「選んでもらえる」プレスリリースの書き方

2018/07/20

「選んでもらえる」プレスリリースの書き方

プレスリリースをマーケティングに活用する

プレスリリースは大企業がやるもの、というイメージがあるかと思いますが、それは昔の話です。
インターネットが発達し、メディアの種類も爆発的に増え、情報ニーズはかつてないほど高まっています。大きなニュースや画期的な新商品の発売だけでなく、求められる情報の質も多岐に渡っています。
それこそ、大企業が巨費を投じたキャンペーンが鳴かず飛ばずで、SNSでバズったものが一躍大流行、ということも当たり前に起きています。どこにそうした発火点があるか分からない以上、自社のPRや発信のためのチャンネルは、多ければ多いほど良いということになります。

以下にプレスリリースの活用法と、記者の目にとまる書き方をご紹介します。

プレスリリース活用のメリット

そもそもプレスリリースとは、プレス(報道機関)向けのリリース(発表)ということで、ニュースとしてメディアに取り上げてもらうために、自社の情報を簡潔にまとめてレポートすることです。
広告と違ってお金を出せば必ず取り上げてもらえるというものではありませんが、裏を返せば、メディアに取り上げられることで、広告費をかけずに自社のブランドや製品、サービスをアピールすることができます。

プレスリリース活用の1番のメリットは、メディアに記事が載った場合、自社ではリーチできない幅広い層にPRできることです。広告ではなく記事として見てもらえるため、読み手に信頼されやすいという利点もあります。普段広告を疑わしげに見る人でも、間に客観的な第3者のフィルターが入ることで、発信内容をストレートに受け取ってもらいやすくなります。

選んでもらえるプレスリリースの書き方

プレスリリースは、記者の目にとまり、それがニュースとして発行・配信されて初めて人の目に触れます。従って、記者に選んでもらうことを念頭に文面を作成する必要があります。
以下にその鉄則をご紹介します。

まず、何をどう書くかで迷う方がいらっしゃるかもしれませんが、大々的なニュースとか、センセーショナルな話題である必要はありません。上で書いたようにニーズは幅広くありますので、書き手であるあなたが、その話題のどこに「ニュース性」を見たのか、ブレずに書き切ることが大切です。

記者の目にとまる印象的なタイトル


毎日たくさんのプレスリリースに接する記者の目を、あなたの情報に向けさせる一番のきっかけは、やはりタイトルということになります。
あなたの「ニュース」が他にあまりないようなものであれば、それを端的に言い表すだけで十分でしょうし、それがそのままでは他のプレスリリースに埋もれてしまう種類のものであるなら、何かしら印象的な言葉で記者の目をこちらへ向けさせる必要があるでしょう。
注意すべきは、広告ではないので、「お得」とか「今だけ」といった、マーケターなら誰しも使いたくなる煽り文句はくれぐれも使わないことです。

「ニュース性」を端的に伝えるリード


タイトルに興味を持ってもらえたら、直下のリードで本文の内容を要約して伝え、本文を読む価値があるかどうかの判断を記者にゆだねましょう。通常400~600文字程度にまとめます。謎めかしたり、興味を引き伸ばすようなレトリックは必要ありません。一番伝えたいことを最初に持ってきて、5W1Hを盛り込み、事実をありのままに分かりやすく伝えます。

味つけは記者の仕事 素材としての本文の書き方


プレスリリースで主役になろうと思ってはいけません。メディアの中の1つの要素であることを忘れずに。本文は、冗長にならないよう1つのセンテンスは短くし、50文字以内にまとめます。全体をA4用紙1~2枚に収め、読みやすいようにレイアウトも工夫します。適当な長さで段落を取り、それぞれに小見出しをつけましょう。

あくまで公式文書ですので、嘘や間違い、誇張はNGです。具体的な数値や事実の裏付けも明記するようにします。要素が多い場合は、読みやすく箇条書きにするのも手です。

業界用語や専門用語は極力使わないようにしましょう。記者は理解できても、読者には伝わりません。記事にするには、記者にリライトという面倒なハードルを越えてもらわなければならなくなります。「やっぱりあっちにしよう」と思われないために。

「よし、これを記事にしよう」記者がそう思い、さらに突っ込んだ情報を得ようと用紙を探すが、あなたの連絡先がどこにも書いていなかった。もったいない話ですが、これも実際よくある話です。熱心な記者なら会社名を検索してでも連絡してきてくれますが、「もういいや。やっぱりあっちで・・」となりかねません。住所。氏名。部署や役職名。電話番号。メールアドレス等連絡先を文末に記入するようにしましょう。

配信には2種類の方法

書き上げたプレスリリースを配信するには2つの方法があります。
1つは、印刷して記者や出版社に直接郵送する方法です。目立つに越したことはないので、その場合はA4の封筒を用いましょう。関連資料を同封すると、興味を持ってもらえた時に便利です。切手代や封筒代がかかります。

もう1つは、ネットの配信代行業者を使う方法です。無料版と有料版があります。有料版は1記事あたり3~4万円という設定のところが多いです。コストはかかりますが、記者へのリーチや掲載率はその分高くなります。ジャンルによって強いところ弱いところがありますので、プレスリリースの内容に合わせて依頼先を選ぶといいでしょう。業者の中にはプレスリリースの作成自体も代行してくれるところがあります。作成に時間をかけられない場合は利用するといいでしょう。

終わりに・・・

プレスリリースを書く上で、他社のプレスリリースを読むことほど勉強になることはありません。上記の配信代行業者のサイトなどで、記者の目線でいろいろ読んでみることをおすすめします。

企業の中には定期的なプレスリリースの配信を社是として行っているところもあります。定期的にニュースを発信するには、ニュースになるようなアクションを起こし続ける必要があります。アクティブな会社として認知され、それだけ記者の目にとまりやすくなります。
新しい価値を認められつつあるプレスリリースを、マーケティングの手段の1つとして、ぜひ活用してみてください。

SackleのWEB戦略はこちら