Google広告に資格は必要か。認定資格取得のメリットや難易度。勉強のコツ。テスト対策。

マーケティング 広告

INDEX

「Google広告の資格を取ることで、実際どんなメリットがあるの?」

「Google広告の資格って、どうやって取ればいいの?」

「資格がないと運用できないの?」

日頃Google広告を運用している中で資格の存在を知ったものの、冒頭のような疑問を抱かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では冒頭の疑問を解決すべく、資格の概要や種類、メリット、取得方法から勉強方法に至るまでまとめて解説します。

Google広告を運用している方、これから運用を検討されている方は是非ご一読ください。

Google広告認定資格とは

■資格の概要


Google広告認定資格の公式ページに以下の記述があります。

“Google 広告の認定資格は、Google 広告に関しての基礎および上級レベルの知識を持った個人に Google が授与するプロフェッショナルの認定基準です

 中略

この認定資格を提示することで、Google に認められたオンライン広告のエキスパートであることを証明できます

つまりGoogle広告を運用する上で最低限必要な知識を持っていることを、Googleからお墨付きを得られる制度で、当然クライアントに対してそれを提示することも可能です。

■資格の種類


Google広告認定資格には以下の6種類あります。

①Google広告の検索広告認定資格

Google検索広告の作成と、その最適化についての専門知識があることを明示する資格

②Google広告のディスプレイ広告認定資格

Googleディスプレイ広告を活用して、投資対効果を最大化する知識があることを明示する資格

③Google広告の動画広告認定資格

YOUTUBEとGoogleの動画広告で成果を得ることができる能力を示す資格

④ショッピング広告認定資格

ショッピング広告の使用、その最適化についての知識があることを明示する資格

⑤Google広告「アプリ広告」認定資格

Googleのアプリ広告を作成し、活用することについて専門知識があることを示す資格

⑥Google広告測定認定資格

Googleの測定ツールを活用して、広告の効果測定や最適化できる知識を明示する資格

Google広告認定資格を取得することのメリット

続いて、Google広告認定資格を取得することで得られるメリットについてご紹介します。

■メリット①:専門知識があることを明示できる


まず一つ目のメリットは専門知識があることを明示できるという点です。

既存顧客は勿論のこと、見込み顧客に対して認定資格証明書を提示することで、Google広告認定のスペシャリストであることを示し、クライアントの信頼を獲得できます。

■メリット②:所属会社がGoogle Partnerになれるようにサポートできる


また自分が所属している会社がGoogle PartnersプログラムのパートナーやPremier Partnerになれるようにサポートできるという点も見逃せません。

Google Partnerについては、「Google Partner バッジとの違いは?」のところで、改めて解説します。

■メリット③:Google広告に関する最新情報を確認できる


Google広告認定資格を取得すれば、その時点でのGoogle広告に関する最新情報を確認できるという利点もあります。

Googleの提供する広告ソリューションは都度アップデートされ、それに伴い資格試験の内容も更新されていくので、最新動向を把握する意味合いでも認定資格取得は有効でしょう。

Google広告認定資格の取得方法

ここからはGoogle広告認定資格の取得方法について、5つのステップに分けてご紹介します。

■ステップ①:Googleアカウントの取得


Google広告認定資格の取得は勿論、Google広告の運用をするためにはGoogleアカウントが必要です。

Gmailをすでに活用している方は既にアカウントを保有している状態ですが、まだ持っていない方は以下のページから作成できますので、確認してみてください。

アカウント作成ページURL:https://www.google.com/account/about/?hl=ja

■ステップ②:Google広告トップページからスキルショップを選択


次にGoogleアカウントにログインした状態で、Google広告のトップページにアクセスし、フッターメニューから「スキルショップ」を選択してください。


図.Google広告トップページのフッターメニュー

■ステップ③:Google広告の認定資格を選択


スキルショップのページが表示されたら、「Googleの認定資格」を選択しましょう。

※スキルショップページが表示される際、英語で表示されることがあるので、その時はページ上部に表示される「トピックセクションを表示」をクリックすれば、日本語で表示されます。


図.スキルショップの表示画面

■ステップ④:取得したい認定資格を選択


Google広告の認定資格の画面内には、先ほどご紹介した認定資格6種類が表示されています。

その中から自分の取得したい認定資格を選択してください。


図.Google広告の認定資格ページ

■ステップ⑤:理解度テストを受ける


最後に各認定資格ページ内にある理解度テストを受講する必要があります。

理解度テストの所要時間は75分です。

75分以内に50問前後の問題に回答し、正解率が80%以上であれば、資格が取得できます。


図.理解度テスト

Google広告認定資格の勉強方法

次にGoogle広告認定資格を取得するための勉強方法などについて見ていきましょう。

勉強の進め方


Google広告認定資格取得に向けた勉強の進め方は、以下の流れを踏むとスムーズです。

①各認定資格ページ内にある学習コンテンツを利用

②理解度チェックを実施

③理解がまだ十分でない箇所を、再度学習コンテンツで復習

④理解度テストを受験



図.Google広告認定資格の勉強方法

既にある程度Google広告を活用し、基本的な知識を持っているのであれば、はじめに理解度チェックを実施し、苦手箇所のみを学習コンテンツで補うといった勉強方法もあります。

また学習コンテンツだけでは不安な人や、Google広告について体系的に学びたい人は、関連書籍を読むのもいいでしょう。

学習コンテンツよりも情報が整理されていて読みやすいので、最初に関連書籍を読んで概要を把握し、それから学習コンテンツに向かうとより一層理解が深まります。

ただし書籍の場合、どうしても情報が古くなるという難点があります。

Google広告は、最適化を目指して都度アップデートが行われ、1年前の情報でも使い物にならない可能性があるので注意しましょう。

■理解度テストを受ける上で押さえておきたいポイント


続いてGoogle広告認定資格の理解度テストを受ける上で、押さえておくべきポイントについても確認しておきます。

これらのポイントを押さえた上で、しっかりとテスト対策をしていきましょう。

・ポイント①:何度でも挑戦できる

理解度テストの一番の特徴は、たとえ不合格になっても24時間後に再挑戦できるという点です。

もちろん2回目以降も無料です。

1回目だろうと10回目だろうと、合格は合格、資格は資格ですので、早めに一度受験して、問題の傾向や時間配分等を把握しておくのも一つでしょう。

・ポイント②:前の問題に戻ることはできない

注意点として、一問回答して次の質問ページに移るという仕組みであるため、前の問題に戻ることができません。

わからない問題は後からという受験の鉄則は使えないので、時間配分がとても重要になります。

75分と聞くとたっぷりあるように感じますが、問題数も多いため、1つの質問にこだわりすぎていると、最後の方で時間や集中力が足りなくなるということも起こり得るのです。

またすぐに解けるものからじっくり考える必要があるものまで、質問によって難易度に差があります。

対策としては1問につき何分ではなく、10分間で7問など、グループ単位での時間管理をおすすめします。

質問ごとの難易度の差に惑わされず、進行状況を把握・調整できます。

Google Partnerバッジとの違いは?

最後にGoogle広告認定資格とGoogle Partnerバッジとの違いについてお話していきます。

■Google Partnerバッジとは


Google Partnerバッジとは、Googleが広告代理店に対して「正規の代理店:Google Partner」だと証明するものです。

個人の知識やスキルを証明するためのGoogle広告認定資格とは、そもそも証明する主体が異なるというわけですね。

■認定資格はGoogle Partnerになるための必要条件


とはいえGoogle広告認定試験とGoogle Partnerが、全くの無関係というわけではありません。

以下にGoogle広告ヘルプに掲載されている要件を引用しますので見てみましょう。



画像引用:Google広告ヘルプ 「PartnerやPremier Partnerになる方法」から

赤枠で囲っている箇所を見ると、Google Partnerとなるためには、Google広告認定資格保有者がいることが前提となっています。

 

そのため先のメリットで述べたように、Google広告認定資格を持っていれば、自分の所属する会社がGoogle Partnerになるためのサポートをすることができるというわけですね。

まとめとして

今回はGoogle広告の認定資格を取り上げ、その概要やメリット、勉強方法などについてお話してきました。

認定資格の有効期限はわずか1年です。

これを維持するには、毎年テストを受けて合格し続けなければなりません。

先ほども触れましたが、Google広告はさらなる最適化をめざして日々進化を遂げています。新機能の追加も頻繁に行われます。

単に資格を取るだけでなく、最新情報のキャッチアップを目的に学習していけば、顧客の満足を得られる真のプロフェッショナルへの道が拓けるのではないでしょうか。

また資格の学習と並行して、実際に運用される方も多いと思いますので、下記の記事も参照してみて下さい。

 
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

成果報酬型の広告運用 手数料0円で集客を最大化

今日から始めるWeb広告。成果が出るまで費用はいただきません。

設計から運用、LP制作まで、web広告のプロが貴社の集客・売り上げを伸ばします。
成果報酬型だから低予算でもすぐに始められる。
成果を共有し、同じ目標を目指します。
アフィリエイトのご依頼・ご相談も承っております。

サックルの広告運用

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY