オウンドメディアのマネタイズ方法3選

2019/10/04

オウンドメディアのマネタイズ方法3選

オウンドメディアでは、何も考えずにコンテンツを発信しているだけではマネタイズに繋がりません。自社の商品を把握し、そこから集客に繋がる施策を実行していくことが重要です。今回は、オウンドメディアのマネタイズ方法を3つのポイントから解説していきます。

自社サイトで売上に繋がるものは何か?

オウンドメディアのマネタイズを行うには、「どうやって収益化を実現するか」という計画を立てておくことが何よりも重要です。Web業界では、ブログや動画を発信していれば自然に儲かるというわけではありません。

そのためには、まず「何を商品にするのか」を考えていかなければならないでしょう。

たとえば、物販の場合なら自社の商品、サービスサイトならセミナーやサブスクリプション(定額制サービス)などが「お金を生み出す主体」となります。ほかにも、アフィリエイトサイトなら、企業の広告や情報商材が商品の役割を果たします。

そして次に、その商品に繋がる導線を描いていかなければなりません。一例を挙げると、ブログや情報コンテンツでユーザーの悩みを解決し、そこから商品の購入ページへ誘導するという方法などがあります。

このように、オウンドメディアのマネタイズを考える場合、「何を売るか」「どのように売るか」ということを事前に考えておきましょう。

オウンドメディアの3つのマネタイズ方法

オウンドメディアのマネタイズをするための計画を立てることができれば、今度は具体的な施策を考えていきます。

Web上で収益をあげる方法は様々ですが、どんな施策を行うにしても「アクセス数」が必要です。どれだけ優れたコンテンツを発信していても、誰にも見られないようなものではマネタイズも成り立ちません。

そのため、ここでは、オウンドメディアへのアクセス数を高める方法に絞って解説を行っていきます。

方法(1)SEO・Web広告を活用する


オウンドメディアの基本的な集客術はSEOとWeb広告です。

どちらも自社サイトへのアクセスを飛躍的に高める施策となりますが、それぞれの効果には若干の違いがあります。

SEOは、一度コンテンツを発信してしまえば持続的に集客効果を見込めますが、成果がマネタイズに繋がるまでに時間がかかります。一方、Web広告は、短期間に圧倒的な集客効果を高めることができるものの、高額な費用がかかることも珍しくありません。

オウンドメディアの性質や目的に沿って、どちらの施策がよいのか、それとも両方を併用するかという選択が必要になってきます。

方法(2)コンテンツマーケティングを活用する


オウンドメディアのマネタイズには、コンテンツマーケティングも大いに役立ちます。

コンテンツマーケティングとは、自社サイトに集客したユーザーに価値の高い情報を提供し、商品ページなどに誘導していく施策です。基本的に、SEOやWeb広告で見込み客を獲得し、コンテンツマーケティングによって売上獲得までの導線を繋げていきます。

このように、コンテンツマーケティングは単独で行うよりも、ほかの集客手段などと併用することが一般的です。

方法(3)SNSを活用する


SNSを活用するのも、オウンドメディアのマネタイズをする一つの方法です。

たとえば、ツイッターでプロモーション広告を行い自社サイトへ多くのユーザーを流入させる方法が使えます。ほかにも、ユーザー参加型のキャンペーンを組んだり、1対1のコミュニケーションツールで顧客満足度を高めるなどの方法が代表的です。

こうしたSNSを使った手法をソーシャルマーケティングと呼びます。もちろん、SEOやコンテンツマーケティングとも相性が良いので、すべて併用することも可能です。

まとめ

オウンドメディアのマネタイズをする場合、まずは売上やコンバージョンに繋がる商品についてしっかりと考えておきましょう。そして、マネタイズに重要な集客力を高めるため、今回お伝えしたSEOやコンテンツマーケティングといった施策を行います。

今回の記事を参考に、収益を生み出すWebサイトを作ってみてください。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。