宣伝とは何か? 効果的な宣伝方法や活動ポイントを詳しく解説!

マーケティング

INDEX

「どうすれば自社の商品やサービスを消費者に知ってもらえるか」

「どのように宣伝すればいいのか」

「宣伝がうまくいかないのはなぜなのか」

そうした疑問をお持ちの方もいることでしょう。

効果的な宣伝ができれば、様々なメリットがあります。

この記事では、宣伝とは何か、どのように宣伝すればいいのか、宣伝を効果的に行うにはどうすればいいのか、そのような疑問にお答えしていきます。

宣伝とは何か?

宣伝とは、ターゲットとなる人々に対して、商品やサービスを知ってもらい、購入などのアクションにつなげることを目的としたマーケティング活動を指します。
宣伝と似た言葉に「広告」という言葉がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

宣伝と広告の違い


広告は、製品、サービス、ブランド、イベントなどを一般的な大衆や特定のターゲットに対して広く知らせるためのコミュニケーション手段です。広告は、メディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど)を通じて行われることが一般的で、主に有料の広告スペースやメディアの利用料を支払って展開されます。目的は、商品やサービスを宣伝し、消費者の関心を引き、購買やブランド認知を促すことです。広告は、視覚的なデザインやキャッチコピー、メッセージ、ロゴなどを活用して効果を追求します。

一方の宣伝は、製品やサービスの販売促進やブランドの知名度向上を目的として行われるさまざまな活動を指します。広告は宣伝の一部ですが、宣伝は広告だけに限定されず、その他のプロモーション手法も含みます。例えば、セールスプロモーション(割引、特典、クーポンなど)、パブリックリレーションズ(メディア関係者とのコミュニケーション、イベント、報道発表など)、ダイレクトマーケティング(ダイレクトメール、メールマーケティングなど)、パーソナルセールス(営業担当者による直接の顧客接触など)などの手法を組み合わせて展開されます。宣伝の目的は、消費者の購買行動を促進し、製品やサービスに関する情報を伝え、顧客との関係を構築・維持することです。

宣伝の方法にはどのようなものがあるか?



では、宣伝活動は具体的にどのような方法で行なうのでしょうか?

ここでは宣伝に活用できるさまざまな方法・手法について解説します。

広告


宣伝の最も一般的で即効性の高い手法に広告があります。

主な広告には次のようなものがあります。

・テレビ広告

・ラジオ広告

・新聞広告

・雑誌広告

・インターネット広告

デジタルマーケティングが隆盛の時代ですが、チラシやパンフレット、カタログなど紙媒体を使った宣伝も、特に高めの年齢層のターゲットに対して根強い影響力があります。

動画配信サービスの活用


動画配信サービスは、個人がいつでもどこでも気軽に自分に合った内容の動画を閲覧できるため、「テレビは見ないが動画サイトは見る」という人々も大変増えています。

例えばYou tubeやTikTokなどを活用して、動画で宣伝した方が効果的に情報を伝えられる可能性が高まります。

テレビのCMなどに比べて、安価な広告出稿が可能なため、中小企業でも利用しやすいというメリットがあります。

セールスプロモーション


・割引や特典の提供

・クーポンの配布

・ポイントプログラムの実施

・サンプリングや試食イベントの開催

お得感や達成感を提供して顧客の注意を引くことも有効な宣伝方法のひとつです。商品やサービスを実際に体験してもらうことで購買に結びつける考え方もあります。

サンプリングを活用するメリット


例えば街頭で歩行者にサンプル品を配布して実際に自社の商品やサービスを使ってもらうことも、宣伝方法の一つです。

紙媒体やwebを使った各種宣伝方法は、企業側の一方的な宣伝になってしまいがちです。

一方で実際に商品を使ってもらうサンプリングは、企業情報だけでは伝えられない商品の魅力や良さを実際に体験して知ってもらうことができます。

サンプリングは街頭サンプリングの他、座談会形式でのサンプリング、店舗を使用したサンプリング、ホームページやECサイト、SNSなどを通じてモニターを募るサンプリングなど方法は多岐に渡ります。

パブリックリレーションズ(PR)


