Web広告運用で副業を始めるには? 案件や報酬目安、始め方をご紹介

フリーランス フリーランススキル

INDEX

副業を考えておられる方の中には、Web広告運用による副業を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事ではWeb広告運用で副業を行う際のメリットや必要なスキルは勿論、代表的な案件や始め方などをまとめて解説します。

Web広告運用で副業を始めたいという方は、是非ご一読ください。

Web 広告運用で副業を行うメリット

まずはWeb広告運用を副業とした場合のメリットについて、確認しておきましょう。

■メリット①:在宅で対応しやすい


まず挙げられるのは在宅で対応しやすいという点です。

Web広告はパソコンとインターネット環境さえあれば運用することができ、わざわざ事務所などに行かずとも自宅で対応することができます。

■メリット②:低コストで始められる


また低コストで始められるという点もメリットとして挙げられるでしょう。

先述の通り必要なのはPCとインターネット環境のみであるため、副業を始めるにあたって新たに設備投資などをする必要がなく、気軽に始めることができるのです。

■メリット③:空き時間で対応可能


空き時間で対応できるという点も見逃せません。

Web広告の運用は基本的に広告の配信と効果分析などが中心です。

そのため一定時間拘束される作業は報告会などの打ち合わせのみとなり、あとは自分の好きな時間に対応できるというわけですね。

Web 広告運用の副業における代表的な案件と報酬目安

続いてWeb広告運用の副業において、代表的な案件を報酬目安とともにご紹介していきましょう。

■代表的な案件①:検索連動型広告


Web広告運用の副業案件として、まず挙げられるのが検索連動型広告の運用です。

検索連動型広告とはGoogle等の検索エンジンの検索結果一覧に表示される広告であり、Web広告においても中核的なものと言えます。

検索連動型広告の案件は、広告の出稿から効果分析に至るまでの運用業務を行うことになるでしょう。

【報酬目安】

クラウドソーシングサイトなどを見ると、時間単価にして1,500~2,000円あたりが多いです。

■代表的な案件②:SNS広告


続いて挙げられるのはSNS広告の運用です。

FacebookやTwitter、Instagramなど各SNSにおいて配信する広告となっており、先にご紹介した検索連動型広告よりもターゲティング精度や拡散性に優れます。

具体的な業務として、配信数や配信タイミングの決定、広告効果のレポートなどが挙げられますね。

【報酬目安】

報酬としては検索連動型広告と同じぐらいの相場ですが、運用するアカウント数やSNSの数によって、時間当たり2,000~3,000円の報酬を得られるケースもあります。

■代表的な案件③:ディスプレイ広告


ディスプレイ広告の運用も代表的と言えるでしょう。

ディスプレイ広告とは、Webサイトやスマホアプリ等の広告枠に掲載される広告のことを指します。

ターゲットメディアや配信タイミングの決定から、広告内容の調整などが主な業務となるでしょう。

【報酬目安】

基本的に検索連動型広告と同じく、時間当たり1,500~2,000円程度の案件が多いです。

Web 広告運用の副業に必要なスキル

基本的にWeb広告運用での副業を行う場合、完全な未経験では難しく以下のようなスキルを有している必要があるでしょう。

■スキル①:マネジメントスキル


まず挙げられるのはマネジメントスキルです。

Web広告運用においては、広告キャンペーン全体の予算やスケジュールなどを適切に管理していく能力が必要となります。

またクライアントの社員とともにチームを組み、広告を運用していく場合、チームメンバーとのコミュニケーションは勿論、作業管理なども行う必要があるでしょう。

そのためWeb広告運用で副業を行う場合、マネジメントスキルは欠かせないのです。

■スキル②:クリエイティブスキル


次に挙げられるのはクリエイティブスキルです。

訴求力のあるメッセージを生み出すライティングスキルや、効果的なレイアウトや色合いなどを設定するデザインスキルなどは、Web広告運用においても必須のスキルと言えるでしょう。

案件にもよりますが、広告の設計段階から携わる場合、特に重要なスキルとなります。

■スキル③:分析力


分析力も必要なスキルとして挙げられるでしょう。

Web広告運用においては、運用している広告の効果を測定し、その結果を分析することで改善案を導き出すことも求められます。

そのためどのデータが重要であるかを見極めることは勿論、データを組み合わせ、そこから改善案に繋がる示唆を導き出す能力も必要になるのです。

■スキル④:営業スキル


Web広告運用に限った話ではないですが、副業やフリーランスとなると、自ら案件を獲得する必要があります。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを活用すれば、ある程度案件獲得もしやすいと言えますが、それでも自らのスキルや強みを分かりやすくクライアントに伝えなければなりません。

そういった意味では営業スキルも先のスキル以上に欠かせないものとなるでしょう。

Web 広告運用の副業の始め方

最後にWeb広告運用の副業の始め方について、お話していきます。 

■ステップ①:スキルを身に付ける


初めに行うべきはWeb広告運用に必要なスキルを身に付けるという点です。

先程触れた通り、Web広告運用が全くの未経験である場合、副業やフリーランスで案件を獲得していくことは難しいでしょう。 

そのため広告代理店などに転職するなどして実務経験を積む、もしくは独学し自分自身でも広告を運用するなど、スキル習得のための期間を設ける必要があります。

■ステップ②:就業規則などを確認し、副業してもOKか確認する


続いて現在所属している会社の就業規則などを確認し、副業しても問題ないのかを確認しましょう。

もし副業が禁止されている場合、隠れて副業をしても税金などの観点で見つかってしまうケースも多いので注意が必要です。

また副業で一定以上の報酬を稼いだ場合、会社での年末調整でなく、自分自身で確定申告に行く必要があるため、そのあたりも認識しておくことも重要と言えます。

■ステップ③:副業時間を決める


スキルも習得し、副業もOKとなればすぐにでも始めたいところですが、その前に副業に割く時間を定めることが重要になります。

フリーランスとして独立する場合は、1日何時間割くかどうかは完全に自分次第ですが、副業の場合本業との兼ね合いがあるためどうしても時間が限られます。

そのため土日だけで対応するのか、平日の終業後に対応するのか、副業における就業時間を定めて、その時間内で副業に取り組むというようにメリハリをつける必要があるでしょう。

■ステップ④:営業をかけ、案件を獲得する


副業時間が定まれば、その時間内で対応できる案件を探し、営業をかけていきましょう。

まずはクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを活用すれば、案件を獲得しやすいです。

クラウドソーシングである程度経験を積めば、企業に対して直接営業をかけていくこともできるようになるでしょう。

まとめ

今回はWeb広告運用において副業を始めることをテーマとしてお話してきましたが、いかがでしたか。

昨今Web広告の運用案件は増加傾向にあり、副業者やフリーランスに対するニーズも高まっています。

是非この記事を参考にしつつ、Web広告運用による副業に取り組んでみてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY