感情を動かすバズマーケティング

2017/08/09

感情を動かすバズマーケティング

人の感情を揺さぶるとは?

ソーシャルメディアが当たり前となった昨今、人は「面白い!」や「なるほど!」「凄い!」と思ったことに対してシェア「共有」する傾向にあります。見る人の感情を揺さぶり、そのコンテンツを一人歩きさせ認知やブランディングさせるマーケティング手法をバス(バイラル)マーケティングという。

バズ(バイラル)は狙ってできるのか?

バズマーケティングは今やSNSやWebサイトが主流となっているが、スマホが登場する以前は、口コミ(マーケティング)と言われていた。人から人へ噂が口々に広がって、学校や社会の間でブームとなっていた。この現象は口コミを利用したものである。

口コミの接点(媒体)となったのが「人の口」であり「言葉」でした。しかし、現在はスマートフォンを通じて「いつでも」「誰とでも」「手軽に」シェアすることができ他に人にどんどん広がりを見せます。これを「バズる」もしくは「バイラルする」と言います。

ウイルスのように感染していくコンテンツを実際に作り出し、多くの人に広がっていく、そのようなことが本当にできるのだろうか?

そのヒントとなるのが人の行動心理や思考といったものが考えられます。

人間は必ず「基準」「常識」「枠」に当てはめて思考したり行動しています。
そして、その「常識の枠を超えた」体験を得た時に気持ちに変化が起き、感情が揺さぶります。世界中に広がっていくコンテンツは人の感情を揺さぶったものが大半をしまています。

ユーザーの感情をどうしたいのか?

Webサイトや動画などで話題になっているコンテンツには感情を動かすキーワードがあります。そのキーワードは「心を動かす」ということは共有しており「常識」の枠を超えた先に感情が動き思わず人に「伝えたくなる」行動に移ります。

笑い=面白い・楽しい
思わず笑ってしまう行為や言動など、お笑い系コンテンツ

感動=すごい・驚き
未体験や非常識、今まで見たことが無い物体や生物を紹介するコンテンツ
神業、人知を超えた技、精密さ、パフォーマンスなどのコンテンツ

なるほど!=納得・知識
クイズ型や診断型コンテンツ、偉人伝説やHOW TOコンテンツ

哀れみや同情=悲しい・かわいそう

救済型コンテンツ

愛らしい・可愛い・綺麗・素敵
動物や美男・美女コンテンツ
猫や犬などの仕草や行動など

バスマーケティングを仕掛ける

実際にどのように考えで進めて行くのがベストなのかを説明します。
あらためて説明しますが、人間の「枠」「基準」「常識」を超えたところにバズ化は起こります。それを踏まえて・・・

1,アイデアを出してから「枠」「常識」を考える


まずは「アイデア」を出し、そのアイデアが「どの枠」「どのセグメントで」「どんなターゲット」に対して話題になるかを考える。そして大事なのはそのコンテンツがどんな目的を果たすのかを必ず最初に考える。

2,コンテンツの種類・発信方法


そのアイデアをどんなコンテンツで発信するのかを考える。記事(ブログ)なのか、動画コンテンツなのか、写真、それらをどのプラットフォームを使って発信するのかを決める。

3,長さを考える


だらだらコンテンツを流したり書いたりするのは、バズ化で効果を生むときに大きく左右します。スマートフォンで手軽に見れることが広がる要因の一つです。
「短時間に」「お手軽に」

4,バズ化させる仕組みを考える


フェイスブック広告やユーチューブ広告など利用し適切に設定すればスピードや効果は上がる。もちろん広告を使わず世界中に広がったコンテンツも数多く存在する。素早く目的を達成するために広告などを使って「リーチ」することも念頭に置いた方がいい。

5,効果検証


もちろんマーケティング活動の一つなので、必ず効果検証をしなければなりません。「目的」に対してどのような効果をもたらしたのか?
サイトやアプリであれば様々数値を「KPI」にすることができ効果検証を行うことが出来る。そしてその結果を持って次に活かすことも忘れてはいけない。

ご依頼・ご相談はこちら