集客力のあるWebサイト構成 -良質コンテンツとは-

2017/11/28

集客力のあるWebサイト構成 -良質コンテンツとは-

集客力のあるWebサイト構成 -良質コンテンツとは-

今のSEO対策はコンテンツと言って過言ではなく、それは、googleは「良質な有益なコンテンツ」を評価するからです。では、「キーワードを含めながら、良質なコンテンツ」を継続的に制作していくためにはどうしたらいいのでしょう?
他者とは違うオリジナルコンテンツであり、お客様にとって役立つコンテンツを作るポイントを説明します。

Googleが考える「良質なコンテンツ」とは

Googleは検索順位を決定する際200以上あるアルゴリズムにおいて、ここ数年はコンテンツを重視する傾向が強いです。実際に「Google検索品質評価ガイドライン」でもコンテンツの重要性が記載されています。

・「Google検索品質評価ガイドライン(2017年7月版)アップデイトあり
http://static.googleusercontent.com/media/www.google.com/ja//insidesearch/howsearchworks/assets/searchqualityevaluatorguidelines.pdf


Googleは、Webサイトの評価をロボットによる巡回チェックだけではなく、「人の目視による評価」も行なっていると言われています。「人の目によるチェック」を行う際のポイントが「Google検索品質評価ガイドライン」です。
また、Googleの「ウェブマスター向けガイドライン」でも、コンテンツの重要性を謳っています。

「良質なコンテンツ」を作成のための2つのポイント

Googleが考える「良質なコンテンツ」とは、下記の2つです。

●オリジナルコンテンツか?
Googleのいう「良質」とは、「そのWebサイトにしか書けないオリジナルコンテンツ」であると解釈できます。仮にユーザーがあるキーワードで検索したときに、1位のWebサイトに書いてある内容と、2 位、3位が同じだったらどうでしょう?
ユーザーは、悩みや課題の解決方法や、比較検討などを行いたく、検索していくつかのWebサイトを見て回ります。その際に必要となるのは、「そのWebサイトならではの強みや差別化などオリジナリティーがわかるコンテンツです」

特にやってはいけないのは、コピー&ペーストでできたコンテンツです。
Googleは2012年以降、「パンダアップデート」によりアルゴリズムの改善施策を行い、低品質のコンテンツを排除していくような動きを取ってます。


●お客様に役立つコンテンツなのか?
お客様に「有益」な情報つまりは、「お客様に役に立つかどうか」ということです。
Googleは自らの検索エンジンが世界一の検索エンジンであり続けるために、検索ユーザー(お客様)を大切に考えています。検索ユーザーが欲しがっている情報を的確に表示ができれば、お客様から「役に立った」という評価を得ることができます。つまりは、世界中のユーザー(お客様)から高評価が必要ということになります。

「良質なコンテンツ」の具体例とは

「オリジナルコンテンツ」かつ「お客様に役に立つコンテンツ」を作っていくためには「事例」「取材・インタビュー」「よくある質問」「お客様の声」を中心に充実を図っていきましょう。

【事例】
商品やサービスの説明だけではなく、具体的な例を入れながら掲載していきましょう。例えば、クラウド会計ソフトを販売している会社の場合、ソフトの機能説明だけではなく、実際に利用している企業の例をコンテンツとして掲載していきます。
会計ソフトの導入前と導入後でどのように変わったのか?ソフトを導入することでどんなメリット・デメリットがあったのか?その企業ならではの体験なので、オリジナルコンテンツになります。
ソフトの導入を検討している企業にとっても「役に立つ」コンテンツとなります。
制作事例・施工事例・成功事例・失敗事例・導入事例など、どんな事例が作れるのか検討しましょう。

【取材・インタビュー】
実際に現地・現場に出向いて、見たり聞いたり体験した記事を書きましょう。
特定の人にインタビューができれば、その人の「生の声」をコンテンツにすることができます。
イベントやお客様先、また社内の別部署などに足を運び、その現場ならではのオリジナルコンテンツが作れないか検討しましょう。
お客様インタビュー、社長インタビュー、スタッフインタビューは取り組みやすいです。

【よくある質問】
よくある質問、FAQは「頻繁に聞かれる質問」とそれに対する回答をまとめたコンテンツです。
商品の使い方をWebサイトに掲載した時に「使い方についてよく聞かれる質問」を一問一答形式でFAQとしてまとめておきます。「よくある質問」のページを作ることによってキーワードを含むコンテンツページが増えていきます。

【お客様の声・体験談】
お客様から頂いた声や質問は、積極的にWebサイトに掲載していきましょう。特定の人が発した「オリジナル」言葉が他社との差別化を生みます。お客様の声は、その商品を検討中の別のお客様にとって役に立つ情報となります。「役に立つコンテンツ」として認知されるように、できるだけ多くの声を見やすく整理して掲載しましょう。

コンテンツ企画の際のチェックポイント


コンテンツを企画する際は「Webサイトにどんな人が来て欲しいのか?」を深掘りし、その人が「喜ぶ」「役立つ」コンテンツを考えるようにしましょう。
企業側が伝えたいことをコンテンツにするのではなく、「ユーザーが求めているものは何なのか?」という視点で考えることが大切です。

最後に・・・


googleが評価するのはコンテンツの質です。10年前のSEO対策は過去です。
これからは、いかに良質で有益なコンテンツを掲載できるのかがSEO対策として取り組む施策です。
そして、作ったコンテンツは企業の財産として残ることも大きなメリットでもあります。
コンテンツSEO対策は、時間がかかり即効性はないかもしれませんが、最終的にはこれが一番強いSEO対策となります。

【下記の項目を自問自答しましょう!】
・そのコンテンツは、他にないオリジナルですか?
・そのコンテンツは、お客様の役に立ちますか?

SackleのWEB戦略はこちら