デジタルクリエイティブに関する話題をお届け

ECサイトのスクラッチ開発におけるメリットやデメリットについて

2020/06/12

ECサイトのスクラッチ開発におけるメリットやデメリットについて

自社のECサイトをスクラッチ開発したいと考えたタイミング知っておくべきメリットやデメリットについてご存知でしょうか。

今回はECサイトのスクラッチ開発におけるメリットやデメリットをご紹介します。

ECサイトのスクラッチ開発におけるメリット

まずはECサイトのスクラッチ開発におけるメリットをチェックしてみましょう。


他社のシステム利用時の手数料及び規約に縛られない



自社のECサイトを運営する方法はいくつかありますが、ショッピングモールやショッピング機能のあるプラットフォームを利用する場合はシステム利用時の手数料が発生すること、また規約を守らなければならないことを理解する必要があります。

自社でスクラッチ開発によってECサイトを立ち上げた場合は手数料を支払う必要はありませんし、規約やルールも独自に決めることができるという点は大きなメリットと言えます。


デザインや機能を自由に決められる



ショッピングモールやプラットフォームでもある程度はデザインのカスタマイズは可能ですが、やはり根幹となるデザインの骨格やシステムに依存する部分のデザインは自由には決められません。何よりも物足りないと感じていても機能を追加することはできませんし、場合によっては有料オプションとなり、さらにコストが増加することも考えられます。

スクラッチ開発でECサイトを立ち上げれば、デザインや機能は自由自在になるという点もメリットのひとつです。


商品やサービスの値段・価格を柔軟に対応できる



他社のプラットフォームに依存してしまうと、自社の商品やサービスの元となる値段を釣り上げるか、または利益を目減りさせなければならないことも考えられます。

自社のECサイトであれば自社の商品を手数料やその他の維持費用を価格に転嫁したり、利益を目減りさせたりする必要はありません。顧客やユーザーとしても適切な値段・価格で購入できますし、何よりも企業や組織、ブランドやメーカー直販の安心感や信頼感を得ることにもつながります。

ECサイトのスクラッチ開発におけるデメリット

次にECサイトのスクラッチ開発におけるデメリットを見てみましょう。

ASPや各種モール・プラットフォームの恩恵を受けられない



自社運営のECサイトですと、各種モールやプラットフォームのセールや宣伝、広告効果や付随するサービスの恩恵が受けられないというデメリットがあります。

例えば、ポイント◯倍セールや季節や時節などイベントごとのセールなどのタイミングで行われる大々的な広告やパフォーマンスによる売上増が狙えないということです。

基本的に売ること、集客に関しては自力で行う必要があります。広告にしろSEOにしろ、マーケティングの領域は自社、もしくは外注するなどして行う必要があります。

顧客やユーザーとの信頼関係の構築が求められる



ECサイトでは顧客やユーザーが自分自身の個人情報の入力、支払うためにクレジットカード情報を入力する必要があります。企業や組織、ブランドやメーカーとしての信頼関係を早い段階で構築できないと、登録や支払いを躊躇われてしまう可能性があるということです。

同じような商品であれば、既に自分が登録したショッピングモールや他のプラットフォームで購入した方が安心ですし、信頼できるという心理が働くためです。

企業や組織、ブランドやメーカーとしての信頼感や安心感を伝え、セキュリティ面についてもしっかりと取り組むことで、顧客やユーザーの取り込みを行う必要があります。

導入コストやランニングコストの回収が難しい場合も



ECサイトやEC事業の規模や売上、利益などに見合ったコストでない場合、開発分のコストが回収しにくい、または無駄に感じられてしまうことも考えられます。

もちろん、EC機能を持つ自社サイトを持つこと自体はこれからの時代で必須でありますが、うまく利益を生み出せなければ、宝の持ち腐れになってしまうということです。同時に商品やサービスの単価や価格帯によっては、利益が少なすぎてやはり回収できないということも考えられるでしょう。

場合によってはショッピングモールまたはプラットフォームを利用した方がトータルのコストが安い可能性があることも検討すべきと言えます。

受託開発会社として15年の実績を持つSackleでは、「こういうものを作りたい」というお客様の希望を形にするお手伝いをいたします。設計力、提案力にも自信がありますので、ECサイトの構築を検討中であればお気軽にご相談ください。IT導入支援事業者として、IT導入補助金を活用しECサイト構築も可能です。

まとめ:集客から売上=利益になるまでの導線を明確に

今回はECサイトのスクラッチ開発におけるメリットやデメリットをご紹介しました。

スクラッチ開発による自由度やオリジナリティと導入や運用時のコストを考えると、自社の商品やサービスの利益次第でプラスとなるか、マイナスとなるかの別れ目となります。EC事業によって収益の底上げをしたいのであれば、集客から売上=利益になるまでの導線を明確にすること、運営側の利益だけでなく、顧客やユーザー側の利益となるようなイメージを持つことが大切です。


最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が自社のECサイトをスクラッチ開発したいとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

圧倒的な企画・設計・提案力 「すべて国内」安心のシステム開発

国内4拠点60名のクリエイター集団が「使う」ことが喜びとなるシステムを制作します。

官公庁・大企業・中小企業・スタートアップ。豊富な開発経験で幅広いニーズに対応。、国内完結だからこその安全とスピード。提案、設計、開発、テスト、保守、リニューアル、機能追加。あらゆるフェーズから参画いたします。

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。