宣伝と混同されがちなPR活動に以下のようなものがあります。

・メディアリリースの発信

・メディアとの関係構築

・イベントやセミナーの開催

・ブランドアンバサダーの活用

パブリックリレーションズの詳細についてはこちらの記事を確認してください。

関連記事:パブリックリレーションズ戦略で認知度を高める

ダイレクトマーケティング


ダイレクトマーケティングには次のような手法があります。

・ダイレクトメールの送付

・メールマーケティング

・SMSやチャットボットを用いたコミュニケーション

SNSを活用するのが現代流


スマホ利用者の多くはSNSを利用しており、企業によってはマス媒体よりSNSを活用した宣伝活動に重きを置いているところもあります。


SNSは企業から個人生活者にダイレクトに様々な情報を伝えることができるだけでなく、双方向のコミュニケーションが可能である点も大きなメリットになります。

SNSを活用することで、フォローや拡散などの大きな効果が期待できます。ただし、対応を誤ると「炎上」の恐れもあり、SNSの利用に際しては細心の注意が必要です。

関連記事:SNSで認知度向上 プラットフォームの選択とビジネス利用のポイント

イベントマーケティング


・プロモーションイベントの開催

・展示会への出展

・スポンサーシップの活用

展示会やイベントも効果的な宣伝方法


展示会やイベントへの出展は、自社の製品やサービスを実際に見込み客に見てもらい、触って体感してもらうことで知ってもらう宣伝手法です。

対面での宣伝活動ということで企業側の人間性も伝わり、関係づくりに効果を発揮することがあります。

デジタルマーケティング


・ウェブサイトの最適化

・ブログやコンテンツマーケティング

・ソーシャルメディアの活用

・オンライン広告(バナー広告、インフルエンサーマーケティングなど)

ホームページの重要性を侮るなかれ


様々な業種の企業の宣伝活動において、インターネットの利用はなくてはならないものになっており、特に重要なのが自社ホームページです。

ホームページには会社概要、事業内容、取扱商品・サービス内容、IR情報、リクルート、お問い合わせなど、自社における各種情報を詳しく記載し、生活者や取引先などへ効果的な宣伝を実施する必要があります。

立ち上げただけのホームページも世の中には数多くありますが、読む側にとって有益なコンテンツを増やし続け、検索上位を狙うSEO対策や、広告を活用した集客活動も非常に大切です。

関連記事:UI/UXの重要性と最適化のポイント UI/UXマーケティングが果たす役割

口コミ対策


現代のマーケティングにおいては口コミの影響力も無視できません。対策としては次のようなものが挙げられます。

・顧客の満足度向上とリピート購入促進

・オンラインレビューサイトやソーシャルメディアでの評判管理

効果的な宣伝を行なうポイントとは?

自社の宣伝を効果的に行なうことができれば売上向上のほか、顧客や従業員満足度のアップも期待できます。では、効果的な宣伝を行なうためにはどのようなことがポイントとなるのでしょうか?

計画的に集客を考えよう


宣伝活動を効果的に行なえていない企業の多くは、短期的効果ばかりを期待しています。「せっかく宣伝しても集客できない」「宣伝しても売上につながらない」といった見方で捉えてしまいます。
一般的に見込み客は既存客の約5倍もの宣伝費が必要になるといわれており、回収までには長期的な宣伝プランが必要になります。
例えばテレビ通販などで「初回限定価格」「返金保証」などと謳うのは、見込み客の購入障壁が大きいことを通販会社はよく知っているからです。
また見込み客は商品購入の際、認知⇒興味・関心⇒比較・検索⇒購入と段階を経て購入にたどり着くため、認知と同時に衝動買いをしてしまう人は非常に稀です。そうであるにも関わらず短期的な効果ばかりを期待することは、この稀な人を増やそうと非効率的なことに注力するようなものなのです。そのため、計画的に集客を考えることが大切です。

見込み客をセグメント化する


「どうせ宣伝するならなるべく大勢の人に伝えた方が効果的なのでは?」これはモノ不足の大量生産・大量消費時代の考え方といえます。今はモノも情報も飽和状態で、どんなに新しく魅力的な商品・サービスであったとしても、すべての人が欲しがるわけではなく、いらない人にはまったく不必要なのです。
そのため、生活者のニーズ&ウォンツを探し、自社の商品やサービスはどのような人々が必要で欲しているのかを分析し、見込み客を絞り込みながら宣伝することが重要なポイントになります。

コンテンツマーケティングを活用する


ターゲット層に対して価値や魅力あふれるコンテンツを提供することで自社のファンを増やします。企業はとかく「買ってください!」となかば押し売り的なアプローチをしてしまいがちですが、売ろうとすればするほどターゲット層は逃げて行ってしまいます。
例えばスポーツメーカーが商品を売りつけようとしても、営業を感じ取った人は去ってしまいます。しかし「速く走れる方法」や「誰でも簡単に体が柔らかくなる方法」といったコンテンツを提供した場合、ターゲット層もそこに価値を感じることができれば積極的に情報を得ようとします。そして価値や魅力が深まれば深まるほど、発信企業に愛着がわき、ファンになります。この状態でようやく商品やサービスの認知も向上し、購入促進につながるため、こうしたコンテンツマーケティングの活用は有効といえるのです。

関連記事:



集客とは?具体的な方法と効果を解説
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY