web開発をする時の大まかな流れについて

2019/07/16

web開発をする時の大まかな流れについて

web開発の大まかな流れ

web開発及びシステム開発をする上での大まかな流れは下記の5項目となります。

1.何がしたい/どうしたいかを決める
2.自社開発か外部委託かを決める
3.見積りや予算組みを考える
4.作業工程や日数を試算する
5.web開発の開始

今回はweb開発における大まかな流れですので、専門用語や細かい部分については省略しております。

それでは早速、それぞれの項目についてご説明します。

1.何がしたい/どうしたいかを決める



web開発をしたいということは、何らかの目的が必要となります。

ほんわかとしたような構想やイメージではなく、企業や組織、個人として必要とするwebシステム、またはwebページを具体的に決めるということですね。

自社の宣伝となるホームページが欲しい、ショッピングサイトが作りたいなど、この時点である程度絞り込みましょう。

例えば、宣伝や広告効果を狙ったホームページであれば、自社のオウンドメディアの構想を練り直したり、ショッピングサイトであれば、商品の説明、在庫や新商品の
データベースとの連携など、より具体的な事柄が見えてくるからです。

2.自社開発か外部委託かを決める



次に自社で開発可能なのか、外部委託にするのかを判断し決断しましょう。

元々、システム開発やweb開発を行っている場合を除けば、外部委託になるケースがほとんどでしょう。


外部委託であれば、費用は発生するにせよ実作業はお任せとなるので安心ですし、手間が少ないというメリットがあります。

もし、自社開発にする場合でも、通常の業務と異なる作業が増えるとすれば、それなりの計画が必要となります。

ただし、web開発の流れを知りたいと考えてこのページにたどり着いている場合、システム開発やweb開発とは違った業種や業界の方だと思われますので、基本的には
外部委託、いわゆる外注になるものだと理解しておきましょう。

3.見積りや予算組みを考える



自社開発でも外部委託でも、見積りや予算組みを考える必要があります。

特に外部委託の場合は開発するwebシステムによって相場が異なるため、可能であれば複数の業者から見積りをもらって、あいみつ(相見積り)するのがベストです。

自社開発の場合は新たに人件費やその他の費用がどれだけ発生するのかをしっかりと考えるようにしましょう。

4.作業工程や日数を試算する



最終的な成果物が完成するまでの作業工程や日数を試算することはとても大切です。

見積りや予算組みにも直接的に関連するものであり、なるべく早くとなれば人手が必要になる分、必然的に費用もアップします。

外部委託であれば、見積りをもらう時点で大まかな日数や作業工程などを相談してみましょう。

5.web開発の開始



web開発するための条件が揃ったら、外部委託であれば、契約を締結したり、要求定義、要件定義の段階に移行します。

自社開発も同様であり、web開発をするために必要な条件を揃えた段階で、要求定義、要件定義に移行します。

ここまでがweb開発の大まかな流れの中でも最初の部分であり、初めてweb開発を自社、もしくは外部委託する場合に大切な部分であると言えます。

まとめ

今回は難しい言葉を省きましたが、基本契約書の締結、要求・要件の定義、外部設計、内部設計などが段階として続きます。

初めてweb開発をする上で気をつけたいのは、わからないことをそのままにしないこと。

自社開発でも外部委託でも同様であり、難しそうだから知らないままOKして話を進めてしまうと後で大変になります。

まずはweb開発の大まかな流れを把握し、スムーズにweb開発ができるようにイメージしてみてくださいね。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。

成果報酬型の広告運用 | サックル
想いを育むブランディング | サックル
設計・開発力に自信あり | サックル