アプリ開発の会社選びで注意すべきポイント

2019/07/23

アプリ開発の会社選びで注意すべきポイント

アプリ開発の会社選びで注意すべきポイントとは

1.どこまでアプリ開発を任せられるか
2.アプリ開発の相場/価格がわかりやすいか
3.実績が在籍するメンバーの実績なのかどうか
4.メンテナンスやアップデートの対応があるか
5.アプリの口コミやレビューの評価はどうか

それぞれの項目についてチェックしてみましょう。

1.どこまでアプリ開発を任せられるか



アプリ開発と言っても、どこからどこまで任せられるのか範囲があります。

例えば、アプリが出来上がるまでの全ての工程を任せられる会社もあれば、工程ごとに外注を利用してアプリを作る会社もあります。

どちらも良し悪しはありますが、外注が増えれば増えるほど、費用が嵩んだり、納期に影響が出る可能性もあります。

逆に2次受け、3次受けとなり、結果的に安い価格で外注となればクオリティが低下する恐れもあるので、どの範囲まで対応できるのか、必ずチェックしましょう。

2.アプリ開発の相場/価格がわかりやすいか



アプリ開発の相場や価格がわかりやすいかどうかはとても大切なポイントです。

ボッタクリのように高過ぎるのはNGですし、逆に安過ぎてクオリティが低いのもNGと言えるでしょう。

なるべくなら複数の会社で見積りをとって、見比べたり、担当者と対話する機会を設けるようにしましょう。

3.実績が在籍するメンバーの実績なのかどうか



アプリ開発会社のホームページにはどの企業と取引があるのか、どのようなアプリを作成したのか記載されていることがあります。

しかし、IT業界では良い人材が転職しやすいこともあり、過去の実績で営業をすることも少なくありません。

過去の実績に携わっているメンバーが在籍しているのかどうか、実力のある人材がいるのか、きちんとチェックしましょう。

4.メンテナンスやアップデートの対応があるか



アプリ開発では作って終わりということはほぼありません。

セキュリティ面のためのメンテナンス、機能を追加するためのアップデート、その他にもバグやエラーなどの対応などが必要となります。

保守費用も含めて、アプリを開発した後の対応がどのようになっているか、必ず把握しておきましょう。

5.アプリの口コミやレビューの評価はどうか



アプリ開発会社の作成したアプリの口コミやレビューなども会社選びの基準となります。

iPhoneやAndroidであれば、それぞれアプリをダウンロードするページをチェックすれば、口コミやレビュー、メンテナンスやアップデートの情報がチェックできます。

きちんとした対応をしているのか、アップデートやバグやエラーのメンテナンスをどのペースで行っているのか見てみましょう。

その他にもアプリ開発会社そのものの口コミやレビュー、評価があるかどうかチェックすることも大切です。

まとめ

アプリ開発を依頼する時の会社選びは複雑なように感じがちですが、実際には何らかの企画を考え、成果を出すことと同じで手順そのものは簡単です。

どこまで任せられるか、予算はどの程度になるか、メンバーの実力はどうなのか、アプリが完成した後の運営やサポートはどうするべきか、アプリ開発会社や作成されたアプリの評価はどこまで求められるのかというように、具体的にアプリ開発からアプリ運営し、何らかの結果が出るまでの流れを考えましょう。

アプリの種類によりますが「アプリができました!終わり!」ということではありません。

アプリの開発、その後の機能の改善や強化だけでなく、最新のセキュリティ対策なども含めて、頼りになるアプリ開発会社と付き合うことが大切だということを忘れないようにしてくださいね。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。