コンテンツマーケティングのメリットと成果を最大化するためにやるべきこと

コンテンツマーケティング コンテンツマーケティング

INDEX

コンテンツマーケティングは、魅力的で価値のあるコンテンツで潜在的な顧客の関心を引きつけ、ブランドの認知度を高めるマーケティング手法です。インターネットや生成AIの普及、ソーシャルメディアの影響拡大を背景に、コンテンツマーケティングへの注目は高まっています。

本記事ではコンテンツマーケティングのメリット、デメリット、また効果を最大化するために重要となるポイントを分かりやすく解説します。

 

関連記事

【2024年最新版】YouTube動画のSEO対策に必須なテクニック7選

コンテンツマーケティングのメリット


  • 低コスト

  • 広告効果の蓄積

  • 顧客ロイヤリティの向上

  • 顧客層の拡大

  • SNSでの拡散


コンテンツマーケティングは従来のマーケティングと比較して、コストや効率性で大きなメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

低コスト


従来のメディア(TVやラジオなど)を用いたマーケティング手法に比べ、コンテンツマーケティングは低コストでスタートできるという利点があります。記事や動画などのコンテンツ作成に大規模な予算は不要です。SEOやソーシャルメディアの活用により、コストをかけずにトラフィックを引きつけることができます。

ブログやSNS投稿から始めるなど、スモールスタートができる点も魅力です。さらに、一度作成したコンテンツは継続的に集客効果を発揮し、長期的な観点からも広告費の削減効果が期待できます。特に予算が限られているSMEやスタートアップにとって、コスト効率の良いコンテンツマーケティングは有力な選択肢といえます。

広告効果の蓄積


コンテンツマーケティングでは、制作したコンテンツは長期的な広告資産として蓄積されていきます。企業のブログ記事やYouTube動画は公開後も新しい訪問者を引きつけ、広告効果を発揮し続けます。

ただし、社会やトレンド、市場の変化に合わせて定期的なコンテンツ更新が必要です。時代に合わないコンテンツは逆に企業のブランド価値を落とすことになりかねません。

顧客ロイヤリティの向上


顧客ロイヤリティは、特定の企業やブランドに対して顧客が持つ忠誠心や愛着です。販売促進や契約の継続などに大きな影響を与えます。

コンテンツマーケティングは顧客ロイヤリティの向上を実現させます。継続的に有益なコンテンツを配信することで、顧客との接点を維持し、信頼関係を強めていくことが可能です。

商品やサービスのセール情報、トラブルシューティング情報、アップデート/改善情報などをしっかりと配信し、顧客に信頼してもらえる企業像を作っていくことができます。

顧客層の拡大


コンテンツマーケティングは、企業の顧客層を広げる可能性を持っています。インターネット上でのコンテンツ配信は地理的な制限がありません。特定の地域に限らず、全国規模で潜在顧客に向けてプル型アプローチを進めます。

記事や動画などのコンテンツを多言語に対応させることで、グローバル市場にアプローチすることもできます。海外展開を考える企業にとって低リスクで効率的な方法といえます。

加えて、コンテンツの内容によっては、当初想定していなかった業種や企業の関心を引くことがあります。例えば、食品メーカーのオウンドメディアで「マラソン中でも気軽に栄養補給できるプロテインバー」という記事を掲載したとします。このコンテンツはスポーツジムの運営企業や実業団のトレーニングスタッフなどにリーチする可能性があります。

SNSでの拡散


有益で役に立つコンテンツはSNSで共有され、広範囲のユーザーに拡散していきます。拡散効果は、特にX(旧Twitter)で顕著ですが、InstagramやTikTokなどでも期待できます。

拡散効果を狙う上で、ユーザー生成コンテンツ(UGC)への理解は重要です。UGCは消費者が自発的に作成し共有するコンテンツです。企業や製品に関するレビュー、体験談、画像、動画などが含まれます。UGCは企業の提供情報よりも信頼性が高いと評価されることが多く、他の潜在顧客に対してリテンションと集客効果が期待できます。

新しいビジネスモデルや自社の製品、サービスについて効率よく理解を深められる


上で説明した「顧客層の拡大」とも重なる部分ですが、新しいタイプのビジネスモデルや商品を扱っている場合、その価値や利用方法を具体的に見せることで、顧客の意識の変容を促します。潜在的なニーズを掘り起こし、それが具体的にどのようなソリューションになるかをイメージさせられます。

コンテンツマーケティングのデメリット


  • 短期的な成果は出にくい

  • 継続的な配信と更新の負担

  • 専門知識と技術が必要


コンテンツマーケティングには、いくつかのデメリットもあります。デメリットというより、正確には難しさというべきでしょうが、そのコンテンツマーケティングが長期的かつ専門的な取り組みであるためには、リソースの限られた企業は導入段階においてしっかりとした計画を立てる必要があります。

短期的な成果は出にくい


コンテンツマーケティングの成果は短期間には現れにくいといわれています。

例えば、SEOの効果が顕著になるまでには、Googleからの評価が短期で劇的に変わるものではないため、数週間から数ヶ月かかることが一般的です。競合性の強いジャンルの場合、成果が明確に出始めるまでに半年から1年かかることもあります。

また、新規顧客を忠実なフォロワーや顧客に変える過程(ナーチャリング)も時間を要します。

即効性を求めるのであればインターネット広告などに力点を置いたほうが良いでしょう。

コンテンツマーケティングにおいても、短期的な成果を得るためにトレンドワードなどを活用し、タイムリーな情報でコンテンツをラインナップするといったSEO戦略がありますが、ブランドイメージと異なるコンテンツが増える可能性があり、長期的にコンテンツマーケティング戦略を進める上でリスクとなる場合もあるので注意が必要です。

継続的な配信と更新の負担


継続的なコンテンツの配信と更新には、一定のリソースと労力が必要です。SMEやリソースに制約のあるスタートアップにとっては大きな課題といえます。市場のトレンドや顧客の関心事をリサーチする業務の負担も小さくありません。

一方で、継続的な配信と更新はコンテンツマーケティングを成功させる上で非常に重要なポイントです。特にSEOにおいて、更新頻度の高いサイトは評価される傾向があります。コンテンツマーケティングを計画する段階で、情報配信のペースや更新頻度などを適切に見積り、社内リソースを配置させることが大切です。

専門知識と技術が必要


高品質なコンテンツの作成にはソフトや、場合によっては機材(カメラや編集用PCなど)に関する専門知識と技術が必要になります。SEOやCMSに関する知識も重要です。専門知識や技術を持つスタッフがいない場合は社内トレーニングの所要が発生します。SMEやスタートアップにとっては小さくない負担といえるでしょう。

社内に専門スタッフがいない、もしくは社内トレーニングをする余裕がない場合はアウトソーシング(外部委託)も有力な選択肢の一つです。

コンテンツマーケティングのメリットを最大化するポイント


  • ターゲットオーディエンスの特定

  • SEOに最適化したコンテンツ作成

  • コンテンツのリライト


ここではコンテンツマーケティングのメリットを最大化するポイントを3つにまとめて解説します。戦略の導入段階から重要になってくることなので、要点をしっかりと押さえておきましょう。

ターゲットオーディエンスの特定


ターゲットとなるオーディエンスを正確に理解し、彼らのニーズに合わせたコンテンツを提供することが重要です。

CRMなどを活用している企業は既存の顧客傾向からターゲットオーディエンスの行動特性を想定して、必要とされるコンテンツを選択していきます。顧客データが十分でない場合はペルソナを作成して顧客理解、ニーズ理解を深めましょう。

SEOに最適化したコンテンツ作成


検索エンジンでの視認性を高めるために、キーワードリサーチを行い、SEOに最適化したコンテンツを作成していきましょう。近年はそうした情報が多く出回っており、特定のキーワードで上位表示を勝ち取るのも難しくなっていますが、潜在層向けのニッチなジャンルの開拓や、ロングテールキーワードを組み合わせるなどして、まだまだ対策は可能です。

SEOをしっかり進めることで、オーガニック検索などからの顧客流入も期待できます。また、検索結果に上位表示されることで、サイト自体の信頼性が向上し、サイト全体の地位向上や、企業ブランディングにも良い影響を与えます。

コンテンツのリライト


既存のコンテンツを定期的に更新、リライトすることは企業の信頼性を保つ上で非常に重要です。また、情報を最新のものにしていくことで、SEO効果の向上も期待できます。

リライトは企業情報、もしくはコンテンツで取り扱う商品やサービスが変わった時点で行うことが大切です。社会やトレンドの変化にも注意を払い、必要に応じてワードや内容をアップデートしていきます。

コンテンツマーケティングのメリットを最大化する進め方


  1. 戦略の策定

  2. チーム構築と計画

  3. コンテンツ作成

  4. 配信

  5. 効果測定と改善


コンテンツマーケティングのメリットを最大化する進め方について解説します。

戦略の策定


ペルソナの設定と具体的な目標(KPI)の設定を行い、どのようなオーディエンスに、どのような結果を目指してアプローチするかを明確にします。

コンテンツマーケティングは「顧客層の拡大」が期待できます。既存セグメントにこだわらず、様々な可能性を探りましょう。

チーム構築と計画


コンテンツマーケティングのためのチームを編成し、リソースの振り分け、具体的なスケジュールと進行を決定します。

この段階でアウトソーシングの利用も検討します。特に専門知識が必要な業務(コンテンツ編集やCMS管理)は外部の専門家に依頼した方が効率的である場合があります。

コンテンツマーケティングでは、最低限のスモールスタートが可能です。今あるリソースを活用することで、「低コスト」で進めることができます。

コンテンツ作成


実際にコンテンツを作成していきます。企業ブランディングや信頼性も考慮し、長期的に一貫性のあるコンテンツの作成を目指していきましょう。作成するコンテンツはチャネルに応じてテキスト記事、動画、インフォグラフィックスなど様々です。

企業の商品やサービスを解説する際は、社内スタッフによるコンテンツ作成がスムーズかも知れません。一般的なテーマ(概論記事、用語説明記事など)は「広告効果の蓄積」に大きな役割を果たすエバーグリーンコンテンツになる可能性があります。外部の専門ライターに委託して、権威性を追求しても良いでしょう。

配信


作成したコンテンツを適切なチャネル(ウェブサイト、ソーシャルメディア等)を通じて配信します。

ワンコンテンツマルチユースが効率的です。これは、最初に作成したコンテンツ(例えば記事)を基に動画やインフォグラフィックスを作成し、様々なチャネル、プラットフォーム(X、Instagram、YouTubeなど)で配信する戦略です。「SNSでの拡散」に上手くつなげましょう。

また、配信の頻度はスケジュールに合わせてしっかりと守っていくことが大切です。ターゲットのリテンションの他、SEO評価向上にもつながります。

効果測定と改善


コンテンツのパフォーマンスを追跡し、KPIに基づいて効果を評価します。必要に応じて戦略自体を見直し、改善策を実施します。

効果測定は主にGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソール、その他SEOツールなどを使用して行います。MAツールに測定機能が実装されているかは事前に確認しておきましょう。

しっかりと測定して改善を続けることで「顧客ロイヤリティの向上」は着実なものになります。

まとめ

以上、コンテンツマーケティングのメリット、デメリット、また効果を最大化するために重要となるポイントを解説させていただきました。

コンテンツマーケティングは低コストで効率的に顧客獲得が期待できることから、SMEやスタートアップなど、リソースの限られた企業にとって特に有効な戦略といえます。

コンテンツマーケティングへの理解を深め、デジタルドメインにおいて新たなビジネスチャンスを広げていきましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY