Google広告 キーワードの選び方「顧客のニーズに寄り添う」

2018/06/18

Google広告 キーワードの選び方「顧客のニーズに寄り添う」

Google広告の設計はキーワード選びから始まる

Google広告のキーワード選びで大切なのは、自社サービスの見込み客がどのような想いで検索画面に向かっているか、その姿に思いを馳せ、その心理を正しく見極めることです。

見込み客のイメージは、自社サービスを見つめ直すことで生まれます。どこにいるどういう人の悩みや問題を解決できるのか。その姿が見えてくるまで考えてみましょう。

答えを求める人がいて、それを提供できる人がいる。検索エンジンを介して両者を結び付ける、その手がかりとなるのがGoogle広告の「キーワード」です。したがってキーワードの設定が、Google広告を設計する最初のステップとなります。

キーワード設定の手順

3Cを意識する


キーワードを決める際のフレームワークとして使われるのが「3C」です。

1.Customer     顧客のニーズ
2.Competitor     競合他社
3.Company        自社の強み

先ほどのイメージに「競合他社」の概念を加えたものになります。

競合他社を解りやすく言うと、自社と顧客の間に割って入ってくる恋敵です。自社と顧客のことまでは楽しく考えるが、恋敵の想定は気が重くなりがちなためおろそかにされがちです。

キーワードの選定に際しては、常にこの3Cを意識するようにしましょう。

キーワードの洗い出しと分類


3Cをイメージできたら、自社サービスの見込み客が検索窓に入れそうな言葉を片っ端から書き出していきます。思いがけない発見がある場合もありますので、この段階では質にはこだわらず、数を出すことを心がけます。

ある程度キーワードを書き出したら、それをテーマごとに分類します。たとえば弊社は「パソコンお助け隊」というパソコン修理店を仙台市で展開しておりますが、これについて広告を出す場合、書き出したキーワードの分類には視点が考えられます。

 



 

 

 

 

 

テーマの作り方はサービスの内容や広告の目的によって異なりますので、ご自身で工夫してみてください。軸となるメインワードと、それに掛け合わせる言葉でまとめておくと、その後の組み合わせがスムーズに行えると思います。

分類することで頭が整理され、考えがまとまりやすくなります。これだというキーワードをさらに思いつくこともありますし、運用後の管理も非常に楽になります。

キーワードの取捨選択


認知度の向上やデータ収集が目的の場合をのぞき、Google広告の運用においては効率が優先されることが多く、キーワードの絞り込みが必要になります。

書き出したキーワードの中から、自社サービスと関連の低いもの、自社の強みに結び付けにくいものを削っていきます。逆に、購買意欲の高いユーザーが使用しそうなワードは残すようにしましょう。

キーワードの組み合わせ


ある程度絞れてきたら、広告の目的を改めて確認したうえで、キーワードの選考と組み合わせに入ります。

例えば、予算が十分にあり、コンバージョンの獲得が最優先であるなら、小細工は捨て、堂々とビッグワードに狙いを定めて、分散させないのが得策です。すぐに結果を出したい場合は、キーワードを多めに登録してまずデータを集め、効果の出るキーワードに狙いを定めて予算をつぎ込みます。一方、予算に限りがあり、効率的な運用を心掛けたい場合は、強敵は避け、キーワードの組み合わせを工夫して戦う相手を選ぶようにします。

キーワードのボリューム・競合調査についてはGoogle広告の「キーワードプランナー」、掛け合わせのアドバイスがほしければ「goodkeyword」、それに、書き出したキーワードを自動的に組み合わせてくれる「karabiner」を活用できれば十分です。

除外キーワードについて

通常のキーワードが、その語句を使って検索したユーザーに広告を表示する機能であるのとは反対に、「除外キーワード」は、その語句を使って検索を行ったユーザーには広告を表示しないようにするための設定です。目的は、コンバージョンにつながらない無駄なクリックを減らすことです。

上のパソコンお助け隊の例でいえば、「パソコン修理 仙台」でキーワードを設定していると、パソコン修理の経験があり、仙台で職を探している人が、「パソコン修理 仙台 採用」とか「パソコン修理 仙台 就職」などの語句で検索した場合に広告が表示され、クリックされる可能性があります。ご縁があって採用ということになれば結構な話ですが、クリックごとに料金が発生しますので、こうした行き違いは極力避けなければなりません。

この場合「採用」や「就職」といった言葉を除外キーワードをして登録しておくと、そうした目的で検索を行っているユーザーを広告の表示の相手から除外することができます。

まとめとして・・・

Google広告では、キーワードごとに入札単価を設定できます。このことからも、キーワードがGoogle広告の基本単位であることがわかります。

見込み客が行う検索シーンをイメージし、適切なタイミングで手を差し伸べることができれば、その手が握り返される確率は高くなります。顧客のニーズを見きわめ、自社のサービスを見きわめ、ついでに恋敵のこともしっかり分析して、最適なキーワードを探り当ててください。

ご依頼・ご相談はこちら