Reactでできることとは? 特徴や将来性、フリーランス案件の動向について解説

フリーランス フリーランススキル

INDEX

「Reactってどんなことができるの?」

「使えるようになっておいた方がいいの?」

フロントエンドエンジニアを目指す人、すでに働いている人のなかには、このような疑問を感じることもあるでしょう。

Reactは、処理速度が速く、最近トレンドとなっているSPAの作成がしやすいこともあり、注目を集めているJavaScriptライブラリです。

この記事では、これから習得するべきか悩んでいる人に向け、Reactでできることや特徴、フロントエンドエンジニアが習得すべきかについて分かりやすく解説していきます。

また、フリーランス向けReact案件の需要や動向についても触れていきますので、Reactに興味を持っている人はぜひ参考にしてみてください。

Reactでできること

これからReactを勉強しようとする際、具体的な内容よりも、まず「Reactって何ができるの?」と疑問に感じることでしょう。
せっかく勉強しても、自分がやりたいことと関連性がなければ活用できず、無駄になってしまいます。
ここでは、Reactでできることの例を紹介していきます。

  • Webアプリ開発

  • モバイルアプリ開発

  • VR開発


それぞれの詳細は、以降で確認していきましょう。

Webアプリ開発


Webアプリの開発でJavaScriptはよく用いられますが、JavaScriptのUI(User Interface)に特化したライブラリであるReactもWeb開発との相性は抜群です。
ReactはFacebookやインスタグラム、Netflixといった世界的有名コンテンツでも活用されています。
後述するReactの特徴であるWebページの表示の速さやSPAとの相性も良いことから、効率よくWebアプリを開発できるのです。

モバイルアプリ開発


メタ(旧Facebook社)が開発したReact Nativeを用いるとモバイルアプリ開発も容易に行うことが可能となります。
モバイルアプリの開発では、一般的にJavaやSwiftが用いられることが多く、フロントエンドエンジニアとしての知識以外に、専門的なプログラミング言語の学習が必要です。
しかし、React Nativeの記述はフロントエンドエンジニアの基礎であるCSSとほとんど同じであるため、モバイルアプリ開発へ参加する際の敷居が低いことも魅力であるといえるでしょう。
本格的なモバイルアプリの開発はReactのみでは不十分ですが、シンプルなものであれば作成できるので、これから学習を始める人は実際に開発してみるのもおすすめです。
こうして作成したものは、転職活動やフリーランスとして案件獲得の際に活用できるポートフォリオにすることもできます。

VR開発


「VR開発ってUnityじゃないの?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、ReactVRというフレームワークを活用することで、VR開発を行うことも可能です。
ReactVRを用いた開発では、一般的なVRゲームとは異なりWebベースで動作するものですが、従来の平面(2D)コンテンツから3D要素を取り入れた新しいWebコンテンツ制作に興味がある人も多いことでしょう。
回線が4Gから5Gに移行してきていることもあり、より高速でストレスなく処理できるようになるため、今後も発展が期待できます。
フロントエンドエンジニアでJavaScriptを扱っている人であれば、Unityを学ぶよりもスムーズにVR開発に携わることができるようになるでしょう。

Reactの特徴

Reactを習得すれば、多くのWeb開発で活用できることを紹介しました。
では、Reactを用いるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、Reactの特徴を分かりやすく解説していきます。

  • 未経験でも習得しやすい

  • 高速でWebページの切り替えができる

  • 流行りのSPAが作りやすい


特徴の詳細は、以降で確認していきましょう。

未経験でも習得しやすい


Reactは、JavaScriptが基盤となっているので、フロントエンドエンジニアの基礎を習得している人であれば、比較的簡単に習得することができます。
JavaScriptの知識やスキル自体、フロントエンドエンジニアにとって非常に重要なので、自信がない人はReactの習得前に、まずは基礎構文の復習から始めるとスムーズに進められるでしょう。

高速でWebページの切り替えができる


Webページの表示や画面遷移の速度は、利用者の直帰率・離脱率を下げるためにとても重要です。
「Webサイトを閲覧しようと思ったけど、表示に時間かかるからやめた」という経験がある人も多いことでしょう。
昨今Webデザイン以外の業界でも、UIを重視する企業が増えており、注目も高まっています。
Reactでは「このような見た目になる」と、UI部品に対して宣言するようにできるため、シンプルかつ効果的な開発が行えるのです。
シンプルであるため、デバッグをはじめ保守がしやすいことも魅力的です。
また、Reactでは実際のDOM(Document Object Model)ではなく、内部に仮想DOM(Virtual Document Object Model)が搭載されています。
こちらの機能では、Webページを遷移させる際に全体のHTMLを読み込むのではなく、更新箇所だけを変更して処理するため、高速でWebページの切り替えができるのです。

流行りのSPAが作りやすい


最近では、ページ遷移が少なく、利用者のストレスが少ないSPA(シングルページアプリケーション)がトレンドとなっています。
ユーザビリティが高い一方で、SPAを作るためにはJavaScriptを多用する必要があるため、フロントエンドエンジニアの負担は大きくなりがちです。
その点、高速で処理できるReactはSPAとの相性もよく、開発がしやすいことも特徴であるといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアはReactを習得すべきか

これからフロントエンドエンジニアを目指す人、既にフロントエンドエンジニアとして活躍している人のなかには「Reactって習得した方がいいの?」と疑問に感じている人もいることでしょう。
結論からいうと、フロントエンドエンジニアはReactを習得した方が良いです。
その理由には、次のようなものが挙げられます。

