IoTの発達でマーケターは仕事を奪われてしまうのか?

2018/07/30

IoTの発達でマーケターは仕事を失ってしまうのか?

IoTは上質のマーケティングそのもの

IoTではモノを通してそのユーザーの個性や傾向が収集・分析され、その人にとって最適のサービスが、最適のタイミングで提供されるようになります。
それってマーケティングですよね。上質のマーケティングそのものと言えます。
すべてのマーケターが目指す境地に、IoTは新人ながらいとも簡単にたどり着いてしまうのです。

デバイスから集められるデータは膨大すぎて、人間の力では到底解析できません。AIに頼るしかない。
AIとデバイスの息の合った(息をしていませんから狂いようがない)仕事ぶりに、生身の人間がどこまでついていけるか。「メンテナンスだけお願いできますか」。AIからやんわりと窓際へ追いやられてしまいそうです。

IoTが浸透することで、過不足のない快適な日常が実現する。なんでもお見通しのAIと、痒いところに手が届くデバイスによって、人々の購買行動はさらに便利なものになる。
ではその時、どのような存在意義が、マーケターに残されているのでしょう?

IoTで実現する上質のマーケティング

それではまず、IoTで実現する上質のマーケティングについて、具体的に見ていきましょう。

史上最速・最短のお買い物


最初にご紹介するのは、Amazonがプライム会員向けに実質0円で販売している「Dash Button」です。
モノとしては至極単純で、文字通りただのボタンですが、それを押すことで商品の購入が自動的に完了し、早ければ翌日には玄関先にその商品が到着するという仕組みです。ティッシュや洗剤、飲料など繰り返し購入される消費財がメインで、たとえば洗剤なら、洗濯機の近くにこのボタンを設置し、そろそろ洗剤がなくなりそうだと気づいたタイミングでボタンを押せます。買い物リストに忘れずに「せんざい」と書き足す必要も、レジから駐車場までかさばる容器を持って歩く必要もなくなります。

商品を見比べて少しでも安いモノを買いたい、あるいは、使い続けるモノだからこそ毎回同じではないモノを買いたい、そういう消費者心理に対応できていない点など、まだまだ改良ポイントはあるものの、IoTを駆使して買い物を極限まで簡素化(指先でボタンを一押しするだけ)しています。

来店客の行動をデータ化する


玩具専門店の日本トイザらスでは、2018年7月から一部の店舗において、センサーや天井に設置した端末を通じて、入店から購買までの顧客の動きを可視化するプロジェクトを始動させました。何を見て、何を手に取ったか、店舗での顧客体験を見える化することにより、よりよいサービスの提供を目的としています。顧客の行動や属性を分析し、それらを売上や天気、スタッフの行動などのビッグデータと統合分析します。

これまでデジタルマーケティングにおいては、顧客の行動分析はオンライン上に限られ、オフラインについては想像の域を出ませんでした。しかし今後は、店舗に近づいた顧客にセール情報を通知するなど、よりタイムリーな施策が可能になります。

「自販機を探す」という面白さ


続いてご紹介するのは、新しいマーケティングの手法を積極的に取り入れることで知られる、日本コカコーラの「Coke ON」です。
自販機をIoTポータルに見立て、スマホアプリと連動させることで、顧客とさまざまなコミュニケーションを図ろうというもの。対応の自販機にスマホをかざして商品を購入すると、アプリ内でスタンプが押され、それが規定数たまると1本無料となる。受取も自販機で行え、無料クーポンを知人にプレゼントすることもできて、リファラルの増加につながっています。
サービス開始から2年半を経て、対応自販機が全国で25万台、アプリのダウンロード数が920万を超えています。
コンテンツマーケティングの巧みさでも知られる同社だけに、消費者にとっては、参加型コンテンツとしての面白さも感じられるのでしょう。もともとあった自販機をデバイスとして活用した、IoTマーケティングの好事例といえます。

事例から見えてくること

ここまで見てきて分かったことは、成功するIoTの事例には、もれなくその根底にマーケティングの手法が組み込まれていることです。
Dash Buttonでは、消費財の不足に気づいたタイミングで、ボタンをワンプッシュするだけで商品を購入でき、買い忘れの不安や買い物の面倒を取り除いてくれます。
トイザらスの事例では、顧客が店舗内でどのような行動を取り、それがどのように購入に結びつくかをデータ化し、解析&フィードバックさせることで、店舗レイアウトや品ぞろえ、スタッフの対応等を最適化できます。
Coke ONでは、自動販売機で飲み物を買うという行為をコンテンツ化、イベント化することで、付加価値をつけることに成功しました。

たとえば4K5Kのテレビのように、高度な技術を提供することがそのまま顧客満足につながる商品とは違い、IoTは、すでにある機器をインターネットに接続することで、新たな価値を生み出そうとするものです。簡単なボタンやすでにある自販機など、デバイス自体に高度な技術は必ずしも必要とされません。
新たな価値を生み出すために、商品やサービスの開発の根底に、顧客の不安、不便、不快をいかに取り除くかという、マーケティングの発想やアイデアが採り入れられています。顧客のニーズを読み取り、それをフィードバックすることで、商品やサービスの質を高める。まさしくマーケターが日頃から念頭に置いていることです。
完成した商品をいかに売るかに加えて、開発前の段階からマーケターが関わることで、より精度の高いベネフィットを顧客に提供できるようになるでしょう。

まとめとして

IoTが進化する世の中でマーケターに残される役割があるのか、という視点で今回いろいろ見てきました。
言うまでもなく、旧来のやり方で安穏としていれば、変化の速さに早晩振り落とされることになるでしょう。しかし、マーケティングの本質を学び、消費者の幸福のためにIoTに何ができるかという視点を持ち続けていれば、マーケターの果たす役割は、これまで以上に重要なものになるでしょう。

SackleのWEB戦略はこちら