RPAとは何か?RPAの意味と資格について

2019/09/20

RPAとは何か?RPAの意味と資格について

RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略称です。

しかし、名前だけ見てもどんなものなのか、そしてどんな資格があるのかわかりにくいですよね。

今回はRPAの意味や、RPAの資格について説明します。

RPA「ロボティック・プロセス・オートメーション」とは

ロボティック・プロセス・オートメーションを簡単に説明すると「人的作業の自動化」となります。

どのような形で人的作業を自動化してくれるのかチェックしましょう。

業務や作業を自動化してくれる


日々の業務や作業する中で、必ず行わなければならず、かつほぼ同じ動作の繰り返しとなる部分をソフトウェアやハードウェアで機械に任せることで自動化します。

例えば、毎日開くエクセル、ブラウザのタブ、立ち上げるツールをわざわざクリックしなくても一度に開いてくれるようなイメージです。

その他にも一つのファイルにあるデータを別のファイルで集計したり、必要な場所に保存するようなことも自動化することができます。

時短や作業効率化が推進しやすい


人間が行う作業で機械に任せにくいのは「判断」を伴うもの、またはクリエイティブな活動です。

しかし、日々の業務や作業する中で、マニュアル通りに決まっているものであっても、人の手を利用しているものはたくさんあります。

RPAによって自動化することで、時間の短縮、作業の効率化となり、人間でなければならない仕事に集中することが可能です。

人間が行わなければならない作業を区別できる


RPAを意識して業務改善を行うと、人間が行わなければならない、または人間が行うべき作業を区別できるようになります。

逆に言えば、物理的に人の手で処理しなければならない作業、思考や判断が必要な業務を自動化することはできません。

同じことを何度も繰り返すもの、必ず決まった行動をするものなど、機械に任せる部分と人の手で作業する部分を区別することで、決まった人員の中でも各々の作業が楽になったり、負担が軽減したりするでしょう。

RPAの資格について

次にRPAの資格がどんなものなのか、RPA技術者検定のメリットやデメリットについてチェックしてみましょう。

WinActorを提供するNTTデータ社が実施する検定


RPAの資格としてはWinActorを提供するNTTデータ社が実施する検定があります。

WinActorはWindowsで操作可能なアプリケーションに対応しているだけでなく、既存の業務システムに大幅な改修を必要とせずRPAを導入できるツールです。

NTTデータ社の資格であるRPA技術者検定は3段階のレベルがあり、基本知識を学べる「アソシエイト」や実際の業務で使い方向けの「エキスパート」その上位として「プロフェッショナル」が存在します。

RPA技術者検定のメリットやデメリット


RPA技術者検定のメリットは合格することで、RPAに関する技術や知識を保持していることを示すことができる点です。

就職や転職に有利なだけでなく、社内でのキャリアアップやスキルアップ、キャリアチェンジにも有利となるでしょう。

RPA技術者の資格を持つことによる際立ったデメリットはありませんが、強いて言えばWinActorを利用していない職場や業界ですと不向きである可能性がある点のみです。

とはいえ、RPAについての知識や技術そのものが作業の自動化に関するノウハウや考え方ですから、これからのIoTやAIの時代において学んだことが役立つ場面は必ずあると言えるでしょう。

まとめ

RPAの考え方については、業務改善、業務効率化など「働き方改革」に通ずる点もあり、知識や技術として習得しておきたいスキルではあります。

RPAの資格については、必要に迫られたタイミングで取得するために勉強したり、スキルアップやキャリアアップ、キャリアチェンジを考えている方におすすめしたい資格と言えます。

IoTやAIだけでなく、ロボット技術も進んでいる時代だからこそ、機械に任せることは任せて、柔軟な思考ができる余力、リソースを持てるようにしたいものですね。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。