ニーズを知ることはビジネスチャンスを広げる!

2017/08/03

世の中のニーズが生まれる時とは

そもそもニーズって何なの?

「市場にニーズはあるのか?」「顧客のニーズを知れ!」「ニーズに対応しろ」なんて単語が会議の時あるいは新商品やサービスをリリースするときに考えると思います。

では「ニーズ」とは何なのか?それは、人の生まれ持った潜在欲求(シーズ)が色んな環境に応じて顕在欲求(ニーズ)として現れます。そして、ビジネスシーンにおいてもこのニーズとは何かを知ることが大切だと思います。
具体的に観る前に一度は聴いたことあると思う「マズローの5段階欲求」を見ましょう。

一般的にニーズは大きく2つ存在します。
1.潜在ニーズ(シーズ)
2.顕在ニーズ(ニーズ)

そして、この潜在ニーズとは、マズローが言う人が生まれ持った5つの欲求、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、尊敬(認知・地位・承認)、自己実現欲求となります。

生理的欲求→「喉が乾く」「睡眠」「腹が減る」
安全欲求→「安全なところに・場所に住む」
社会的欲求→「友人を持つ」「人と繋がっていたい」
尊敬欲求→「評価されたい」「高い地位にいたい」「人から尊敬されたい」
自己実現→「夢の実現」(創造的欲求)

そしてこれらの欲求は図にも記載してますが、下から上の順番でしか欲求を満たすことはできないと考えられています。
マズローの説明はこれぐらいにして、マーケティング観点でニーズとビジネスについて考えていきます。

ニーズとは?

・顕在ニーズ・・・誰もが気づいているニーズ
・潜在ニーズ・・・顧客や売り手も気づいていない隠れたニーズ
・ミクロニーズ・・・顧客から出てくる要望→これだけではダメ
・マクロニーズ・・・市場トレンドから導き出せるニーズ

世の中が変わると→ニーズが変わる→気づくか、気づかないか、ここがビジネスにおいて大きく収益に関与してきます。

マクロとミクロニーズ


●車の中が暑いので窓につける日よけが欲しい→ウィンドウ日よけのミクロニーズ(顕在)
●ポットの余ったお湯を捨てている→小容量ポットのミクロニーズ(顕在)
●3Dプリンターの認知度が上がってきている→3Dプリンターのマクロニーズ(潜在)
●工事する職人が減ってきている→工事の簡単化(道具)のマクロニーズ(潜在)

人々の生活環境や社会環境が変わる時に必ず、そこにトレンドが生まれ欲求を満たそうとギャップが生まれます。そこにビジネスチャンスがあります。ここ最近だと、インターネットのインフラによる影響が大きい事に加え、スマホ・クラウド・AI・IOTなどがありますが、これは物だけではなくサービスなども変化します。保険のカタチや配送モデルの変化や音楽配信サービスや動画配信・SNSも大きな変化と言えます。

ビジネスのギャップによる参入余地



環境変化によってユーザーの欲求が変わりそこにニーズが発生します。現状のモノや方法、あるいは行動などがギャップを生み、そこにビジネスチャンスが生まれ参入チャンスの可能性が出てきます。

最後に・・・


潜在ニーズを誰よりも早く気づき、調べることが大切です。そのために、マーケティング担当者やマーケッターといわれる方々は日々、トレンドや消費者動向・生活様式そのものを調べる努力をしているかと思います。潜在ニーズを知ることはブルーオーシャンへの一歩かもしれません。

ご依頼・ご相談はこちら