  • UIを重視したWebサイトやアプリケーションが増えている

  • エンジニアとしての価値を高められる


Reactを扱えなければフロントエンドエンジニアとして働けないわけではありませんが、習得している方が確実に仕事の幅が広がります。
それぞれの理由については、以降で解説していきます。

UIを重視したWebサイトやアプリケーションが増えている


IT技術の導入が当たり前となっている昨今、あらゆる業界でWebサイトやアプリケーションが展開されています。
これらを設計・構築していくなかでUIを重視するクライアントも多く、それらに応えられるエンジニアが求められています。
先にも触れたように、UIは単に見た目だけではなく、ユーザビリティの向上なども含まれるため、処理速度の改善やSPAとの相性が良いReactの需要は高いといえるでしょう。

エンジニアとしての価値を高められる


React自体が、比較的新しいものなので、Reactと取り扱えるエンジニアの数はまだまだ少なく、習得していることで自信の市場価値を高めることができます。
また、フロントエンドエンジニアに限らず、ITエンジニアは専門性の高さから保有スキルや実績が評価されやすい職種です。
最近では、デザイン学校でHTMLやCSS、JavaScriptの基礎学習が必修となっていることも多く、近い将来には「これらはできて当たり前」「他には何ができる?」と、エンジニアに求められるハードルも上がることが予想されます。
Reactは、アップデートをはじめ新しく追加された要素に対しての継続的な学習は必要であるとはいえ、Webサイトやサービスがなくならない限り活用できるものなので、習得しておいて決して損はないといえるでしょう。

フリーランスとしてのReactの需要

フロントエンドエンジニアとして働いている人のなかには、将来的にフリーランスとして働くことを視野に入れている人もいることでしょう。
ここでは、Reactを取り扱える人材の市場価値や、未経験でも案件を獲得できるのかなど、気になるポイントについて紹介していきます。

Reactを扱える人材の市場価値は高い


これまでも触れてきたように、Reactは比較的新しい仕組みであるため、需要に対して取り扱いができるエンジニアの数が不足している状況にあります。
そのため、Reactを習得している人材の市場価値は高く、月単価も高額であることが多いです。
また、最近ではコードを自動でコンバートするツールも次々と登場しているので、フロントエンドエンジニアがフリーランスで活躍し続けるためには、HTMLやCSS、JavaScript以外のスキルを増やしていくことが必須です。
担当できる業務範囲が狭いと感じている人は、これを機に学習を始めてみるのも良いでしょう。

React未経験も案件参画できる


ITエンジニアは、専門性の高さからスキルや実務経験が評価されやすい職種であるため「実務未経験だからReact案件に参画できない」と諦めている人もいることでしょう。
しかし、React案件は比較的新しい仕組みであることから、対応できるエンジニアの数が少なく、実務経験がなくとも案件に参画できるケースが多い傾向にあります。
ReactやJavaScriptの実務経験の代わりとなるのが、PHPやRuby on Rails、Goなどでの開発経験です。
また、React案件ではウォーターフォール型ではなくアジャイル型の開発現場であることが多いので、こうした開発経験があればReactにも対応できると判断され、案件に参画することができます。
それでも思うように案件獲得ができない場合には、フリーランス向けのエージェントサービスにキャリア相談してみることも選択肢に入れると良いでしょう。

案件数は増加傾向にある


フリーランスとして働く場合、自分が参画しようとしている分野の案件数が十分にあるのか気になるところです。
JavaScriptライブラリであるReactですが、同じくフレームワークであるVue.jsやAngular.JSと比較すると、Reactの方が多い傾向にあります。
特にAngular.JSは2021年12月にサポートが終了しているので、今後は減少していくと考えられます。
Vue.jsもReact同様に軽量フレームワークであり、SPAを作るのに便利ではありますが、Reactと比較すると情報量は少なく、他のツールとの組み合わせのチェックにかかる工数が多いなどのデメリットもあります。
このような点から、今後しばらくReact案件は増加していくことが予想できるでしょう。

まとめ

Reactは、Webサイトやアプリケーションの制作に使用できるJavaScriptライブラリです。

処理速度が速く、昨今トレンドになりつつあるSPAとの相性も良いので、需要が高い仕組みであることから注目を集めています。

また、比較的新しい仕組みであることから、現状ではまだまだ対応できる人材の数が追い付いていない状況にあり、習得することで市場価値を高める効果にも期待ができるといえるでしょう。

このような背景から、フリーランス向けの案件も増加傾向にあり、Reactの実務経験がなくとも、JavaScriptはもちろんPHPやRuby on Railsの実務経験があれば参画できるものも数多く存在します。

今後もWebシステムがある限りReactは発展が見込まれる将来性の高い技術なので、これを機に興味がある人は初期段階から習得に取り組み、他の人と差別化を図ってみてはいかがでしょうか。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

心を動かすプロモーション

戦略立案からユーザーの「好き」を引き出すクリエイティブ制作・実行まで

プロモーション戦略の立案・実行・運用・改善までワンストップで対応。
・マーケティング担当がいない
・既存サービス(商品)の販売が伸び悩んでいる
・新規サービスを早々に認知拡大したい
・現状の課題を適切に分析できていない
など、プロモーション施策への課題がある方はお問い合わせ下さい。課題を的確に捉えて、オウンドメディアや広告など最適な案をご提案いたします。

サックルのプロモーション戦略

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY