【集客ツール】利用のメリットやオススメのツールをご紹介

Web集客 Web集客

INDEX

この記事は集客を効率的に行いたい方に向けて

・集客ツールの概要やメリット
・オススメの集客ツール
・集客ツール利用時の注意点

といった点について簡単に解説していきます。 

集客ツールの利用を検討されている方は、是非一度ご確認ください。

集客ツールとは

初めに集客や集客ツールとは何かについて、おさらいも兼ねて確認しておきましょう。

■そもそも集客とは


そもそも集客とは何かについてですが、集客は読んで字のごとく顧客を集めることを指します。

顧客に知ってもらうために様々なアプローチを展開するとともに、自社の製品・サービスに興味を持ってもらうためのコミュニケーションを実施していく一連の流れのことと言えるでしょう。

集客は大きくオフラインで行う方法と、オンラインで行う方法に分かれます。

前者には折り込みチラシやDM、店頭広告などといった方法があり、後者であればSNSやWebサイトによるコンテンツ配信などの方法が代表的でしょう。

■集客ツールとは


集客ツールとはこれらの集客方法を効率よく実施するために役立つツールのことを指し、基本的にはオンラインでの集客に利用されることになります。

特に店舗型ビジネスを展開している場合、集客ツールを利用することによる恩恵は大きく、実際利用している企業も多いと言えるでしょう。

具体的なツールについては、後ほど紹介します。

集客ツールを利用するメリット

具体的な集客ツールのご紹介に入る前に、集客ツールを利用することで得られるメリットについて、押さえておきたいと思います。

■メリット①:顧客に対して直接情報を届けられる


まず一つ目に挙げられるメリットは、「顧客に対して直接情報を届けられる」という点です。

集客ツールの多くはプッシュ通知機能を搭載しています。

プッシュ通知機能とは、スマートフォンのロック画面にメッセージを表示させる機能で、セールや新製品の情報などを届けることができます。

このプッシュ通知機能を活用すれば、メッセージを届けたい顧客だけに直接通知することができ、開封される確率もメルマガなどと比べ高い傾向にあるので、大きなメリットと言えるでしょう。

■メリット②:リピーターを獲得できる


またリピーターを獲得できるという点もメリットとして挙げられるでしょう。

集客ツールを活用し、定期的に顧客にとって有益な情報を提供したり、特典やクーポンなどを提供したりすることで、顧客のロイヤルティを高めることができます。

その他会員制度やポイント制度などといった機能を持つツールを用いることで、リピーターの獲得にも繋げることができるのです。

■メリット③:集客の効率を高められる


集客の効率を高められる点も見逃せません。

集客ツールは顧客に対して様々な情報を直接提供できることは勿論、各アプローチに対して顧客がどのような行動をしたか、といった分析を行うことができます。

そのため実際に効果の出ているアプローチをよりブラッシュアップしたり、効果の出ていないアプローチを改善したりすることもでき、集客活動全体の効率を高めることができるでしょう。

オススメの集客ツール

ここからはオススメの集客ツールについてご紹介していきましょう。

■オススメの集客ツール①:SNS全般


まずご紹介する集客ツールは、SNS全般です。

FacebookやTwitter、InstagramといったSNSは集客ツールとしても活用することができます。

SNSは基本的に無料で利用できる上、Web広告などと比べ拡散性に優れており、集客経路として非常に優秀です。

各SNSにおいてアカウント運用を実施し

・新製品・サービスの情報
・製品・サービスに関する豆知識
・自社サイトの紹介

といった内容を提供することで、多くの顧客へとアプローチすることができるでしょう。

また各SNSにおける投稿は勿論、プロフィールに自社サイトや販売サイトのURLを記載しておけば、集客チャネルとしての役割も果たすことが可能と言えます。

店舗型ビジネスは勿論、その他のビジネスにおいても集客ツールとして活用できるため、オススメです。

■オススメの集客ツール②:GMOおみせアプリ


続いてご紹介する集客ツールはGMOおみせアプリです。

GMOおみせアプリはGMOデジタルラボが提供する店舗用集客ツールであり、2,800社/8,000店舗の導入実績を持ちます。

GMOおみせアプリの主な機能としては

・プッシュ通知やクーポン配信による来店促進
・ポイント制度や回数券チケットによる接点強化
・新製品やセールなどの情報発信
・顧客の属性情報や来店履歴などの管理

といったものが挙げられます。 

店舗型ビジネスであれば、これらの機能を活用することで効率的に集客に取り組むことができるでしょう。

■オススメの集客ツール③:LINE公式アカウント


LINE公式アカウントも強力な集客ツールとして活用できます。

LINE公式アカウントを用いれば、対複数の顧客と個別にコミュニケーションを取ることは勿論、各種セールやお得な情報などを発信することが可能です。

LINEと聞けばどうしてもコミュニケーション面の機能にフォーカスしがちですが、集客において重要になってくるプッシュ通知やクーポン発行、地図アプリ連動といった機能も有しています。

2022年における日本のLINEユーザーは約9,000万人にも達しており、その点も集客において有利に働くことは間違いないでしょう。

集客ツールを利用する際の注意点

最後に集客ツールを利用する際の注意点について、確認しておきます。

■注意点①:事前に戦略を立てておく


一つ目の注意点は事前に戦略を立てておくという点です。

どんな顧客を集客したいのか、顧客の持つどんなニーズに応えたいのか、によって活用すべき集客ツールも、そこで提供すべきコンテンツも異なってきます。

そのため戦略もなく集客ツールを導入したとしても、効果を発揮するどころか、ツールの運用などに工数が発生するだけといった事態になってしまいます。

そういった事態を防ぐためには、あらかじめ集客やマーケティングにおける戦略を立てておくことが重要になるのです。

■注意点②:運用ルールを策定しておく


SNSを集客ツールとして活用する場合は、運用ルールを事前に策定しておくことも注意点として挙げられます。

SNSは気軽にユーザーに対して情報を発信できるため、ルールもなく運用してしまえば、提供すべき情報やタイミングに一貫性が無くなったり、ブランドイメージを毀損してしまったりといったリスクが生じるのです。

そのため

・誰が
・どんな情報を
・どんなタイミングで、どんな頻度で
・どういった形で

提供するのかといった、基本的な運用ルールを策定しておきましょう。 

またSNSのアカウント運用ではどうしても炎上のリスクが伴うため、炎上した場合の対処方法なども事前に決めて、運用メンバー間で共有しておくことをオススメします。

まとめ

今回は集客ツールについて、概要や利用のメリットを踏まえつつ、オススメの集客ツールや利用する場合の注意点などについてお話してきましたが、いかがでしたか。

集客はマーケティングにおいても重要なプロセスであり、集客が疎かになってしまっては将来の売り上げを見込むことは難しいでしょう。

そのため集客に力を入れることは、事業の安定には欠かせないと言えます。

この記事をきっかけに集客ツールの活用を検討していただき、貴社の集客効果を高めていただければ幸いです。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

心を動かすプロモーション

戦略立案からユーザーの「好き」を引き出すクリエイティブ制作・実行まで

プロモーション戦略の立案・実行・運用・改善までワンストップで対応。
・マーケティング担当がいない
・既存サービス(商品)の販売が伸び悩んでいる
・新規サービスを早々に認知拡大したい
・現状の課題を適切に分析できていない
など、プロモーション施策への課題がある方はお問い合わせ下さい。課題を的確に捉えて、オウンドメディアや広告など最適な案をご提案いたします。

サックルのプロモーション戦略

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY