただし、自社でアフィリエイト広告を1から回すためには、それなりのノウハウが必要です。自社の商品やサービスにどういった強みがあり、こういった広告であれば収益につながるだろうと考えバナーも工夫したりと、広告運用で必要な各工程を自社で行わなければなりません。

もし競合他社に対してメリットが少ない広告だな、とアフィリエイターに思われた場合、いつまでも広告が掲載されない危険性もあります。ASPに登録されている広告を自分のメディアに掲載するかしないかは、アフィリエイターが決められるからです。

しかもASPに登録していると、月額で固定費を取られます。ですからASPに登録したっきり広告から収益が発生しない状態になると、広告費が毎月取られる無駄な状況ができあがってしまうわけです。

広告代理店に成果報酬型広告を代行してもらう場合

続いて、成果報酬型広告運用を広告代理店に任せる場合を見ていきましょう。

広告代理店の成果報酬型広告サービスは、「配信している広告経由でコンバージョンが発生した場合、成果としてクライアントに報酬を払う」という内容です。ですから、アフィリエイト広告に限らず、通常のリスティング広告やSNS広告など、成果が発生する広告媒体であれば全てサービスの対象となります。ASPの運用を、ASPの選定から広告掲載まで、すべて成果報酬型の広告代理店に任せることも可能です。

「自社に広告運用のノウハウがないとか、実施しているが結果が出ていない場合、広告代理店に広告運用を任せたいが、運用手数料だけを取られる状態にならないか・・・」と思案中の企業にこそ、成果報酬型広告はおすすめといえます。

広告代理店に広告に必要なLPやバナー作成まで任せてしまえば、自社で取り組むべき本来の仕事に時間を割けますし、LPやバナーまで広告運用のプロが制作してくれることで、当然ながらコンバージョンの確率も上がります。肝心の費用も、成果報酬型広告の場合、広告費(自社で金額を決められる)の他には発生しませんから、商品購入やサービス登録など、コンバージョンにつながった場合のみ費用が発生するわけです。

インフルエンサーマーケティングを起用する場合

最後に、成果報酬型広告とインフルエンサーマーケティングを起用した場合です。
その前に、インフルエンサーマーケティングの仕組み2パターンを解説致します。
①フォロワー数×単価形式で、事前に、企業がインフルエンサーへ費用を支払うパターン
②インフルエンサーが成約を得た数に応じて、事後に、企業が報酬を支払う成果報酬型のパターン

2つの仕組みで最も大きな違いは、報酬を支払うタイミングが成約の前か後かという事です。
前者では、フォロワーが多く、知名度の高いインフルエンサーへアプローチできますが、支払うコストが高い割に、ユーザーが紹介された商品を購入せず、効果が薄い可能性も考えられます。 

一方、成果報酬型のパターンであれば、下記のようなメリットがあります。
1.売れた数だけ、報酬を支払う形式であるため、企業側のリスクが低くなる
2.インフルエンサーが、販売前にユーザーへの発信を継続的に行う可能性が高くなる

上記のように、売れた数に対して支払う報酬が決まるため、フォロワーや認知度に関わらず、どのインフルエンサーを起用する場合でも、無駄な費用がかかる事はありません。扱っている商材が、SNSやインフルエンサーを起用した方がプロモーション効果が高いと見込める場合は、成果報酬型広告とインフルエンサーマーケティングを検討してみて下さい。

まとめ

今回はアフィリエイト広告を自社で1から運用する場合と、成果報酬型広告の運用を広告代理店に依頼する場合、インフルエンサーマーケティングに用いる場合、それぞれの特徴や違いを解説してきました。自社に全く広告に関するノウハウがない場合は、成果報酬型広告の運用を広告代理店に任せれば、コストを抑えながら効率的な広告運用ができます。またアフィリエイト広告も運用代行してもらえるので、近年市場として成長しており、魅力的なアフィリエイト広告も失敗せずに取り回しができます。気になる方は広告代理店に依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。