フリーランスが資格を取得するメリットとは?おすすめの資格も紹介!

フリーランス フリーランスライフスキル

INDEX

フリーランスに必須の資格は存在しません。もちろん業務内容にもよりますが、資格が必須の業務でない限り資格がなくても仕事はできます。この点に関しては、会社員でもフリーランスでも同じです。
では、フリーランスが資格を取得するのは無意味なのでしょうか?
会社員の場合は資格を取得することで、会社から評価されたり転職で有利になったりと分かりやすいメリットがあります。一方でフリーランスの場合、資格を取ることでどういった変化があるのでしょうか。
この記事では、フリーランスにとって資格を取ることがどのようなメリットになるか、またそうである場合どのような資格が有効なのか、そのあたりについて説明していきます。
フリーランスになる上で資格は必要なのか、取るとするならどのような資格が有利に働くか、ヒントを探している方はぜひお読みください。

フリーランスが資格を取得するメリット

まずフリーランスにとって資格を取得する価値があるのかどうかですが、あります。フリーランスは案件獲得のためにクライアントと交渉することがあり、そのたびに自分のスキルを評価されることになります。
会社員の場合はフリーランスと比較すると案件が切り替わったり複数の案件を並行したりすることが少ないので、フリーランスの方がクライアントから評価される機会は多いということです。つまり、フリーランスの方が資格を活かせる機会も多くなると言えます。会社員以上に資格取得のメリットが大きいということです。
フリーランスが資格を取得すれば、知識やスキルの証明になり、案件獲得率アップや単価アップにつながる可能性があります。また業務に役立つ資格を取得すれば、仕事をこなす上で自分のスキルとして役立つこともあるでしょう。

フリーランスが資格を取得する際の注意点

フリーランスが資格を取得する場合、会社員と比較して注意点があります。それは、どの資格を取得すれば役に立つか、自分で見極める必要があるということです。会社員の場合は就職したい会社や、所属している会社が指定している資格を取得するのがベストと考えられます。
しかしフリーランスの場合は、自由度が高いからこそ、どの資格を取得すべきか迷ってしまうかもしれません。基本的には獲得したい案件を確認すれば良いのですが、まだ明確なことが決まっていない、見ている案件で特に資格が指定されていない、といったことも考えられます。特に経験の浅いフリーランスの場合、資格がどのように自分の評価やスキルアップに結びつくかも分かりづらいでしょう。
取得する資格を選定するのが難しい場合、王道の資格を取得しておくのがおすすめです。よく知られた王道の資格であれば、クライアントからの評価も得やすく、またスキルとしても汎用性が高いといえるからです。

フリーランスにおすすめの資格

ひとことにフリーランスと言ってもその職種は数多く、必要となるスキルや有利な資格もそれぞれ異なります。それぞれを紹介するのは別記事にゆずるとして、この記事では汎用性の高い、IT関連の職種の中でも特にエンジニア(フリーランスエンジニアやフリーランスプログラマー)などの技術職におすすめの資格を紹介していきます。

情報処理技術者試験


情報処理技術者試験は、IT関連の国家資格のうち、経済産業省が認定する資格試験の総称です。IT関連の資格としては王道で、フリーランスにとっても評価の高い資格と言えます。情報処理技術者試験には、具体的には以下があります。
【初級レベル】

・ITパスポート

・情報セキュリティマネジメント試験

【中級レベル】

・基本情報技術者試験

・応用情報技術者試験

【上級レベル】

・ネットワークスペシャリスト試験

・データベーススペシャリスト試験

・エンベデッドシステムスペシャリスト試験

・システムアーキテクト試験

・ITサービスマネージャ試験

【最難関レベル】

・プロジェクトマネージャ試験

・システム監査技術者試験

・ITストラテジスト試験

各試験の詳細は今回は割愛させていただきますが、中級レベルまではIT全般に関する内容が幅広く問われ、上級レベル以降になるとそれぞれの専門分野に特化して掘り下げた知識が問われます。
ITの中でどの分野に特化していくかまだ決まっていない方は、まずは応用情報技術者までの取得を目指すのがおすすめです。応用情報技術者試験に合格すれば、それ以降のスペシャリスト試験の一部が免除になります。
まずは応用情報技術者試験の合格を目指しつつ、その後どのようなスキルを身につけていくか考えると良いでしょう。たとえば、ネットワークのスキルを高めたいならネットワークスペシャリスト試験、技術よりもマネジメントに力を入れたいならプロジェクトマネージャ試験、といったイメージです。
応用情報技術者試験は万人におすすめですが、それ以降の試験については、たとえば上級レベルの試験は受けずに最難関レベルの試験を受けるといった形でも問題ありません。

プログラミング関連資格


フリーランスとして参画したい案件でプログラミングのスキルが必要な場合、それぞれの言語の資格が役立ちます。具体的には、「Oracle 認定 Java資格」「PHP技術者認定試験」「Ruby技術者認定試験」などが挙げられます。
もちろんこれらの言語を使用して実際にシステム開発を行った実績があればベストなのですが、まだ実績がない場合は資格で一定のスキルを証明できます。

OS関連の資格


システム開発においては、ほぼ確実にOSを使用することになります。普段パソコンを操作しているだけでもOSを使用しているのですが、システム開発では特にサーバー側のOSを操作することが多いです。
そのため、OS関連の資格を取得しておくことでシステム開発に役立ちます。またOSコマンドはプログラミングに比べるとよく使用するコードがそこまで多いわけではなく、資格試験で身につけたスキルがそのまま実践でも役立ちやすいです。

まとめ

フリーランスは会社員に比べ、クライアントに評価される機会が多いです。そのため、資格を取得していることで案件獲得率アップや単価アップにつながる可能性があります。また、自分自身のスキルを高めるうえでも有効でしょう。
どのような案件を希望するかが明確に決まっている場合は、その案件に合った資格を取得するのがベストです。まだ具体的に決まっていない場合は、今回ご紹介したようなIT業界で王道かつ評価の高い資格から取得するのがおすすめです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY