Google AdWordsの認定資格って必要なの?

2018/07/03

Google AdWordsの認定資格って必要なの?

Google AdWordsの認定資格をご存知ですか?

Google AdWordsを利用してWeb広告を運用している方は数多くいらっしゃいますが、AdWordsに認定資格があることをご存知の方や、すでに取得済みであるという方は、どれほどいらっしゃるでしょう。

運転免許証のようにそれがなければ運用できないわけではないので、長くAdWordsを活用しながら、実は認定資格は持っていないという方も少なからずいらっしゃいます。

それでは、AdWordsの認定資格は、特に取得する必要はないのでしょうか。

結論から申しますと、特に初級者にとっては、AdWordsを体系的に学ぶ上でガイドにも目標にもなりますので、できるだけ受験することをおすすめします。教材も試験も費用は一切かかりませんし、後述しますが資格を取ることで大きなメリットもありますので、今後ますます資格の必要性が増していくことが予想されます。

AdWords 認定資格とは

資格の概要


Google Partnersの公式サイトにこうあります。
Google AdWords 認定資格は、AdWords に関する基礎知識や応用力、実務能力に優れた個人を Google が公式に認定するものです。この認定資格を提示することで、Google に認められたオンライン広告のエキスパートであることを証明できます。
つまり、Google広告を運用するのに十分な知識と経験を有していることを、Googleからじきじきにお墨付きを与えられて、クライアントに提示できますよ、ということです。

理解度テスト


では、AdWordsの認定資格を取得するためには、何をすればいいのでしょう。
流れとしては、

1. Academy for Adsでアカウントを作成
2. 同サイトの学習ガイドを使ってAdWords運用に関する知識と理解を深め
3. それぞれの理解度テストを受験
4. 80%以上の正解率で合格

する必要があります。

資格を得るには2種類以上のテストに合格する必要があり、1つは「AdWords基礎」、もう1つを「AdWordsモバイル認定資格」「AdWords検索認定資格」「AdWords動画認定資格」「AdWordsディスプレイ認定資格」「AdWordsショッピング認定資格」の中から最低1つ選びます。必要なものだけ重点的に学習できるのはありがたいですね。「全部取れ」と上司から厳命されている方はこの限りではありませんが。

AdWordsの概要を理解するためにも、まずは「基礎」を学習してテストに合格し、そこから目当ての広告をピンポイントで学習して受験、というフローで資格取得を目指すことをおすすめします。

テスト対策と学習の進め方

テスト対策


理解度テストの最たる特徴は、たとえ不合格になっても24時間後に再挑戦できるという点です。もちろん2回目以降も無料です。1回目だろうと10回目だろうと、合格は合格、資格は資格ですので、早いうちに一度受験して、問題の傾向や時間配分等を把握しておくと良いでしょう。

注意点として、一問回答して次の質問ページに移る、という仕組み上、前の問題に戻ることができません。わからないものは後回しにしてわかるものから解いていく、という受験の鉄則が使えません。
そのため時間配分が非常に重要になります。90~120分と聞くと時間がたっぷりあるように感じますが、問題数も多く、集中力を持続させるのが大変で、1つの質問にこだわりすぎていると、最後の方で時間が足りなくなってしまいます。
また、すぐに解けるものから、じっくり考えなければならないものまで、質問によって難易度に大きな差があります。
対策としては、1問につき何分、ではなく、10分間で何問解く、というように、グループ単位で時間管理を行うことです。質問ごとの難易度の差に惑わされず、進行状況を冷静に把握・調整することができます。

学習の進め方


理想は、実際にある程度AdWordsを活用し、基本的な操作方法やインターネット広告の考え方を理解した上で受験することです。アカウント管理や細々した設定法など、知識をすべて丸暗記で賄うのはなかなか骨が折れます。しかしそうも言っていられない場合は、Academy for Adsで提供される、それぞれのテストに合わせた学習ガイドを参考に、地道に学習していく必要があります。

使った方はご存じだろうと思いますが、この学習ガイド、お世辞にも使いやすいとは言えません。もともとAdWordsヘルプの記載を、ざっくりした編集で「ガイド」としてつぎはぎしただけのものなので、リンクだらけで重複も多く、気が付くと自分がどこで何を学習しているのわからなくなります。
おすすめの方法は、とりあえずリンクは無視して正規のルートに沿って学習し(それでもかなりの分量ですが)、全体に目を通したら、自信がなくてもテストを受けることです。答え合わせはありませんが(同じ質問が次回テストで登場する可能性があるため)、理解が足りなかったところを次回までに補習しておくという方法です。
また、簡単なチャートを作って学習した項目をチェックできるようにしておくと、同じ道を2度通る無駄を省くことができます。

AdWordsやインターネット広告を体系的に学びたい場合は、参考書を使うのが良いと思います。サイトに比べて情報が整理されていて読みやいので、最初に本を読んで概要を把握し、それからAcademy for Adsに向かえば、リンク地獄で道に迷うリスクを減らせます。
ただし、書籍の場合どうしても情報が古くなるという難点があります。AdWords自体、常に最適化をめざしてアップデートが行われているため、1年前の情報でも使い物にならない可能性があります。

Google Partner バッジって?

「AdWords基礎」を含む2つ以上の理解度テストに合格すると認定資格を取得できます。それに加えて、過去90日間のクライアントアカウント全体での広告費用が1万米ドル(おおよそ100万円)を超え、さらに広告の掲載結果が要件を満たした場合、AdWordsの運用に精通したプロフェッショナルとして、Googleから公式にパートナーステータスを与えられ、ウェブサイトやマーケティング資料にGoogle Partner バッジを表示できるようになります。

終わりに・・・

今回は、Google AdWordsの認定資格を取り上げ、その概要とテスト対策、学習法について書いてきました。

認定資格の有効期限はわずか1年です。これを維持するには、毎年テストを受けて合格し続けなければなりません。先ほども触れましたが、AdWordsはさらなる最適化をめざして日々進化を遂げています。新機能の追加も頻繁に行われます。
単に資格を取るだけでなく、最新の仕様にキャッチアップすることを目的に学習していけば、顧客を満足させられる真のプロフェッショナルへの道も拓けてくるでしょう。

SackleのWEB戦略はこちら