フリーランスエンジニアは何歳まで働ける? エンジニア定年説は本当なのか

フリーランス フリーランスエンジニア

INDEX

エンジニア定年説や、エンジニアは歳を取ってからはできない仕事だ、といった話をよく耳にします。またそれと同時に、エンジニアは年齢関係なく働ける仕事という話も耳にします。どちらが正解なのでしょうか。

この記事ではエンジニア定年説の真偽と、フリーランスエンジニアとして何歳まで働けるのか、またエンジニアを長く続けるにはどうしたらいいのかについて解説します。

エンジニア定年説はなぜ出てきた?

IT業界では、エンジニア定年説という有名な説があります。それによると、35歳を過ぎるとエンジニアを続けるのは困難だということになります。もちろん35歳を過ぎても現場でエンジニアとして働いている人は多いですが、数が減るのも事実です。

ではなぜこのようなことが起こるのでしょう。それには以下のような理由があります。

・年齢とともに新たな技術の習得が遅くなる

・体力が落ちてくる

・給与が年齢に見合わなくなってくる

・管理者が年下になる

以上のような理由から、35歳以降はエンジニアの数が減ってくると言われます。そして実際減っています。個人差があるので一概には言えませんが、上記のようなことは概ね事実でしょう。

平均的には年齢を重ねると若い人ほど学習速度が速くはなく、また意欲も減退しがちです。そしてこのような定年説があるがゆえに、開発現場でもそのような評価につながる可能性が高いということです。

プロジェクト管理者側も若いエンジニアの方を求める傾向があり、結果的に年齢を重ねたエンジニアはあぶれてしまうということです。

年齢を重ねたエンジニアの戦略

年齢を重ねたエンジニアは特定の面ではたしかに不利になりますが、逆に有利な点もあります。自分の能力、志向、市場の状況などを把握して行動すれば、若手のエンジニアよりもむしろ有利と言えるでしょう。
では具体的にどのような戦略を取れば良いのでしょうか。

フリーランスエンジニアとして案件を自由に探す


エンジニア定年説は基本的に会社員エンジニアに対する定説です。つまり、フリーランスエンジニアにはあまり該当しないということです。フリーランスエンジニアの場合は案件を自由に探せるので、年齢を重ねていても参画できるプロジェクトを探せば良いのです。
中には若手エンジニアを優先的に採用しているプロジェクトもありますが、逆にベテランエンジニアの長年の経験を評価するプロジェクトもあります。実際ベテランエンジニアの方がスキルが高い場合も多いでしょう。
ベテランエンジニアこそフリーランスに向いているとも言えます。

マネジメント業務を中心にする


会社員エンジニアの場合は特にですが、年齢を重ねるとマネジメント側の役割を求められることが多くなりです。実際に手を動かしての作業は若手エンジニアを中心にしたいと考える傾向があります。
理由としては、単純に適材適所ということと、実作業担当者の人件費を抑えたいからです。若手エンジニアでもできる作業、むしろ若い方がこなせる作業はなるべく安い人件費で若手に担当してもらいたいと考えるのが自然でしょう。
一方でマネジメント業務は現場経験の長い人でないと難しい部分も多いです。また日本では年功序列とは言わないまでも、上司が年上、部下が年下の方が働きやすいという考え方もあります。
そのため、上流工程で、上司に近い立ち位置になるマネジメント側はベテランエンジニアの方が良いということです。逆に言えば、プロジェクトマネージャーは自分よりも年上のエンジニアがいると多少のやりづらさを感じる可能性があります。

新しい技術を身につける


若いエンジニアに需要が集まる理由の一つとして、新しい技術に関心が高い、習得が早い、といったことがあります。言い換えれば、ベテランエンジニアであっても新しい技術を積極的に身につけていけば現場で需要があるということです。
特にフリーランスエンジニアであれば自由に案件を探せるので、参画は難しくないでしょう。さらに若いエンジニアにはない経験値もあるので、経験値と新しい技術が組み合わされば貴重な戦力になります。

古いシステムに特化する


少々リスクのある戦略ではありますが、古いシステムに特化するのも一つの有効な戦略です。たとえば、COBOLで開発されているような汎用機を扱える若手エンジニアは希少です。希少なので人材が足りていません。
ベテランエンジニア中心に開発、保守運用を続けている現場も多いでしょう。つまり、若手エンジニアがあまりいない分野の技術であれば、年齢を重ねていてもプロジェクトから弾かれる確率は低いということです。
ただし状況が変わればどうなるかわからないので、リスクのある戦略とも言えます。古いシステムに特化する場合、市場が変化するリスクも考慮して新しい技術を身につけることや、マネジメントスキルを積極的に身につけていくことが重要です。

フリーランスエンジニアは何歳まででも働ける

結論として、スキルアップを図る、戦略を考える、能力の衰えを経験で補う、若い人並みの学習能力を維持、もしくは能力向上するように努力する、といったことをすればフリーランスエンジニアは何歳まででも働けます。

会社員エンジニアの場合も同様に努力次第でキャリアを継続できますが、会社員の場合周囲の印象による影響を受けやすいです。フリーランスの場合は自分で合うプロジェクトを探せば良いですが、会社員の場合はそれが難しいです。

周囲が年齢の高いエンジニアは使いにくいと思えばプロジェクトを外されてしまう可能性があるので、年齢を重ねたエンジニアこそフリーランスのメリットが大きいと言えます。

まとめ

エンジニア定年説というものがありますが、これは主に会社員エンジニアの話です。フリーランスエンジニアの場合、むしろ年齢の制限は受けにくいと言えます。ただし会社員でもフリーランスでも、平均的に見れば若いエンジニアよりも学習能力が劣る、周囲からマネジメント側の役割を期待される、といったことも事実です。

エンジニアはそれぞれ好きな分野や作業があるので必ずしも一般的なルートをたどる必要はありませんが、市場を見ながら身の振り方を考える必要があります。今までと同じ働き方をしているだけだと年齢によって不利になる可能性はあるので、むしろ年齢を活かすための戦略が必要です。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY