プログラマーにおすすめの資格は?そもそも資格を取得する必要はあるのか

エンジニア エンジニア

INDEX

プログラマーが取得することで役立つ資格は複数あります。そのため、どの資格を取得すべきか迷う場合も多いでしょう。まず資格取得に関して絶対的な正解はありません。資格選びだけでなく、そもそも資格を取得するという選択肢も戦略の一つです。

言い換えれば、あえて資格は取得せずにスキルアップや実績の積み重ねに専念するという戦略もあるということです。この前提のうえで、プログラマーにはどのような資格がおすすめなのか、資格を取得するメリットは何なのか、などについて解説していきます。

プログラマーに資格は必要なのか

プログラマーに必須の資格はありません。つまり、資格がなくてもプログラマーとしてすべての業務を担当できるということです。スキルが高いプログラマーであっても、資格を取得していないケースはあるでしょう。

プログラマーが資格を取得するメリット

プログラマーに必須の資格はないということでした。資格を取得せずにプログラマーとして活躍している人もいます。高いスキルと実績があれば、資格は取得しなくても十分活躍できるということも事実です。

IT業界では資格よりもスキルや実績を評価する傾向があるからです。しかし、資格があれば複数のメリットが得られるのも事実です。言い換えれば、スキルや実績の不足を補うためのものとも言えるでしょう。ではプログラマーが資格を取得することでどのようなメリットを得られるのか解説していきます。

スキル証明になる


プログラマーのスキルは成果物などを見れば判断できる場合がありますが、たとえば人事担当者が細かく確認する時間がなかったり、そもそもソースコードなどを見て判断する能力がない場合もあります。

こういった場合、資格があればわかりやすいスキル証明になるでしょう。たとえば人事担当者にプログラミングスキルがない場合でも、資格については知っている場合が多いです。つまり資格を取得することで、プログラマー経験のない人にもスキルをアピールできるということです。

網羅的なスキルが身に付く


資格を取得することで、ITの基礎やプログラミングに関するスキルが身に付きます。実践的なスキルを身に付けるという意味では実際に手を動かしてシステム開発を行った方が良いのですが、そうするとどうしてもスキルに偏りが出てきます。

資格試験はその分野の内容をある程度網羅しているため、資格試験を通して幅広い知識が身に付きます。幅広い知識が身に付いたうえで実践的な開発を行えば、幅広い知識と実践的なスキルの両方が身に付くということです。

モチベーションアップにつながる


資格取得を目指すことで、モチベーションアップにつながります。単にプログラミング学習を行うよりも、明確な目標ができるからです。スキルアップのためにはモチベーションが最重要と言っても過言ではないので、資格取得でモチベーションが上がる人にとっては取得メリットがより大きいでしょう。

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーにおすすめの資格は、そのプログラマーが対象にしているシステムや扱っているプログラミング言語によって変わってきます。実際に扱っている技術に合わせた資格を取得した方が、より実戦につながるからです。

また企業からの評価としても、その企業で扱っている技術に関する資格を取得した方が即戦力とみなされます。そのため最終的なおすすめ資格はプログラマーごとに変わってくるのですが、ここでは比較的プログラマー万人におすすめの資格をご紹介します。

基本情報技術者試験


基本情報技術者試験は、IT業界で登竜門的な位置づけの資格です。国家資格なので、人気、知名度、信頼度などが高いです。資格試験の内容としては、ITの基礎について幅広く問われます。具体的には、コンピューターの仕組み、プロジェクトマネジメント、プログラミング、経営戦略、セキュリティ、ネットワーク、データベースなどの内容が含まれています。

範囲は広いのですが、各分野の基礎なので掘り下げた内容は出題されません。そのため他の国家資格と比べると難易度は低いとされていますが、暗記だけでは対応できません。午後問題は特に考えないと解けないような内容になっているので、しっかりと準備して受ける必要はあるでしょう。

公式ページ:基本情報技術者試験 | 試験情報 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

応用情報技術者試験


応用情報技術者試験は基本情報技術者試験の上位試験に該当する資格試験です。内容としては、基本情報技術者試験をそのままやや掘り下げて、範囲は狭めたものです。厳密に言えば基本情報技術者試験は網羅的に回答する必要があるのに対し、応用情報技術者試験は分野を選択して回答できます。

そのため、テクノロジが得意な人はテクノロジで回答し、マネジメントが得意な人はマネジメント、ストラテジが得意な人はストラテジ、といった形で回答することが可能です。

公式ページ:応用情報技術者試験 | 試験情報 | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

プログラミング言語系の資格


メインにしていきたいプログラミング言語が決まっている場合、プログラミング言語系の資格もプログラマーにとって有効です。具体的には、「PHP技術者認定初級試験」「Ruby技術者認定試験」「Pythonエンジニア認定試験」「Javaプログラミング能力認定試験」などが挙げられます。

これらのプログラミング言語系の資格を取得することで、一定のプログラミングスキルを証明できます。ただし在籍するプロジェクトと別のプログラミング言語資格を取得していても、そこまで評価につながらない可能性があります。

そのため、プログラミング言語系の資格を取得するのであれば取得後のことも考える必要があるでしょう。

データベース系の資格


プログラマーにとってデータベース系の資格も重宝されます。サーバーサイドは特にデータベースとプログラムが連携されていることが多いからです。データベース系の資格には、「Oracle Master」「OSS-DB」などが挙げられます。難易度は高いですが、国家資格である「データベーススペシャリスト」も評価が高いです。

データベースの種類が複数あるので対象のデータベースに合わせた資格を取得するのがベストですが、プログラミング言語とは異なりデータベースが違っても類似する部分が多いです。つまりいずれかのデータベース資格を取得すれば、データベースの種類が変わっても同じように扱えるということです。

評価としてもプログラミング言語よりも汎用性が高いので、データベース系資格の大きなメリットと言えます。

プログラマーの資格に関する注意点

プログラマーが資格を取得することで、スキルアップや評価アップにつながるということでした。しかし、プログラマーにとって資格はあくまでも補助的なものという点は忘れてはいけません。

資格取得に集中するあまり、プログラミングのスキル習得や現場での仕事が疎かになってしまうプログラマーもいます。こういった状況になると、資格だけ取得していても企業からの評価はあまり高くなりません。

スキルや実績を積み重ね、そのうえで資格を取得するからこそプロジェクトで活躍できるプログラマーになれるということです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY