コンテンツSEOとは何?基礎を分かりやすく解説

2019/09/25

コンテンツSEOとは何?基礎を分かりやすく解説

「コンテンツSEOとSEOの違いがイマイチ分からない」
「どうすればより多くのユーザーにアクセスしてもらえるのか知りたい」

検索によって情報を調べる人が多くいる今では、コンテンツによって集客する手法が重視されています。コンテンツSEOを実施することでWebサイトのアクセス数を増やすことが可能です。

この記事では、コンテンツSEOの概要や実施する方法について紹介します。

コンテンツSEOとは

ユーザーはGoogleなどで検索をして、結果に表示されたWebサイトを訪問します。検索結果に表示されるには検索エンジン最適化が必要であり、英語でSEOと呼ぶのが一般的です。

最近では検索アルゴリズムの強化によって、テクニックだけでは検索結果の上位に表示されるのが難しくなりました。ユーザーに役立つコンテンツが評価されるため、コンテンツSEOが重視され始めたのです。

コンテンツとはWebサイトで発信するテキスト情報や画像、動画などの中身を意味します。Webサイトの中身があればあるほど、充実しているほど、検索流入を増やしやすくなるのがポイントです。

コンテンツが必要とされる理由



従来では役に立つコンテンツを発信しなくても、運営するWebサイトの検索流入を増やすことは可能でした。Webサイトの被リンクを増やしたり、コピペだらけのコンテンツでも検索エンジンの対策ができていました。

しかし役に立たないWebサイトが上位に表示されると、インターネット検索を嫌うユーザーが増えるリスクがあります。

そのため検索エンジンの運営会社はアップデートを繰り返して、質の高いコンテンツがあるWebサイトを上位に表示されるよう調整しました。

ユーザーに何かしらの価値を与えるコンテンツがなければ、Webサイトの検索流入を増やすのは難しいことです。検索エンジンのアップデートにより、アクセスされるにはコンテンツの質がとても重要になったのです。

参考:集客力のあるWebサイト構成 -良質コンテンツとは-

コンテンツを活かすメリット



コンテンツSEOを実施するメリットは検索エンジンからの評価が下がりにくくなることです。検索エンジンを提供するGoogleは質の高いコンテンツを評価する方針で、役に立つWebサイトなら検索流入が増えやすくなります。

Googleの評価指標については、こちらの記事でも解説していますので、参考にして下さい。
↪︎SEO対策の本質はGoogleを知る事

また、コンテンツを発信することでユーザーが見てくれて、SNSによって拡散される可能性も高まります。仮にテクニックだけで検索流入を増やせたとしても、SNSによる拡散は期待できません。

企業が発信した情報を見てもらうことで、提供する商品やサービスの内容を理解してもらえるのもコンテンツSEOのメリットです。ユーザーがコンテンツを読んでから、商品を購入してくれる場合もあります。

SEOとコンテンツSEOの違い



SEOは”Search Engine Optimization”の略称であり、特定のキーワードでWebサイトが検索結果上位に表示されるためにすること。コンテンツSEOはSEOの1種として実施されています。

WebサイトのSEOをには内部要素と外部要素の2つが対策すべき項目としてあります。内部要素ではコンテンツや整合性などが重視され、外部要素では主に被リンクが重視されるのです。

外部からのリンクを増やすには、質の高いコンテンツをWebサイトで発信し続けるのがポイント。コンテンツSEOは内部要素から検索エンジンに最適化するために役立つ手法の1つです。

コンテンツSEOを実施するには

コンテンツSEOを実施するには、ユーザーに役立つ情報をWebサイトに追加していくことが必要です。ユーザーの悩みや疑問を解決できる情報ならば、検索したユーザーにアクセスしてもらいやすくなります。

さっそくコンテンツSEOを始めよう

Webサイトの情報が重視されている今では、コンテンツSEOにより検索流入を増やすことがオススメです。自社でWebサイトを運営しているならば、さっそくコンテンツSEOに取り組みましょう。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。