コンテンツライティングに効く3つのコツ

2019/08/11

コンテンツライティングに効く3つのコツ

コンテンツライティングとは?

コンテンツライティングとは、Webライティングの方法の一つです。Webライティングでは、主に検索ユーザーが求めている情報に沿って記事を書くことが基本となります。

しかし、ネット上にはすでに膨大な数の記事が存在し、検索上位のコンテンツのなかには、同質化した内容のものも少なくありません。

ネット上の記事は、複数の検索上位サイトから情報を抽出し、それを集めて簡単にリライトするだけで量産が可能です。いわゆるキュレーション型記事と呼ばれるものです。こうした記事は、SEOに優れた文章の集合体でもあるため、確かに検索結果上位を獲得することもあります。

一方で、たとえSEOによって多くのユーザーの流入が見込めたとしても、コンバージョン(売上や成果)には至りづらいでしょう。中身は単なるまとめサイトなので、ユーザーの固定化が望めず、記事を見た読者はすぐに離反してしまうのです。

そこで、Webライティングの中でも、コンテンツに重きをおいた書き方が重要視されつつあります。誰でも書けるような内容ではなく、独自性があり、読者が読んでみたいと思えるような記事を書く、これがコンテンツライティングの特徴といえるでしょう。

コンテンツライティングを実施することで、SEOによって集客したユーザーを固定化(ファン化)させることができます。自社サイトにユーザーの興味を惹きつけることができれば、コンバージョンの改善にも期待が持てます。

コンテンツライティングでもっとも重要な3つのコツ

一般的なWebライティングであれば、検索キーワードから情報を集め、ネット記事などを参考に構成を考えていくことが多いでしょう。しかし、コンテンツキーワードの場合は、ほかにはない独自色の強い内容を書く必要があるため、一般的なWebライティングとはポイントが異なってきます。

ここでは、コンテンツライティングでもっとも重視すべき3つのコツをお伝えしていきます。

コツ(1):ペルソナの設定


ペルソナとは、想定した読者層をより詳しく、具体的にイメージした姿のことです。ターゲットを決めるときは、年齢層や性別、趣味といった情報を大まかに決めていきます。

一方のペルソナでは、たった一人の読者像を想起することが基本です。まずは氏名を決めることから始め、性別、住所、職業、年齢から、キーワードを検索するにいたった意図まで詳細を設定します。

読者の姿がより具体的になることで、ユーザーの共感を呼び、記事を読んだ後の共感や問題解決につながりやすくなるのです。

コツ(2):運営者から読者の視点への切り替え


コンテンツライティングでは、何よりも読者の視点にたった伝え方が重要となります。記事を書くときは、商品やサービスを紹介したり、事例や企業情報といった内容を書くこともあるはずです。そんなとき、運営者の目線だけで文章を書いていても、なかなか読者には響きません。

たとえば、「このエアコンは業界初のマイナスイオンを搭載しています」という紹介文を書いたとしましょう。これは完全に作り手の目線、運営者の立場から書いたものです。紹介文なので商品の特徴を伝えるのは当然ですが、読者からすると、「だから何?」で終わってしまいます。

そこで、「マイナスイオンが搭載されていることにより、お部屋の空気がキレイに、さらに気になるニオイの除去にも最適です」というように、利用者目線の文章に直してみることが大切です。

コツ(3):校正・校閲でコンテンツの質を高める


ライティングを行った後は、必ず校正や校閲を行いましょう。校正とは、誤字や脱字、表記ゆれを直すチェックのことで、校閲は文章全体の整合性を訂正するときに使います。

記事を書くときは、読者に伝えたいことを1つに絞り、その具体的な内容を明確に文章化しなければなりません。しかし、文章を書いていると、ときに論点がぶれてしまったり、伝わりにくい表現を使ってしまっていることも多いです。

ライティングが完了した後は、何度も記事を読み返し、必要な個所を修正することが大切です。校正や校閲に時間をかけるほど、情報の分かりやすさや読みやすさが向上し、コンテンツの質を底上げすることができます。

まとめとして

現在の検索エンジンは、あまりにも膨大な量の情報があふれています。誰でも気軽に記事を書けるようになったことから、Webサイトやメディアを使った収益化がますます難しくなりつつあります。

このような現状のなか、しっかりと利益を確保するためには、他社に追従するだけでは生き残りは難しいといえるでしょう。ユーザーに提供するコンテンツに独自性を加え、より価値の高い情報を考えていかなければなりません。

今回は、コンテンツライティングのコツを3つに分けて紹介してきました。今後はさらにWeb上の記事が増え競争が激化するはずなので、ぜひ今のうちから他社と差別化できるコンテンツの作り方を覚えていきましょう。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。

成果報酬型の広告運用 | サックル
想いを育むブランディング | サックル
設計・開発力に自信あり | サックル