フリーランスから正社員に再就職できる? 目指す理由や採用率を上げるポイントを解説

フリーランス フリーランスライフ

INDEX

「フリーランスから正社員に戻れる?」

「転職活動する際のポイントはある?」

フリーランスから正社員へ就職・再就職を検討する際、このような疑問を感じる人もいるでしょう。

また、どのような理由でフリーランスから正社員になりたいのか、他の人の考えを知りたいという人もいるのではないでしょうか。

この記事では、フリーランスから正社員に就職・再就職するためのポイントや目指す理由について分かりやすく解説していきます。

企業側が気にしているポイントにも触れていきますので、転職活動に役立ててください。

フリーランスから正社員になれるのか

結論からいうと、フリーランスから正社員に再就職することは可能です。

フリーランスは、自身のスキルを提供して報酬を得る働き方なので、企業側からはフリーランスとして働いていた人材に対して期待値が高い傾向にあります。

また、スキルや実績があることから、新たに教育する必要がないこともコスト面からメリットが大きいと言えます。

一方で、フリーランスから正社員になることに対して、「立ち行かなくなったから再就職しようとしているのでは?」「協調性がなさそう」といったネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。

こうしたイメージを払拭するための対策はもちろん、フリーランスから正社員になることへの評価は企業によって異なるので、転職活動の際は企業の風土も意識するようにしましょう。

フリーランスから正社員になりたい理由

フリーランスから正社員になりたい理由は人によってさまざまですが、その働き方の特徴から多くの人が考えていることでもあります。
ここでは、フリーランスから正社員に再就職したいよくある理由を紹介していきます。

やりたい仕事ができないから


フリーランスは、自身で参画する案件を選べることが魅力的な働き方ですが、正社員でなければ携われない仕事も数多くあるのが現実です。
たとえば、システム開発の現場では、仕様書に基づいてプログラミングしていく案件は豊富であるものの、システムの基幹的部分には機密情報も多く、フリーランスには任せてもらえないタスクもあります。
また、会社組織の基盤作りのような深く踏み込んだ仕事にも携わりにくいでしょう。
もちろん、セルフブランディングをはじめとするアプローチ方法によって、希望する案件に携われる可能性はありますが、フリーランスのように外部の人間には触れられない仕事は一定数存在するのです。
こうした仕事に携わりたいことを理由に、フリーランスから正社員へ再就職したいと考える人は少なくありません。

安定した生活が送れないから


数あるフリーランスから正社員へ再就職したい理由のなかでも、安定した生活を求める人は非常に多いです。
「案件が獲得できない」「社会的信用が低くてローンが組めない」「思っていたより稼げなかった」などが挙げられるでしょう。
こうした状況は、精神的にも追い詰められてしまうので、正社員に再就職して安定した生活を送りたいと感じてしまうのです。

長期的なプロジェクトに携わりたいから


フリーランスの案件は、短期間のものも多く、数年単位でプロジェクトに参画することは珍しいです。
「システム開発の一部にしか携われない」「リリースまで見届けることができない」などの不満を感じている人も少なくありません。
また、自社開発エンジニアは、開発したシステムの良し悪しによって所属企業の利益が左右されるため、開発作業のモチベーションも高く持てることでしょう。
しかし、フリーランスの場合は、任されたタスクをこなすだけなので、携わったシステムに愛着を持ちにくく、そのような状況から正社員に再就職したいと考える人も多いのです。

チームや組織で仕事をしたいから


フリーランスの案件は、参画期間が短いこともあり、チームや組織で仕事をする機会は正社員と比べて少ないです。
また、成果物を納品する形式の案件であれば、クライアントと最低限の連絡を取り合うのみで、一人で黙々と作業することになります。
こうした孤独な環境に身を置くことが辛くなり、正社員に再就職しようという気持ちが芽生える人も少なくありません。

フリーランスが正社員に再就職する際のポイント

フリーランスから正社員に再就職することは可能ですが、その際には押さえておきたいポイントがいくつかあります。
ここでは、フリーランスから正社員に再就職する際の3つのポイントを解説していきます。

正社員に再就職したい理由を明確にする


そもそも、なぜフリーランスから正社員に再就職したいのか、その理由は採用選考の場で必ず聞かれます。
「収入が不安定」「案件が満足に獲得できない」などと回答してしまうと、面接官から「スキルが低いのでは?」「人間性に問題があるのでは?」といったように、評価を下げることに繋がってしまう恐れがあります。
そのような状況に陥らないためにも、正社員に再就職したい理由はポジティブに捉えてもらえるよう、しっかりと考えるようにしましょう。

なぜフリーランスになったのか説明できるようにする


採用面接の場では、求職者がなぜフリーランスになったのか理由や経緯を確認されることが多々あります。
フリーランスには、元々は会社員として働いていたという経歴を持つ人も多く、そのまま会社員として働くこともできたのにフリーランスへ転身しています。
企業側からしてみれば、その理由が「自由に働きたかったから」「個人で働きたかった」といったものであれば「また辞めるのでは?」「協調性がないのでは?」など疑う気持ちを持つのも当然のことといえるでしょう。
こうした疑念を晴らせるよう、ポジティブに捉えられるような理由を用意することをおすすめします。

ネガティブなイメージを払拭できるように準備する


フリーランスとして働いてきた人に対し、企業側からは「即戦力になりそう」という期待もありますが、フリーランスから正社員に再就職したい理由や、フリーランスになった理由の伝え方次第ではネガティブなイメージを持たれてしまいます。
「安定した働き方がしたい」「一人で働くことに疲れた」と本心では思っていても、それを伝えるのは得策とはいえません。
「システムの基幹部の開発に携わりたい」「組織の運営に携わりたい」など、正社員にならなければできないことを伝えると良いでしょう。
また、すぐに辞めてしまうことや協調性のなさも懸念されるので、腰を据えて働いていく意思があることもアピールすることをおすすめします。

フリーランスから正社員に再就職する方法

フリーランスから正社員に再就職するためには、どのように転職活動をしたら良いのでしょうか。
転職活動する際、転職サイトを活用するのが一般的ですが、より確実で効率よく正社員になりたいと考えている人もいることでしょう。
ここでは、フリーランスから正社員に再就職する方法を紹介していきます。

取引先に相談する


フリーランスとして参画している取引先に相談する方法です。
実力を評価されて声を掛けられることもあれば、契約更新のタイミングで正社員になる意思があることを自ら伝えるなど方法はさまざまです。
すでに働いているので、業務を教える必要がないほか、スキルや人柄に対しても理解があるので、再就職後もスムーズに働くことができるでしょう。

転職エージェントを活用する


転職エージェントは、求職者の希望にマッチした求人紹介をしてくれるので、効率よく転職活動を進められます。
また、求人紹介だけではなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策や条件交渉も行ってくれます。
プロのキャリアアドバイザーの手厚いサポートのもと転職活動ができるので、正社員への再就職もしやすいといえるでしょう。

まとめ

フリーランスから正社員へ再就職することは可能です。

少子高齢化問題により就業人口は減少傾向にあるため、各企業では人材獲得のための採用活動が活発であり、即戦力になり得るフリーランスへの期待値は高いです。

その一方で、フリーランスに対し「スキルが足りないから会社員に戻ろうとしているのでは?」「すぐに辞めるのでは?」「協調性がなく、またフリーランスに戻るのでは?」などのように、ネガティブなイメージを持たれてしまうことも少なくありません。

システムの基幹部に携わりたい、組織運営に携わりたいといった正社員にならなければできない業務に対してアプローチするほか、すぐに辞めないことをアピールするため腰を据えて働く意思があることを伝えるようにしましょう。

フリーランスから正社員に再就職する際には、転職エージェントの利用も効果的なので、これらも積極的に活用することをおすすめします。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

開発・デザイン・マーケティングの課題解決は
クリエイティブ集団のサックルへお任せください。

開発・デザイン・マーケティング
をワンストップで対応

サックルは、システム開発・デザイン・マーケティングの3本柱で世の中の課題をクリエイティブで解決する会社です。
全国5拠点・完全内製で多くのプロジェクトを成功させてきた実績とノウハウ、そしてチーム体制があります。
是非、お気軽にご相談ください。

サックルに課題解決の依頼をする

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業16年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY