Web制作とWeb開発の違いは?Web系職種の分類や求人の見方も解説

フリーランス フリーランス

INDEX

Web制作とWeb開発は似ている用語ですが、明確に違いがあります。ただし定義がはっきりしているわけではなく、人によって意見が異なります。意見が異なるのですが、考え方としては共通しています。ではどのように考えれば良いのか、解説していきます。

Webサービスの仕組み

Web制作とWeb開発の違いを理解するためには、Webサービスの仕組みを簡単に把握しておく必要があります。Webサービスを作るには、以下のような流れを経る必要があります。

 

1.Webサーバー側のシステム開発(サーバーサイド)

2.端末側の処理やデザイン開発(フロントエンド)

3.コンテンツ制作(SEO施策、Webライティング、など)

 

かなりざっくりですが、上記のステップでWebサービスは作られます。まずはサーバー側の処理を作って、パソコンやスマホで表示するページ側の処理を作り、その土台の上にコンテンツを作っていくということです。

サーバーサイドを担当するエンジニアをサーバーサイドエンジニア、フロントエンドを担当するエンジニアをフロントエンドエンジニアと呼ぶことが多いです。コンテンツ制作については、いろいろな担当者がいます。

たとえば、Webマーケター、Webディレクター、Webライター、などが挙げられるでしょう。

Web制作とは

以上を踏まえたうえで、Web制作はフロントエンドの開発を指す場合が多いです。具体的には、HTML、CSS、JavaScriptでWebシステムの表面側、ユーザーの目に触れる部分を実装していくことです。

このフロント部分の作り込みをWeb制作と呼ぶ場合が多いですが、コンテンツ制作もWeb制作に含まれている場合もあります。Webサイト表面やフロント部分の処理を実装し、そこから記事などのコンテンツを作っていくということです。

またここから派生して、コンテンツ制作をWeb制作と言っている場合もあります。多くの人にとっては違和感があるかもしれませんが、実際コンテンツ制作をWeb制作として募集しているケースはそれなりに見かけます。

フロントエンドの制作がWeb制作、コンテンツ制作もWeb制作に含む場合がある、ときどきコンテンツ制作をWeb制作と言っている場合がある、といったイメージでとらえておくと良いでしょう。

Web開発とは

Web開発とは、サーバーサイドの開発のことを指すのが一般的です。サーバーサイドはWebシステム開発の中でも本格的な処理を実装します。またWebエンジニアと呼ばれる職種は、サーバーサイドをメインにしている場合が多いでしょう。

ただし、Web開発もWeb制作同様、場合によって範囲が異なります。フロントエンドも含めてWeb開発と呼ぶこともあります。フロントエンドからサーバーサイドまでの開発をすべて含めて、Web開発と呼ぶ場合もあるでしょう。

Web制作とWeb開発の位置づけ

Web制作は主にフロントエンド、Web開発は主にサーバーサイドということでした。Web業界では一般的に、Web制作から入ってWeb開発を目指すパターンが多いです。まずはフロントエンドの制作に慣れて、その後サーバーサイドの開発スキルを身に付けていく流れになります。

Web開発企業では比較的新人がフロントエンドを担当し、スキルのあるエンジニアがサーバーサイドを担当するイメージです。ただし企業によって異なるので、一概には言えません。フロントエンドのみを請け負っている企業や、新人のうちからサーバーサイドの開発に入る場合もあるでしょう。

収入面や評価面でも、Web開発の方が上位に位置します。サーバーサイドの開発ができるとWebエンジニアとして評価され、収入もアップする場合が多いです。

Web業界での分類

Web制作とWeb開発の違いについて解説しましたが、実際のところWeb制作とWeb開発で分類することはあまりありません。Web制作、Web開発といった表題で募集している求人はありますが、内容は企業によって異なるので細かく確認する必要があります。

また実際の求人やWeb業界の考え方では、以下のような職種で分類している場合が多いでしょう。

 

・フロントエンドエンジニア

・サーバーサイドエンジニア

・テスター

・Webプログラマー

・Webディレクター

・Webライター

・Webマーケター

・Webデザイナー

 

以上のような職種で分類されている場合が多いため、職種の部分を確認すると求人内容がわかりやすいです。Web制作、Web開発といった文言が記載されている場合もありますが、そこではなく上記の職種を見るのがおすすめです。

たとえばWeb制作なのにサーバーサイドエンジニアと記載されている場合もあります。その場合は、サーバーサイドエンジニアの方が実際の業務内容です。また当然サーバーサイドエンジニアの中でも使用するプログラミング言語などはプロジェクトによって異なります。

Web制作、Web開発といったざっくりとした表記ではなく、より具体的な部分を見ていくことで判断がしやすいでしょう。

フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの違い

Web業界にはいろいろな職種があり、制作か開発かではなく職種で判断するのがおすすめということでした。職種で判断すれば、大まかな業務内容がわかります。ただし、例外的にフロントエンドエンジニアとWebデザイナーは違いがわかりにくく曖昧です。

フロントエンドエンジニアはフロントエンドの制作、Webデザイナーはフロントエンドのデザインを担当します。しかしフロントエンド制作の大部分はデザインなので、結果的にフロントエンドエンジニアとWebデザイナーの線引きが曖昧ということです。

違いとしてはフロントエンドエンジニアはJavaScriptも含めて処理の実装を行いますが、WebデザイナーはHTMLとCSSでページの表面を作っていくのがメインと言われています。しかし実態としては、フロントエンドエンジニアもデザインに力を入れる場合があり、WebデザイナーがJavaScriptで処理を実装する場合もあります。

Web制作とWeb開発の違いは担当部分

Web制作はフロントエンド制作がメイン、Web開発はサーバーサイド開発がメインということでした。しかし実際はそのようになっていない場合もあり、Web制作にコンテンツ制作が含まれていたり、Web開発にフロントエンドも含まれている場合もあります。

また上では触れませんでしたが、Web制作はWebサイトの制作、Web開発はWebアプリケーションの開発という分類をする場合もあります。この場合、Web制作にサーバーサイドの開発まで含まれるということです。

結局のところWeb制作とWeb開発の分類は紛らわしいのであまり行われておらず、求人などに記載されていても表題として記載しているイメージです。実際の業務内容を把握するには、職種やプログラミング言語や対象システムを見るのがおすすめです。

Web系の職種は区分がわかりやすいのでそれほど混乱することはありませんが、例外的にフロントエンドエンジニアとWebデザイナーは業務の重複部分が多いです。求人を探す際には職種名だけでなく、担当業務を見ると適切に判断できます。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY