【フリーランスの年収】平均年収や年収 UP のポイントをご紹介

フリーランス フリーランスマネー

INDEX

・フリーランスの年収の定義は?
・フリーランスの年収ってどれくらいなの?
・年収を上げるにはどうすればいいの? 

この記事は上記のような疑問を抱かれている方に向けて、フリーランスの年収の定義を踏まえつつ、年収データや年収を高めるポイントを解説していきます。

これからフリーランスになる方や、フリーランスになりたいと考えている方は、是非ご一読ください。

フリーランスの年収とは

まずはフリーランスの年収の定義などについて確認しておきましょう。

■フリーランスの年収の定義


フリーランスの年収についての定義を知るには、まず年商という概念を把握する必要があります。

・年商とは

年商とは1年間で得た売上高です。

1月~12月の総売上が500万円だった場合、この500万円が年商となります。

・年収とは

年収は年商から必要経費を差し引いたものです。

フリーランスが事業活動を行い、売上を上げるには様々な経費が必要になるでしょう。

例えば先の500万円の売り上げを挙げるために、150万円経費が掛かったとします。

この場合年収は500万円―150万円=350万円となるのです。

・手取り

手取りは、この年収から税金や保険料を差し引いたものになります。

フリーランスは会社員と異なり、売上がそのまま入ってくるため、売上=年収と捉えがちでしょう。 

しかし実際売上から必要な経費を配分しなければいけない上、税金や保険料もここから捻出することになるのです。

■フリーランスにおける主な経費項目


フリーランスが事業活動を行う上で、掛かってくる主な経費は以下の通りです。

・旅費交通費:電車代やタクシー代、出張における宿泊費など

・通信費:郵便代や電話料金、インターネット回線使用料など

・接待交際費:会食や贈答品の購入費用など

・消耗品費:パソコンやコピー用紙、文具などの購入費用など

・新聞図書費:事業の参考となる書籍や雑誌の購入費用など

・外注費:仕事の一部を第三者に委託した場合の委託費用など

・会議費:喫茶店などでの打ち合わせ費用など

フリーランスの年収に関する各データ

ここからはフリーランスの年収に関する各種データについて確認していきましょう。

■フリーランスの年収別の人口構成


まずはフリーランスの年収別人口構成について見ていきましょう。

ここでご紹介するデータはプロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会が公表しているフリーランス白書2022から引用しています。

・200万円以下:21.8%
・200~400万円未満:29.4%
・400~600万円未満:17.5%
・600~800万円未満:11.2%
・800~1000万円未満:8.7%
・1,000万円以上:8.8%
・わからない・答えたくない:2.5% 

こちらは1,236人を対象としたアンケートによる回答から得られたデータです。

このデータを見ると、フリーランスの51.2%は年収400万円未満であることがわかります。

■フリーランスの職種別の年収データ


フリーランスの職種別年収データは、少し古いですがフリーランス白書2020のグラフを引用して確認していきます。

グラフ引用:フリーランス白書2020

上記グラフを見てみると、エンジニア・技術開発系やコンサルティング系のフリーランスは800万円以上の占める割合が高いことがわかります。

対してクリエイティブ・Web・フォト系や出版・メディア系のフリーランスは400万円未満の割合が高めとなっていますね。

■参考:会社員の平均年収


参考までに会社員の平均年収についても確認しておきましょう。

令和2年における会社員の平均年収は433万円です。(民間給与実態統計調査結果

令和2年分申告所得税標本調査結果によれば、フリーランスの平均年収は419万9千円となっているため、会社員と比較して少し低めであることがわかります。

フリーランスが年収を UP させるポイント

最後にフリーランスが年収をUPさせるためのポイントについて、確認していきましょう。

■ポイント①:付加価値を付けられる部分を見極める


一つ目のポイントは付加価値を付けられる部分を見極めるという点です。

フリーランスは昨今増加傾向にあり、どのような分野であっても競合となるフリーランスは多くいます。

そんな中で収入を挙げていくには、どの部分に付加価値を付けられるかを見極めることが重要になります。

・クライアントがやりたがらないこと
・他のフリーランスが対応していないこと 

といった点について分析し、その部分で付加価値をつけることで収入を高めていくことができるでしょう。

■ポイント②:スキルUPを継続する


スキルUPを継続するという点も重要なポイントです。

ある程度クライアントも増え、収入も安定してくると、スキルを維持することはしても、スキルを高めていくための努力は疎かにしがちになります。

しかし年収を高めたいのであれば、スキルUPを継続することが重要になるのです。

一日の中で、スキルUPのために使う時間を設け、着実にステップアップできるようにしましょう。

■ポイント③:継続的に案件をもらえるクライアントを確保する


年収を高めていくには、そもそも毎月安定した収入を得られる状況を作る必要があります。

そのためには継続的に案件をもらえるクライアントを複数確保する必要があるでしょう。

こういった状況が生み出せれば、収入の増減に悩まされることなく、スキルアップや新たなクライアントの開拓活動も落ち着いて取り組むことができるのです。

■ポイント④:エージェントを活用する


エージェントを活用し、高報酬が期待できる案件を紹介してもらうことで、効率的に年収をUPすることができます。

とはいえエージェントを活用したとしても、必ず高報酬の案件を獲得できるわけではありません。

案件を獲得できるかどうかは、最終的に自分自身の責任となるため、しっかりと自らのスキルを高め、実績を作っておくことがポイントになるでしょう。

■ポイント⑤:売上への意識


高年収を実現するには、売り上げ目標を立て、現在の自分の売り上げと比較した上で、そこにたどり着くまでに必要なアクションも考えていく必要があります。

そのため目標売上や現在の売り上げを常に意識することを忘れないようにしましょう。

■ポイント⑥:セルフブランディング


セルフブランディングも効果的なポイントと言えます。

WebサイトやSNSなどを用いて、自らのブランドを確立することで、他のフリーランスと差別化を図ることができます。

ブランディングを実施し、特定領域においてオンリーワンの存在になれば、自ずとその独自性を求めるクライアントが集まり、結果として年収UPも見込めるでしょう。

■ポイント⑦:信頼を得ることを重視する


年収UPを実現するのであれば、クライアントから信頼を得ることは絶対条件と言えるでしょう。

今付き合いのあるクライアントに対し単価交渉などをする場合に交渉しやすくなることは勿論、信頼度が高いと新たなクライアントを紹介してもらえる可能性も高まります。

そのため常日頃から信頼を得られるように、真摯に向き合っていくことが求められるでしょう。

まとめ

今回はフリーランスの年収をテーマにお話してきましたが、いかがでしたか。

フリーランスになりたい方や、これからなるという方にとって、どれくらいの年収を得ることができるのかを把握することは重要になります。

是非この記事を参考に、目標年収を設定してみてください。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY