パラレルワーカーとはどのような働き方?定義や副業との違い方を解説

フリーランス フリーランス

INDEX

働き方の多様化により、パラレルワーカーを選択する人が増えています。

しかし、パラレルワーカーと副業の違いが分からず、複数の仕事をしている人も多いです。

パラレルワーカーの定義を知らないと、理想としている働き方ができない可能性があります。

今回の記事では、パラレルワーカーと副業の違いや、複数の仕事を持つことのメリット・デメリットを紹介します。

パラレルワーカーとは

パラレルワーカーとは、複数の仕事やキャリアを持ちながら働く人のことです。

働き方の多様化により終身雇用が崩れつつあり、パラレルワーカーへの関心が増しています。テレワークの普及により、場所を選ばず自宅でも働けるようになったことも、パラレルワーカーが増えた要因の一つです。

一度就職すれば雇用が保証される時代が終わり、会社に頼らず生活するには、自ら考えてキャリアを作る必要があります。

変わりゆく時代を自分の力で生き抜くために、これからもパラレルワーカーが増えていくでしょう。

パラレルワーカーと副業の違い

政府が働き方改革により副業を推進しているため、会社以外でも仕事を持っている人が増えました。しかし、副業とパラレルワーカーには、大きな違いがあります。

副業とパラレルワーカーの大きな違いは、次の通りです。

 

・パラレルワーカー:複数の仕事が同列の扱い

・副業:メインの仕事とサブの仕事が区別されている

 

副業は収入を増やすために、サブの仕事を持つケースが多いです。パラレルワーカーは収入を増やすことも目的の一つですが、キャリアアップも大きな理由となります。

パラレルワーカーのメリット

パラレルワーカーは、収入源が増えるとともに、スキルも向上します。ここでは、パラレルワーカーのメリットについて解説します。

収入源が増える


パラレルワーカーは給与以外に収入源ができ、収入の柱が増えるため安定した生活を送れます。
収入を会社だけに頼っていると、会社の業績が悪化した際に収入に影響します。会社の業績に左右されないように、リスクを分散することが大切です。
日本を代表する大企業であっても倒産する時代なので、パラレルワークをして収入源を増やすことがリスク分散になります。

スキルが向上する


パラレルワーカーは、会社勤めだけでは身に付けられないスキルを得られます。
会社とは異なる業界や業種を選び、スキルを身に付ければ、転職の際の選択肢が広がるでしょう。パラレルワークに何を選ぶかは重要で、その後のキャリアに影響するため慎重に選ぶことが大切です。
パラレルワーカーは、仕事の獲得から納品・経理などの事務作業まで、すべて自分でおこないます。これらの知識は会社の経営にも必要なので、役職が上がったり、起業をしたりするときに役立つでしょう。

仕事関係の人脈が増える


パラレルワーカーは、会社だけでは繋がれない人と仕事をして、人脈が増えていきます。パラレルワーカーの仕事相手はフリーランスも多く、新たな価値観に触れる機会もあるでしょう。
パラレルワーカーとして築いた人脈から、新たな取引先を紹介してもらい、異なる分野の仕事に挑戦することもあります。

パラレルワーカーのデメリット

パラレルワーカーは、仕事の時間が増えて、自己管理が大切になります。ここでは、パラレルワーカーのデメリットを紹介します。

仕事の時間が増える


会社の他にも仕事をするため、仕事に従事する時間が増えます。パラレルワーカーを始めたばかりだと、時間の調整方法が分からず苦労をするでしょう。
パラレルワーカーとしての時間が増えすぎると、家族や友人と過ごす時間が少なくなり、交友関係が悪化してしまいます。収入増やキャリア構築は大切ですが、ワークライフバランスを意識して仕事の量を調節しましょう。
また、長時間労働が続くと疲労が蓄積して、他の仕事に影響が出る可能性もあります。
すべての仕事のパフォーマンスを落とさないために、仕事時間と健康面の管理をすることが大切です。

就業規則に違反する可能性がある


副業をする人が増えても、就業規則で副業を禁止している会社は多くあります。
パラレルワークをしていることにより会社の仕事に支障が出ると、職務専念義務違反により懲戒処分を受ける可能性があります。
パラレルワークを始める前には、会社の就業規則を確認して問題ないか判断してください。

パラレルワーカーに向いている仕事

パラレルワーカーは、自分のやりたい仕事を自由に選べます。ここでは、パラレルワーカーに向いている仕事を紹介します。

Webライター・Webデザイナー


WebライターやWebデザイナーは、自宅のパソコンを使って仕事ができ、仕入れなども発生しない仕事です。リスクが少なく始められて、パラレルワーカーに人気があります。
仕事に関わる分野は、金融や生活情報・ニュースなど幅広く、会社員として得た知識を活用することも可能です。
会社員としての仕事を活用して、パラレルワークを始めたい人に向いています。

プログラマー


IT技術の発展に伴い、プログラマーの需要は年々高まっています。しかし、実際の現場ではプログラマーが不足していて、2018年には、22万人のプログラマーが足りない状況となりました。
現在もプログラマー不足の状況は改善されておらず、今後も高い需要が見込まれて、パラレルワークに選べば安定した案件を見込めます。

参考:みずほ情報総研株式会社(経済産業省委託事業)「IT人材需給に関する調査

フードデリバリー


コロナ禍は就職に向かっていますが、フードデリバリーへの需要は高くニーズは高いままです。
フードデリバリーは、隙間時間で自分が望むだけ働けるため、会社員としての仕事が忙しい人でも問題ありません。
飲食物を届けるだけではスキルが付かないと感じるかもしれませんが、個人事業主なので確定申告や会計の知識を得られます。
専門的な知識を必要とせず、すぐにパラレルワークを始めたい人にも向いています。

まとめ

パラレルワーカーとは、複数の仕事やキャリアを持って働く人のことです。

副業はメインとサブの仕事を区別しますが、パラレルワーカーはすべての仕事が同列として、収入増やキャリアの構築を目指します。

パラレルワーカーは、収入増により生活が安定して、スキルが向上するなどのメリットがあります。しかし、仕事時間が増えて、ワークライフバランスや健康面で問題を抱える人もいます。

自己管理を意識して、仕事量を調節しながら、自分の理想とする生活を手に入れてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY