宣伝とは何か? 効果的な宣伝方法や活動ポイントを詳しく解説!

マーケティング

INDEX

「商品やサービスを生活者に知らしめるために、どのような宣伝方法があるのか知りたい」「宣伝する際はどんなことに注意すべきなのか」そんな疑問をお持ちの方も多いことでしょう。効果的な宣伝が実現できれば、自社にとって様々なメリットをもたらしてくれるでしょう。
そこで当記事では宣伝方法について解説していきます。

宣伝とは何か?

宣伝とはターゲットとなる人々に対して、企業の商品やサービスを理解してもらい、購入や資料請求などにつなげることを目的とした活動のことを指します。
宣伝と似た言葉に「広告」や「PR」という言葉がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?
まず広告は、生活者に商品やサービスを広く知ってもらう活動で「広く知ってもらう」ことを目的としています。そのため、ターゲットに購入や資料請求をしてもらうことを目的とした宣伝とは求めていることが違います。
次にPRは、客観的な事実を中立的に伝えるコミュニケーションのことで、企業側では情報を操作できないという点で宣伝とは異なります。

どのような方法で宣伝を行なうのか?

では、宣伝活動は具体的にどのような方法で行なうのでしょうか?ここでは宣伝の際に活用できる方法について一つ一つ解説していきます。

紙媒体


宣伝方法として従来からあり、様々な企業で使用されているのが紙媒体です。
紙媒体には

・パンフレット

・リーフレット

・チラシ

・カタログ

・ダイレクトメール

などが挙げられます。
紙媒体は商品やサービスについての情報を詳しく記載することができ、持ち運びしやすい、保存しやすいなどのメリットがあります。
また、高齢の生活者ほど紙媒体を好む傾向にあります。

ホームページ


現在、様々な業種の企業の宣伝活動において、インターネットの利用はなくてはならないものになってきており、特に重要なのが自社ホームページです。
ホームページには会社概要、事業内容、取扱商品・サービス内容、IR情報、リクルート、お問い合わせなど、自社における各種情報を詳しく記載し、生活者や取引先などへ効果的な宣伝活動を実現します。
立ち上げただけのホームページも世の中には数多くありますが、読む側にとって有益なコンテンツを増やし続け、検索上位を狙うSEO対策や、広告を活用した集客活動も非常に大切です。

SNS


スマホ利用者の多くはSNSを利用しており、企業によってはマス媒体よりSNSを活用した宣伝活動に重きを置いているところもあります。
SNSは企業から個人生活者にダイレクトに様々な情報を伝えることができ、双方向にコミュニケーションできる点が使用メリットといえます。
また、企業が発信した情報に対し、魅力や好感を持った生活者はフォローし拡散してくれるので、新たな顧客を生み出す宣伝方法として非常に重要な存在です。
しかし、対応を間違ってしまうと「炎上」してしまう恐れもあるため、使用には注意が必要です。

メルマガ、アプリ


既存客にメルマガを送付し、商品・サービス情報を適切なタイミングで伝えることも大切な宣伝活動です。またアプリに個人情報やメールアドレスなどを登録してもらい、クーポン券などを送ることも販促活動や集客活動につながります。

動画配信サービス


動画配信サービスは個人がいつでもどこでも気軽に自分に合った様々な動画を閲覧することができるため、「テレビは見ないけど動画サイトは見る」といった人々も大変増えてきました。例えばYou tubeやTikTokなどを活用して、写真や文章だけの情報にとどまらず、動画で宣伝した方が情報量も多いため効果的といえます。
またテレビCMなどのマス媒体に比べ、比較的安価な広告出稿も可能なため、中小企業でも利用しやすいといったメリットがあります。

サンプリング


例えば街頭で歩行客にサンプル品を配布して実際に自社の商品やサービスを使ってもらうことも宣伝方法の一つです。紙媒体やweb上の各種宣伝活動では、商品やサービスを詳しく伝えることはできても、その多くは企業側の一方的な宣伝となってしまいます。
実際のサンプル品を配布し使ってもらうことで、企業情報だけでは届かなかった魅力や良さをターゲット層に感じてもらうことができます。
サンプリングは街頭サンプリングの他、座談会形式でのサンプリング、店舗を使用したサンプリング、ホームページやECサイト、SNSなどを通じてモニターを募るサンプリングなど方法は多岐に渡ります。

展示会・イベント


展示会やイベントでの出展は自社商品を実際に見込み客に見て、触って体感し、購入してもらうことができる宣伝方法です。
また紙やwebなど媒体を使用した宣伝活動は、見込み客に対し非対面で行なわれますが、展示会やイベントは対面での宣伝活動となるため企業側の人間性も伝わり、関係づくりに効果を発揮することもあります。

効果的な宣伝を行なうポイントとは?

自社の宣伝を効果的に行なうことができれば売上向上のほか、顧客や従業員満足度のアップも期待できます。では、効果的な宣伝を行なうためにはどのようなことがポイントとなるのでしょうか?

計画的に集客を考えよう


宣伝活動を効果的に行なえていない企業の多くは、短期的効果ばかりを期待しています。「せっかく宣伝しても集客できない」「宣伝しても売上につながらない」といった見方で捉えてしまいます。
一般的に見込み客は既存客の約5倍もの宣伝費が必要になるといわれており、回収までには長期的な宣伝プランが必要になります。
例えばテレビ通販などで「初回限定価格」「返金保証」などと謳うのは、見込み客の購入障壁が大きいことを通販会社はよく知っているからです。
また見込み客は商品購入の際、認知⇒興味・関心⇒比較・検索⇒購入と段階を経て購入にたどり着くため、認知と同時に衝動買いをしてしまう人は非常に稀です。そうであるにも関わらず短期的な効果ばかりを期待することは、この稀な人を増やそうと非効率的なことに注力するようなものなのです。そのため、計画的に集客を考えることが大切です。

見込み客をセグメント化する


「どうせ宣伝するならなるべく大勢の人に伝えた方が効果的なのでは?」これはモノ不足の大量生産・大量消費時代の考え方といえます。今はモノも情報も飽和状態で、どんなに新しく魅力的な商品・サービスであったとしても、すべての人が欲しがるわけではなく、いらない人にはまったく不必要なのです。
そのため、生活者のニーズ&ウォンツを探し、自社の商品やサービスはどのような人々が必要で欲しているのかを分析し、見込み客を絞り込みながら宣伝することが重要なポイントになります。

コンテンツマーケティングを活用する


ターゲット層に対して価値や魅力あふれるコンテンツを提供することで自社のファンを増やします。企業はとかく「買ってください!」となかば押し売り的なアプローチをしてしまいがちですが、売ろうとすればするほどターゲット層は逃げて行ってしまいます。
例えばスポーツメーカーが商品を売りつけようとしても、営業を感じ取った人は去ってしまいます。しかし「速く走れる方法」や「誰でも簡単に体が柔らかくなる方法」といったコンテンツを提供した場合、ターゲット層もそこに価値を感じることができれば積極的に情報を得ようとします。そして価値や魅力が深まれば深まるほど、発信企業に愛着がわき、ファンになります。この状態でようやく商品やサービスの認知も向上し、購入促進につながるため、こうしたコンテンツマーケティングの活用は有効といえるのです。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY