コンテンツマーケティングをわかりやすく解説

2019/08/06

コンテンツマーケティングをわかりやすく解説

コンテンツマーケティングとは?ユーザーの興味・関心を惹きつける

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに様々な情報コンテンツを提供し、興味や関心を持ってもらうことで最終的に販売したい商品やサービスを購入してもらう施策です。

たとえば、自社で開発した株式投資用のトレードツールを販売したいとしましょう。しかし、単に商品を発売しただけで買ってくれる人はそういません。そもそも株式投資に興味のない方もいれば、そのツールを必要とする理由がわからない方もいるからです。

そこで、自社のホームページで株式投資のコラムを発信したり、株式投資の魅力が伝わるセミナーや資料を提供することで、ユーザーに興味を持ってもらうことができます。こうしたコラムやセミナーを「コンテンツ」と呼び、それを利用して商品販売や売上拡大を目指すことを「コンテンツマーケティング」というのです。

コンテンツの種類はほかにも、ブログや動画、メルマガ、チラシ、カタログなど様々ありますが、後ほど紹介するコンテンツマーケティングの事例を見ると分かりやすいかと思います。

コンテンツマーケティングとSEOとの違い


コンテンツマーケティングとSEOは、売上を拡大する施策としてよく混同されがちです。しかし、両者はまったく別の目的で利用されるため、その違いについて理解しておきましょう。

SEOは「検索エンジン最適化」のことを指し、GoogleやYahoo!における検索結果上位を獲得するために様々な施策を行うことです。検索結果が高まると自社コンテンツがクリックされる確率も高まるため、主に集客用の手段として活用されます。

一方、コンテンツマーケティングとは、SEO(やWeb広告など)で集客したユーザーに様々なコンテンツを提供し、最終的に自社商品やサービスを購入してもらう手段のことです。

コンテンツマーケティングに必須のカスタマージャーニーマップ

コンテンツマーケティングを成功に導くためには、カスタマージャーニーマップが欠かせません。カスタマージャーニーマップとは、顧客の欲求から購買までの各プロセスを具体的に図式化したものです。

ユーザーが商品を購入するまでの間には、次のような3つのフェーズが存在します。

(1)潜在顧客:商品やサービスを認知していないユーザー
(2)見込み顧客:興味や関心はあるものの決定的な意思決定には至らないユーザー
(3)顕在顧客:関心もニーズもあり購入意欲がもっとも高いユーザー

カスタマージャーニーマップでは、各フェーズに存在する顧客に対し、どのようなコンテンツを提供するかを可視化します。たとえば、潜在顧客にはホームページの無料診断やお役立ちブログ、見込み顧客には無料コンサルティングやセミナーといったコンテンツが有効です。

コンテンツマーケティング|2つの事例

コンテンツマーケティングをより深く理解するために、ここでは2つの成功事例を紹介していきます。

freee株式会社(経営ハッカー)


freee株式会社は、国内ナンバーワンのシェアを誇るクラウド会計ソフト「freee」を提供しています。法人顧客をたくさん抱えるfreeeですが、企業向けの情報を伝える「経営ハッカー」で大成功をおさめました。あえて経営という専門領域に進出することで、月間100万PVという実績を獲得し、そこから会計ソフトの売上にもつなげています。

【経営ハッカー 公式サイト】

プロアクティブ(ニキペディア)


ニキビケア製品を販売するプロアクティブは、ニキペディアというWebメディアを活用したコンテンツマーケティングを行っています。

ニキペディアでは、ニキビの種類や予防、雑学などの専門的な知識を数多く掲載し、読者の悩みを解決する記事コンテンツを提供しています。また、適度に自社製品の紹介ページも掲載されているため、興味や関心を持ったユーザーが購買にいたるケースがほとんどです。

【ニキペディア 公式サイト】

コンテンツマーケティングは早く始めるほど有利

コンテンツマーケティングを活用することで、自社商品にまったく関心がなかったユーザーに興味を持たせることができ、コンバージョン獲得へとつながります。また、コンテンツの数が増えると新しい潜在顧客にアプローチできるなど、コンテンツマーケティングは時間をかけるほど効果が高まっていくことが特徴です。

今回は、ブログやコラムを中心にコンテンツマーケティングを実施している事例を紹介しましたが、ほかにも動画やメルマガなどを組み合わせて、独自の戦略を組み上げてみてください。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。

成果報酬型の広告運用 | サックル
想いを育むブランディング | サックル
設計・開発力に自信あり | サックル