プレスリリースとは?5つの伝え方

2019/10/08

プレスリリースとは?5つの伝え方

新商品やイベントの情報などをメディアに告知する「プレスリリース」。大手メディアなどに情報が掲載されると大きな集客効果が望めます。しかし、必ずしも相手に採用されるわけではありません。今回お伝えする5つの方法を使い、効果的に情報を伝えていきましょう。

プレスリリースとは?ニュースリリースとの違いは?

プレスリリースとは、自社の活動内容をメディア各社に伝えることを指します。新商品やサービスを発表したり、イベントを開催するときなどに利用されるのが、このプレスリリースです。

たとえば、新しい商品をリリースしたことを新聞社に伝えたとしましょう。すると、興味を持った新聞社から取材の申し込みがあり、詳しい内容をメディアで紹介してくれます。その結果、商品の販売数を高めることができたり、自社サイトへの訪問数をアップさせることへと繋がるのです。

ただ、現在はWeb媒体のメディアも多数出てきています。なかには、自社でブログやオウンドメディアの運営を行い、ユーザーへ直接情報を発信する企業も増えてきました。

そこで、メディアにプレスリリースを寄稿するのではなく、自社サイトを通じて活動をアピールする手法も確立しています。これを「ニュースリリース」といいます。自社の活動内容を発信するという意味ではプレスリリースとニュースリリースに違いはありませんが、ニュースリリースは、ユーザーに直接情報を発信することが特徴です。

プレスリリースには高額な費用がかかりますし、必ずしもメディアで掲載されるわけではありません。そのため、ネットで情報を調べることが当たり前になった現代では、ニュースリリースのほうが効果的な手法といえるでしょう。

プレスリリースの効果的な伝え方5選

プレスリリースやニュースリリースにかかわらず、情報を発信する場合には、「読んでもらう仕組み作り」が欠かせません。

メディアには大量のプレスリリースが届きますし、自社で情報を発信する場合も、競合となるライバル企業はたくさん存在しています。そのため、「どこにでもあるような情報」では、膨大なWebコンテンツのなかに埋没してしまうのです。

ここでは、プレスリリースやニュースリリースに効果的な5つの伝え方を紹介していきましょう。

方法(1)希少価値のある情報に絞る


プレスリリースを行う場合、希少価値のある情報を発信することが何よりも重要です。自社にしか発信できない情報であれば、それだけで競合他社にはない独自性となります。

たとえば、イベント情報を発信するときは、「先着○○名様のみ」「ここでしか聞けない内容をお届け」など、限定的なキャッチコピーを使うことが一般的です。人は希少性のあるものほど高い価値を感じるものなので、細かい文言まで意識してみましょう。

方法(2)エンドユーザーを意識する


プレスリリースを発信するときは、必ずエンドユーザー(最終消費者)を意識しましょう。

特に、BtoB(企業対企業)取引がメインの企業であれば、エンドユーザーではなく直接的な顧客をターゲットにプレスリリースを発信することも少なくありません。しかし、BtoB企業であっても、その商品やサービスは最終的に消費者のもとへ行くため、エンドユーザーを意識することが重要となってきます。

方法(3)類語や言い換え言葉を活用する


エンドユーザーを意識すると、プレスリリースで利用する言葉や表現も変わってきます。類語や言い換え言葉を用いて、できるだけエンドユーザーが理解しやすい表現をしましょう。

BtoB企業だと、直接的な顧客に情報を発信するときは専門的な言葉を多用しても問題ありません。相手も専門的な知識を持っていることが多いからです。しかし、エンドユーザー相手のプレスリリースになると、専門知識をより噛み砕いて説明してあげる必要があります。

このように、情報を発信する相手が異なると、適切な言葉の表現も変化します。

方法(4)ストーリーを加える


効果的なプレスリリースを行うには、文章構成にストーリーを加えてみましょう。

ストーリーは人の共感を誘ったり、感動や喜びといった感情を刺激することに役立ちます。単なる企業のお知らせであっても、ストーリーのある展開にできれば、ユーザーの興味や注意を惹きつけることが可能です。

方法(5)具体的に表現する


プレスリリースでは、内容をできるだけ具体的に表現することも効果的です。

たとえば、「東京ドーム3個分の広さ」という表現を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、そのものの広さをより具体化させた分かりやすい事例です。内容が具体的になるほど、メディアの担当者やユーザーは情報を頭のなかでイメージしやすくなります。

参考:プレスリリースの書き方と方法のまとめ「選ばれる」記事ネタの作り方

まとめ

プレスリリースは、単に情報を発信しているだけではメディアに取り上げてはくれません。ニュースリリースの場合でも、必ずしも情報発信するだけでユーザーからの効果的なアクションに繋がるわけではないのです。

そのため、今回お伝えした5つの伝え方を使い、より魅力的なリリース情報の発信を心がけましょう。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。