クラウドワークスはやめたほうがいい?稼げる人と稼げない人の違い

フリーランス フリーランス

INDEX

クラウドワークスとは、オンライン上で仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングさせるサービスです。双方が契約し、費用の一部を手数料としてクラウドワークスに支払うことでサービスが成り立っています。

クラウドワークスは手軽に始められるということで、480万人ほどの人が登録しています。これだけ登録者が多いということは登録メリットがあるからなのですが、「やめたほうがいい」と言われることもあります。

ではなぜクラウドワークスはやめたほうがいいと言われるのか、また実際にやめたほうがいいのか、上手に活用するにはどうすればいいのか、などについて解説していきます。

クラウドワークスはやめたほうがいいと言われる理由

クラウドワークスがやめたほうがいいと言われる理由として、以下が挙げられます。

 

・低単価の案件が多い

・登録者数が多いため競争率が高い

・手数料が高い

・悪質なクライアントが混ざっていることがある

 

以上のようなことから、クラウドワークスはやめたほうがいいと言われることがあります。では実際のところどうなのか、それぞれ解説していきます。

低単価の案件が多い


クラウドワークスは平均的には単価が低めです。つまり低単価の案件が多いといわれるのは事実です。たとえばデータ入力の案件で、1時間程度作業しても100円にもならないような案件も多々あります。

ライティング案件でも、1文字0.3円など単価が低く設定されているものも多いです。こういった案件は最初の練習として試してみるのには良いかもしれませんが、長期的に行うには労力に対して対価が少なすぎると言えるでしょう。

特に未経験の方は低単価の案件しか獲得できない場合が多いため、クラウドワークスはやめたほうがいいと言われることが多いです。しかし逆に言えば、高単価の案件もあるということです。ライティングでもデザインでもシステム開発でも、1時間で数千円稼げるような案件も多数存在します。

しかしこれらの案件を獲得するにはスキルを身に付け、実績を積み重ねる必要があるでしょう。クラウドワークスは低単価の案件しかないからやめたほうがいいと言っている人は、高単価の案件が取れるまでスキルアップや実績の積み重ねを行っていない可能性が高いです。

登録者数が多いため競争率が高い


クラウドワークスは案件数が多いですが、同時に登録者数も多いです。そのため、案件獲得の競争が激しくなります。案件獲得の競争に負けるかもしくは競争率の激しい案件を獲得しようとしなかった場合、上でご説明した低単価の案件しかできないということになります。

競争の結果低単価の案件に流れてしまった人が、クラウドワークスはやめたほうがいいと言っている場合は多いでしょう。しかし、逆に言えばスキルの獲得や営業力アップによって競争率が高い案件を獲得できれば、稼ぐことが可能です。

最初は低単価の案件しか獲得できなくても、スキルと実績を積み重ねれば高単価の案件を獲得しやすくなります。最初から特別なスキルを持っている人は例外ですが、そうでない場合は低単価の案件からでもこなしていくことが高単価案件の獲得につながるでしょう。

またクラウドワークス内には評価制度があり、一定の実績を積み重ねるとトップクラウドワーカーという称号が与えられます。さらに実績を積み重ねると、TOPクラス名鑑というものに載ります。

これらに選出されるとクラウドワークス内でアカウントが表示されやすくなり、また信頼度も高くなります。その結果、クライアントの方から依頼が入ることが増えるでしょう。最終的には、自分から営業しなくても勝手にある程度高単価案件が入るようになります。

手数料が高い


クラウドワークスは手数料が高いと言われることがあります。具体的には、手数料は以下のようになっています。

























報酬額 システム利用料
20万円超の部分 5%
10万円超20万円以下の部分 10%
10万円以下の部分 20%
タスク形式での場合 20%



初期のうちは特に1回の支払いで10万円を超えることは少ないでしょう。そのため、20%の手数料がかかる場合が多いということです。スキルと実績を積み重ねて高単価の案件を獲得できたとしても、まとまった契約ではなく数万円程度の契約を繰り返す場合も多いです。20%の手数料は支払い続けることになる可能性が高いです。ただし報酬が増えていけば、手数料が20%でもまとまった収入にはなっていくでしょう。

悪質な人が混ざっていることも


クラウドワークスは仕事を受ける人も発注する人も数が多いです。そのため、どちらにも悪質な人が混ざっています。たとえば、仕事を受ける人は経歴やスキルを盛っている、仕事を発注する人は契約後に条件を複数追加したり契約変更で報酬を引き下げる、といったことが挙げられます。

あまりにも大きなトラブルがあるとアカウント凍結などの制裁が行われますが、小さなトラブルは多々発生しているでしょう。トラブルを避けて仕事をするには、自分自身が悪質なアカウントにならないことと、クライアントを選ぶことが重要になります。

クライアントを選ぶ基準は仕事内容によっても異なりますが、条件や仕事内容を契約前になるべく明確にする必要があります。クライアントに対してもワーカー側から評価がされるため、仕事を請けたり案件に応募したりする前には必ず評価欄をチェックするようにしましょう。

クラウドワークスで成功するには

やめたほうがいいと言われることも多いクラウドワークスですが、クラウドワークスでまとまった収入を得ている人も多いです。クラウドワークスでは最低時給を設定する機能があるのですが、2,000円~3,000円程度に設定している人も多々見受けられます。

そして上記の時給設定で案件を獲得し、安定的に稼げている人も多い状況です。やめたほうがいい、稼げないと言われるクラウドワークスでも、着実に稼いでいる人は多いということです。ではどうすればクラウドワークスで成功できるのか、挙げていきます。

 

・最初はスキルと実績の獲得を重視する

・目先の収入だけでなく長期的なスキル獲得も視野に入れる

 

上でも触れてきた通り、クラウドワークスで稼ぐためにはスキルと実績が重要です。言い換えれば、現時点で高単価案件を獲得できなくても、スキルと実績を積み重ねていけば単価は上がっていくということです。短時間で案件をこなしていくこともできるので、その点でも時間当たりの収入は伸びていくでしょう。

ある程度稼げるようになった後も、目先の収入だけでなく長期的なスキル獲得も視野に入れて仕事を選ぶことが重要です。目先の収入だけでなく自分のスキルアップに役立つ仕事を選ぶことで、今後の単価アップにつながっていくからです。収入を得ながらスキルアップできると考えると、一石二鳥と言えるでしょう。

クラウドワークスで稼げるかどうかはやり方次第

クラウドワークスはやめたほうがいいと言っている人は、実際に試して稼げなかったか、もしくは稼げなかった人の意見を見てそのように言っている可能性が高いでしょう。しかし、クラウドワークスは時給換算で数千円稼げている人もいます。

クラウドワークスで稼げるかどうかは、どのようなスキルを身に付けるか、どのような仕事を選ぶか、きちんと継続して取り組めるか、などによります。どうすれば稼げるようになるかを考えて、実行していくことが重要でしょう。

また継続のためには楽しめるかどうかも重要なので、なるべく自分がやってみたい、楽しそうと思える仕事を選んでいくのもおすすめです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY