web開発で知っておくべき注意点について

2019/07/11

web開発で知っておくべき注意点について

web開発とは

web開発とは広義の意味ではwebサーバーを構築し、webページやwebアプリケーションを開発することを意味します。

イメージとしては、web上で動作するアプリケーションやソフトウェアの作成、またはオンラインで繋がる自社システムの構築などが挙げられます。

各種SNS、オウンドメディア、オンラインショップ、自社ホームページ、会員制のサイト、オンラインサービスなど、インターネット上にあるもの全てがweb開発といっても過言ではないでしょう。

web開発におけるメリット/デメリット

web開発のメリットとして、オンラインでwebアプリケーションやwebサービスにアクセスできることです。

場所や時間に関係なく、社員や関係者、またはユーザーや顧客に利用してもらえることが挙げられます。

ブラウザで簡単にアクセスできたり、スマホやタブレットなどパソコン以外のデバイスにアプリを直接インストールしてもらうことも可能です。

逆にデメリットと言えば、オンラインで繋がってしまうことで、サイバー攻撃による情報漏洩のリスク、サイトの改竄や不正アクセスによる被害などが起こり得ることです。

メリットを享受し、デメリットやリスクを限りなくゼロにするためにも、web開発の注意点について理解しておく必要があります。

web開発の注意点

web開発における注意点はいくつかありますが、その中でもデメリットやリスクになりやすい3つを挙げてみました。

1.サイバー攻撃への対策
2.複数の管理者権限を設定
3.メンテナンスや復旧などアフターケア

それぞれの注意点についてチェックしてみましょう。

1.サイバー攻撃への対策



webアプリケーションやwebサイトやwebサービスなど、どの環境であったとしてもサーバー上に構築されるのがほとんどです。

サイバー攻撃はサーバーに対して行われるものであり、サーバー内にあるデータが危険に晒される恐れがあります。

同時に、プログラムの欠陥や脆弱性を悪用したサイバー攻撃もあり、サーバーとプログラムの両面でセキュリティ対策を施す必要があるんですね。

自社の極秘情報だけでなく、ユーザーの個人情報が漏洩してしまうと、多大なる被害を受けてしまいます。

web開発における安全性や堅牢性の重要性を充分に理解しておきましょう。

2.管理者権限やアクセス権の設定



webサイトを管理する側とアクセスするユーザー側のアクセス権などを細かく設定されているかは非常に大切です。

ごく当たり前の事のように聞こえますが、管理する側であれば、不必要な権限を与えてしまうことで、社員や関係者による情報漏洩が起こり得ます。

アクセスするユーザー側も同様で、不必要にアクセスできてしまえば、情報の改竄や悪質な詐欺による被害を受けてしまう可能性もあるんですね。

webアプリケーションやwebサイトとしての機能も大事ですが、目に見えにくい部分への配慮を怠らないようにすることが大切です。

3.メンテナンスやアップデートなどのアフターケア



メンテナンスや復旧についてのアフターケアはとても重要です。なぜなら、サイバー攻撃は日々進化を続けており、サーバーを構築するOS、ソフトウェアを作るためのプログラミング言語の脆弱性や弱点を探りつづけているからです。

古いままのOSやソフトウェアではサイバー攻撃に対処できません。

webアプリケーションやwebサイト、そしてサーバー自体のアップデートも含めて長期的に運営が必要だと覚えておいてください。

まとめ

web開発ではソフトウェアやアプリケーション自体の機能やアイデアに関心が向きがちです。

だからこそ、意識しにくい部分、サイバー攻撃へのセキュリティ対策を含めた安全性の確保が大切だということです。

完璧なプログラムは存在しません。

だからこそ、運営する側の人間がセキュリティ対策を怠らないこと、常に意識しておくことが企業や会社、または個人としての心構えであると言えます。

ご依頼・ご相談はこちら

この記事を書いた人 Sackle編集部

Sackle編集部

デジタル・クリエイティブに関するあらゆる情報を公開していきます。