デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

採用におけるキャッチコピーとは?作り方や効果を徹底解説

2020/11/05

採用におけるキャッチコピーとは?作り方や効果を徹底解説

採用活動を行ううえで、優秀な人材を集めるために重要な役割を果たすキャッチコピー。とはいえ、「キャッチコピーって必要?」「キャッチコピーはどうやって作るの?」など疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は採用におけるキャッチコピーの重要性や作り方、事例についてご紹介します。採用に関するキャッチコピーについて詳しく知りたい方は本記事をぜひ参考にしてみてください。

採用におけるキャッチコピーの重要性

企業の採用ページを閲覧すると、目に飛び込んでくるのはインパクトのあるキャッチコピーです。こうしたキャッチコピーにはどのような効果や役割があるのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

キャッチコピーの役割


キャッチコピーとは、そもそも商品や作品に興味を抱かせるきっかけやフックをつくり出す役割があります。キャッチコピーによって学生や中途の心をぐっと掴み、自社に興味を持ってもらいます。採用競争が激しくなればなるほど、印象に残っていることや気になることは重要なポイントとなるからです。Webサイトのトップにキャッチコピーが載っているのはこうした理由からです。

キャッチコピーによって得られる効果


ここではキャッチコピーによって得られる3つの効果を解説します。

 

記憶や印象に残りやすい


直観的にいいなと思ったキャッチコピーは記憶や印象に残りやすいものです。記憶の片隅にでも何かが引っかかったら、こちらの作戦通りです。短い言葉でターゲットに刺さるキャッチコピーは、採用活動におけるスタートラインの一つと考えられます。

 

ブランディングにつながる


経営理念や企業風土をキャッチコピーに盛り込むことができれば、ブランディング効果も期待できます。単に感覚に訴えかけるキャッチコピーとは差別化を狙うこともできます。

 

ミスマッチを防げる


求める人物像や企業風土がキャッチコピーに反映されていれば、そうした理念や価値観に共感する求職者が集まりやすくなります。応募者の質を統一化することで、双方のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

ターゲットに届くキャッチコピーの作り方

それではターゲットに届き、かつ応募者を増やすためのキャッチコピーの作り方を見ていきましょう。ここでは3つのステップをチェックしていきます。

ステップ①:ターゲットを明確にする


まずは自社がどのような人材を求めているのか、ターゲットを明確にしましょう。

キャッチコピーは「誰に、何を、どう伝えるか」が大切です。その中の「誰に」をしっかり考えましょう。採用したい相手に対してメッセージを発信できなければ、求めていない人材が集まってしまい、キャッチコピーを作ったところで効果的とは言えないからです。

ターゲット層を考えるときに「MUST」と「WANT」に分けて考えてみるのも一つの手です。キャッチコピーには全てのターゲット層を網羅することはできないため、どうしても外せない「MUST」の部分を活かすことになるでしょう。

ステップ②:自社の魅力やPRポイントを抽出する


次に自社の魅力やPRポイントを抽出しましょう。

キャッチコピーの「誰に、何を、どう伝えるか」を「何を」を大きく広げて考えていきます。まずは経営理念やビジョン、強みや特長など思いつくままに書き出してみましょう。この段階では一つに絞る必要はないため、できるだけ多くの情報をアウトプットすることが大切です。

最後に、ターゲット層が求めることと自社の魅力がマッチすることと、マッチしない部分に分けておくと、次のステップに進みやすくなります。

ステップ③:キーワードを設定する


そして最後にキャッチコピーの核となるキーワードを設定しましょう。ここで重要なのは、ターゲットの視点に立って考えることです。

ターゲットの視点からキーワードやフレーズ、キャッチコピーに関するアイディアを出していきましょう。例えば、次のような視点で考えてみるのも良いでしょう。

・1フレーズに特化

・求める人物像を端的に描く

・ターゲットの価値観やニーズに合っている

・インパクトや印象に残る

・自社のPRポイントが記されている

・企業風土やミッション、ビジョンが反映されている

複数の案を出してみて、いまいちピンとこない場合は、他企業のキャッチコピーを参考にしながら、再考するのも一つの手段です。

新卒採用におけるキャッチコピーの事例

それでは実際に新卒採用におけるキャッチコピーの事例を見ていきましょう。

「いい子になるな、いい個になれ。」株式会社三井住友銀行




株式会社三井住友銀行は、仕事内容や職種というよりも、求める人材像をキャッチコピーで表しています。「いい子」と「いい個」で韻を踏みつつ、相反する語にすることで、訴求効果が高まっています。

「地図に残る仕事。」大成建設株式会社




大成建設株式会社は、建設業という業種や仕事内容を端的に表したキャッチコピーです。「地図に残る仕事。」という表現の背景には、「そんな仕事をしてみたくはないか?」と訴えかけていることがわかります。

「ほかにはないアンサーを。」オリックス株式会社




オリックス株式会社は、これまでの求める人材像でも、業種に関するものでもなく、仕事に対する姿勢や熱意がキャッチコピーに表現されています。企業風土がうまく反映されており、それに即した人材が応募してくるでしょう。

まとめ

今回は採用におけるキャッチコピーの重要性や作り方、企業の具体事例をご紹介しました。

キャッチコピーは求職者にとって一つの入り口となるだけでなく、その後の人材獲得を左右する一つのファクターにもなりえます。「誰に」「何を」伝えるのかを明確にして、求職者に届くキャッチコピーをぜひ検討してみてください。

成果報酬型の広告運用 手数料0円で集客を最大化

今日から始めるWeb広告。成果が出るまで費用はいただきません。

設計から運用、LP制作まで、web広告のプロが貴社の集客・売り上げを伸ばします。成果報酬型だから低予算でもすぐに始められる。成果を共有し、同じ目標を目指します。アフィリエイトのご依頼・ご相談も承っております。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。