フリーライターになるにはなにから始めればいい?案件獲得や収入を安定させる方法を徹底解説

フリーランス フリーランススキル

INDEX


  • フリーライターになるには何から始めたらいいか

  • フリーライターの案件はどうやって獲得するのか


など、これからフリーライター(Webライター)を目指そうとしている人のなかには、このような疑問を感じている人もいるでしょう。

フリーライターは、特別な資格やスキルはいらず、普通に文章が書ければ誰でもなることができます。Webライターは、PCとネット環境さえあれば、時間や場所を選ばず始められるため非常に人気のある職種です。

しかし、自由度が高いことで、逆に言えば決まったやり方が存在しないため、何から手を付けていいか分からないという人も少なくありません。

この記事では、フリーライターになるにはどうすればいいのか、フリーライターとしての活動の始め方や、具体的な案件獲得方法まで解説します。

記事後半に安定した収入を得る方法も紹介しますので、これからフリーライターを目指す人、フリーライターを始めてみたもののいまいち稼げずにいる人も、ぜひ参考にしてみてください。

フリーライターとは

フリーライター(Webライター)とは、クライアントからの希望に合わせて記事を書き、それを納品することで報酬を得る働き方です。

同じく文章を書く仕事にブロガーが挙げられますが、こちらは基本的に自身が運営するブログに埋め込んだ広告収入等が収入源となるので、働き方が異なります。

Webライターは文章を書くだけではなく、記事の構成や必要に応じて画像の加工も行います。

フリーライターを目指すうえで特別な資格やスキルは必要ありませんが、納品形式がOfficeソフトをはじめ、GoogleドキュメントやWordPressなどで行うため、基本的なPC操作、ある程度のITリテラシーも必要になります。

フリーライターの始め方

フリーライターの定義や目指し方に明確なルールはありません。普通に文章を書ける人であれば、「よし、フリーライターになろう」と決めた瞬間からフリーライターになれますし、その日から案件をこなして収入を得ることも可能です。とはいえデータ入力やアンケートに比べると最低限の文章力というスキルは必要ですので、それらにくらべて時間単価は高くなる点も人気の理由と言えるでしょう。
では、フリーライターになると決めた人は、まず何から始めたらいいのでしょう。いきなり案件を取りに行くべきなのか、あるいは、やはり最低限のルールや常識があるのでしょうか。
ここではまず、一般的なフリーライターの始め方について解説していきます。

基本的な書き方を覚える


まずは、記事の基本的な書き方を覚えるところから始めましょう。
最低限の文章力はもちろん、タイトルや見出しの書き方などについても学ぶ必要があります。
書き方を参考書やWebサイトなどから知識として学ぶだけではなく、実際に書いてみることがおすすめで、その際には個人でブログを始めてみるとか、低単価の案件(体験談など、多くは文章力もさほど要求されない)で練習してみるのも1つの手です。
案件獲得のためにクラウドソーシングサービスを利用する場合、ポートフォリオを掲載できるものもあるので、練習に使った個人ブログをそのまま実績として活用することも可能です。

実績を作る


「いきなり実績なんて作れるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、フリーライターに限らず、フリーランスは自身のスキルを提供して報酬を得る働き方なので、実績がなければ案件を獲得できません。
しかしフリーライターの案件にはマニュアル完備の初心者向けの案件も数多く存在するため、まずはジャンル問わず件数をこなしましょう。
その際、こうした初心者向け案件は単価も安く「こんなに安いの?」「割りに合わないのでは?」と感じるかもしれませんが、実績を積むことで高単価案件を獲得できるようになるので、下積みと考え、またノウハウも吸収していきましょう。

フリーライターが案件を獲得する方法

書き方を覚えても、そもそもの案件を獲得しなければ報酬を得ることはできません。
ここでは、フリーライターが案件を獲得する代表的な方法を紹介していきます。

クラウドソーシングサービスを利用する


手堅く案件獲得できるのが、クラウドワークスやランサーズをはじめとするクラウドソーシングサービスを利用する方法です。
先の初心者向けの案件も多数掲載されているので、未経験者でも実績が積みやすいのが魅力です。
案件を獲得するためには、掲載されている案件のクライアントに対し提案営業を行うところからスタートし、条件交渉を行って双方合意すれば契約成立です。
高単価案件や人気案件は倍率も高く、ベテランや実績豊富なライターと競わなければならないので、始めたばかりの時期は獲得が難しいです。
クライアントは、提案内容だけではなくライターの実績やプロフィールも選定材料にしているので、まずはこちらを充実させるところから始めると良いでしょう。
実績を積めば提案営業をしなくても、クライアント側から声をかけてもらえるようにもなります。

スキル販売サービスを利用する


ココナラをはじめとするスキル販売サービスの利用も案件を獲得する有効な方法のひとつです。
クラウドソーシングサービスではクライアントに対しアプローチする能動的なものですが、スキル販売サービスはクライアントからの依頼を待つ受動的な案件獲得方法であるといえるでしょう。
「待ってれば案件獲得できるの?」「営業しなくていいのはラク」と思われるかもしれませんが、クラウドソーシングサービス同様に実績が少なければ依頼をもらうことは難しいです。
また、実際のお店が宣伝活動をして来店促進しているように、スキル販売サービスを利用する際には自身の存在を知ってもらわなければなりません。
そのため、ブログやSNSなどを活用するといった工夫も必要になるのです。
クライアントに自らアプローチしにくい分、未経験者や経験の浅いライターには、クラウドソーシングサービスよりも案件獲得のハードルが高いと感じることでしょう。

個人で営業活動する


フリーランスらしく、個人で営業活動を行って案件を獲得することも方法のひとつです。
具体的な方法として、企業に対して直接営業活動するほか、友人知人からの紹介などが挙げられます。
なかには、クラウドソーシングサービスやスキル販売サービスで得たクライアントから直接依頼されることもあります。
個人での契約はサービス手数料が取られないため、収入も大幅アップを目指せるので非常に魅力的です。
しかし、Webサービスを介さずに直接契約することは規約違反になることが多く、アカウント停止をはじめとするペナルティを課せられるリスクが伴うため注意が必要です。

フリーライターが安定した収入を得る方法

フリーライターが安定した収入を得るためには、継続的な案件獲得が必要不可欠です。

高単価で大ボリュームな案件を引き受けると、それに掛かりっきりになりがちですが、終了すると仕事が途切れてしまいます。

金銭的な余裕がある人なら問題ありませんが、納品してから新たに営業活動しているようでは、その間の収入がなくフリーランスとして安定した生活が送れるとは言い難いでしょう。

記事作成において、クライアントの確認待ちの時間が必ず存在するので、そうした隙間時間を活用して他の案件を獲得しておくと、並行して記事作成ができるため効率的です。

複数クライアントと取引するのはもちろん、クラウドソーシングサービスを複数利用、スキル販売の実施など、複数の収入源を作っておくと継続的かつ安定的に案件を確保しやすくなるでしょう。

なお、会社員からフリーライターへ転身することを検討している人は、まず副業からスタートして、ある程度の収入が得られる基盤を作ってからシフトすることをおすすめします。

まとめ

フリーライターは、記事作成を行い、それを納品することで報酬を得る働き方です。

特別なスキルや資格は不要で、PCとインターネット環境があれば、時間と場所に捉われずに働くことが可能です。

これから始める人は、記事の基本的な書き方を身に付けるのと同時に、初心者向けの案件で実績を作ることから始めることをおすすめします。

実績を作ることでクライアントからも評価され、高単価案件や優良案件を任せてもらえるようになります。

案件獲得にはさまざまな方法がありますが、未経験や実績が少ない人にはクラウドソーシングサービスの利用がおすすめで、そこから実績作りやノウハウを学ぶことが可能です。

フリーライターは決められたやり方が存在するわけではないので、ぜひ本記事を参考に、自身に合った働き方を模索していきましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY