これからのホームページ制作に欠かせないものとは?(後篇)

2018/08/10

これからのホームページ制作に欠かせないものとは?(後篇)

これからのホームページ制作に必要なマーケティングの視点

スマートフォンの爆発的な普及に伴い、「分からないことは自分で検索して調べる」という行動が人々の間に完全に定着しました。そんな時代にホームページを持たないのは、店を開いて入口を作らないのと同じことです。見込み客との接点、機会損失を招くだけでなく、不親切だ、とネガティブな印象を持たれてしまいます。

2度目の東京五輪を2年後に控え、これからのホームページは「とりあえず作った」だけでは用を成しません。人で賑わい、売上を伸ばし、交流が盛んな良質のサイトは、ほぼ100%の確率でマーケティングのノウハウが組み込まれています。

前篇に引き続き、ホームページ制作におけるマーケティングの重要性について、陥りがちな考え違いとあわせてご紹介いたします。

流入経路がオーガニック検索のみ

野菜の摂取の話であれば体が健康になって結構なことですが、Webサイトがこれでは少々心もとないですね。「とりあえず作った」だけで、人を呼び込む仕掛けが何も施されていない状態のサイトです。
デザインやSEOはもちろん大切ですが、それだけで人が集まるほど簡単ではありません。世界中にWebサイトは10億以上あります。何もしないでも人が集まるのはジャスティン・ビーバーぐらいです。

そこにマーケティングの視点を加えると・・


コンテンツを充実させて自然検索のみで人を集めることも不可能ではありません。しかしそれには相応の準備と、SEO以上の辛抱強さと継続性が必要になります。
業種やホームページの目的によっては、インターネット広告を駆使して集客する必要もあるでしょう。SNSを活用するのも有効です。最近は「SEO込み」を売りにする制作会社も増えてきましたが、公開後に手詰まりにならないためにも、ネット広告とSNSについても判断材料に加えることをおすすめします。

テンプレートで制作されている

特に大手の制作会社などは、制作効率を上げるためデザインのひな形を用意し、クライアントの情報をそこに入れ込む方式でホームページを量産しています。コスト削減と期間短縮がそれにより可能になるわけです。
テンプレートはネット上にもたくさん出回っています。制作会社のそれは品質も水準以上のものではありますが、既製品であることに違いはありません。
部屋着や普段着なら問題ないでしょうが、会社の顔ともいえるホームページが、類似品が世間にたくさん出回っている既製服で良いのか、という問題はやはりあります。

そこにマーケティングの視点を加えると・・


マーケターが関与するホームページは、それでいくとテーラーメイドです。



作るものは同じでも、手順がまったく違うのをご理解いただけると思います。既製品に比べてコストはかかりますが、目的にフィットした、世界に一つしかないホームページができあがるメリットからすると、誤差の範囲と言えるでしょう。
制作工程でさまざまなマーケティング施策を織り込みますので、徐々にならしていく必要はありません。最初から絶妙のフィット感で、抜群の使い勝手が得られます。

作って終わりになっている

制作会社のビジネスモデルがそういうものなので仕方がありません。納品したらとりあえず終わりです。保守を行う場合も、更新や不具合の修正が主で、データを見守り最適化のために執念を燃やす、ということはありません。
受け取った側も、公開して満足し、しばらくはブログを書いたりコンテンツを増やしたりしますが、反応の無さにやる気を無くし、ページを開く回数も徐々に減っていきます。

そこにマーケティングの視点を加えると・・


マーケティングにとって、ホームページは公開してからが本番です。
制作過程で織り込んださまざまな施策について、データを見ながらPDCAを回し、飽くなき執念で最適化をめざします。コンテンツを充実させて検索からの流入増を図りつつ、広告やSNSを活用してホームページの目的に合った成果を狙います。
訪問者のサイト内の動きを分析し、離脱を減らし、回遊率を高めるための修正を加えます。

まとめとして・・

見た目だけで判断されるせいで、世にあふれるホームページは、ホームページが持つポテンシャルの一部しか満たしていません。
自社の目的に完璧にフィットした、使えるホームページをぜひ検討してみてください。

ご依頼・ご相談はこちら