【2024年最新版】YouTube動画のSEO対策に必須なテクニック7選

マーケティング SEO

INDEX

SEOと聞くと、Google検索の上位表示を目指す施策というイメージがあるでしょう。

しかし実は、YouTubeの運営元も同じGoogleであり、そこにも当然、SEOの概念は存在します。You Tubeに動画をアップロードする際、適切なSEO対策を施すことによって、ユーザーが検索を行った際に上位表示される可能性が高まり、アクセスを増やすきっかけになります。

この記事では、YouTubeのSEOがどのようなもので、具体的にどのような対策方法があるか、またSEOを実施する際の注意点などについて解説します。

YouTube SEOとは 通常のSEOと何が違う?

YouTube SEOとは、ユーザーがYouTubeで検索を行った際に、自分の動画を上位に表示させることを目指す施策を指します。

YouTubeの検索精度は年々向上しており、適切な対策によって上位表示されることで、視聴数の増加が期待できます。

YouTube SEOの対策は通常のSEOと共通の考え方が多く、基本的には「ユーザーの検索意図を満たす」ことが肝要です。

以下では、YouTube検索で自分の動画を上位に表示させるための具体的なテクニックを紹介していきます。

YouTube SEOで効果のある7つの方法

キーワードの選定


すべてのSEOに共通することですが、SEOの基本は適切なキーワードの選定から始まります。調査ツールなどを活用して視聴者がよく検索するキーワードを把握し、それに合致するキーワードを動画のタイトルや説明、タグに組み込むことで、検索結果に表示される可能性が高まります。

動画タイトル


タイトルの重要性


YouTube SEOにおいて最も重要な要素は、動画タイトルです。通常のGoogle検索のSEOでも記事タイトルが非常に重要になります。特に動画は、テキストコンテンツと異なり上位表示のための情報が少ないため、動画タイトルの重要性はより高いと言えます。チャンネル登録者数が少なく再生数が限られている場合は、「クリックされやすいタイトル」と「SEO対応のタイトル」のバランスを考える必要があります。

タイトルの作り方


Google検索と同様に、動画タイトル内には必ず1回は対策キーワードを含めるようにしてください。タイトルの長さは50文字を超えても問題ありませんが、序盤で重要なキーワードや興味を引く要素を盛り込むことが重要です。

概要欄と説明欄


You Tubeチャンネルの概要欄は、そのチャンネルが何に焦点を当てているのかを明確に伝える役割があります。同様に、各動画の説明欄はその動画内容や趣旨を視聴者に伝える重要な場です。同時にYou Tube SEOの観点から見ても対策可能な要素です。

概要欄や説明欄も、対策キーワードや共起語を工夫して盛り込みながら、200~300字程度で要領よくまとめると良いでしょう。

アップロードするファイル名について


ファイルをアップロードする際のファイル名も、Googleにとっては重要な判別要素の一部です。Googleはテキストからしか情報を取得できません。そのため、「7475.mpg」のような芋の分からない動画名ではなく、ファイル名には動画の内容が理解できるような表現を心がけてください。例えば「犬の散歩中にしつけをしている動画」をアップロードする場合、ファイル名は「犬の散歩の際に必要なしつけ.mpg」のように具体的で分かりやすいものにすると良いです。

投稿頻度


Google検索では更新頻度が高いほどSEO的に有利になるのと同じく、YouTube SEOにおいても投稿頻度は重要な要素です。定期的に動画をアップロードすることで加点されますが、無理に毎日アップするような急いだ動画制作は避けるべきです。質の低い動画を大量に公開すると、チャンネル全体の評価が低下する可能性があります。毎日アップするよりも、更新頻度を少し減らして(例えば週に一度など)、クオリティの高い動画を制作・公開する方が効果的です。

質の低い動画を量産してしまうと、チャンネル自体の評価が下がってしまいます。
適当に毎日アップするくらいならば、多少更新頻度を落として(例えば「週に一度」など)、練り込んだ動画をアップするという方が効果的です。

再生リストの活用


アップロードした動画をテーマごとにまとめる「再生リスト」機能があります。この機能を使うことで、同じジャンルの動画同士を結びつけ、そのジャンルでの検索時に上位に表示されやすくなります。

例えば、SEOに関するチャンネルを運営している場合、以下のような再生リストを作成します。

■被リンク
■中古ドメイン
■内部リンク
■検索意図
■キーワード選定
■SEO対策ツール

動画ををアップロードする際には関連する再生リストにチェックを入れてからアップロードすればOKです。これにより、同じジャンルの動画同士のつながりを強化し、検索結果での表示が向上します。

ハッシュタグの設定


YouTube SEOの一環として、ハッシュタグの設定も重要です。ハッシュタグは、チャンネルダッシュボードの「設定」から入力でき、動画をアップロードする際には自動的に設定されます。ただし、ハッシュタグはいくつでも設定可能ですが、最初の3つがタイトルの上部に表示されるため、これらに注意して選ぶことが重要です。4つ目以降のハッシュタグは動画説明欄の下部に表示されます。

その他のYouTube SEO対策

以下では、特に狙って実行するのが難しいものでも、心がけておくことでSEO対策に寄与する要素について紹介します。

視聴者維持率


視聴者維持率は動画の評価基準として非常に重要です。長時間の視聴が良い動画と判断され、検索結果で上位表示されやすくなり、ブラウジングや関連動画にも有利になります。視聴者維持率は動画の長さによって異なり、目安は以下の通りです。
■10分前後の動画 : 40%
■5~8分の動画 : 45%
■5分未満の動画 : 50%以上

動画の長さ


基本的に動画が長いほど評価されやすいです。8分を超えると表示可能な広告が増え、YouTube側の広告収益も増加します。ただし、内容の薄い長い動画は逆効果なので、濃くて適切な長さの動画を心がけましょう。

エンゲージメント


エンゲージメントは視聴者のアクションを指し、高評価・低評価、コメント、チャンネル登録、視聴時間などが該当します。エンゲージメントを高めるのは難しいですが、視聴者がアクションを起こしたくなるような動画を作ることが重要です。

YouTube SEOの効果と成長について

上記が、YouTube SEOにおいて効果的なテクニックです。ただし、現在のYouTubeではSEOを考慮するのは主に「新規または小規模なチャンネル」に該当します。チャンネルが拡大し、登録者が数千人、動画再生回数がコンスタントに数千回以上に達した場合は、動画SEOに焦点を当てる必要がほとんどありません。

チャンネルが一定の規模まで成長すると、SEOを意識するよりも、注意を払ってタイトルやサムネイルを魅力的に作ることがより効果的です。YouTubeのアクセスの大部分は「ブラウジング」や「関連動画」から来るため、一定以上の登録者や再生回数を達成した場合、SEOに特に気を配る必要がありません。

ただし、チャンネルを始めたばかりの段階では、YouTube SEOが重要な集客手段となります。初期段階では積極的にSEOを考慮し、適切に意識して取り組むことが重要です。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY