フリーランスエンジニアのメリットや注意点 生活を安定させるための方法を紹介

スキル スキル

INDEX

「フリーランスって自由そうでうらやましい」

「正社員の方が安心して働けるのでは?」

フリーランスエンジニアに興味を持っている人は、このようなあこがれや疑問を感じることもあるでしょう。

昨今、働き方改革をはじめ、クラウドサービスが普及したことにより、フリーランスとして働く人が年々増加しています。

なかでもフリーランスエンジニアは需要や報酬単価も高く、正社員から転身する人も多いです。

しかし「好きな仕事を選べる」「場所にとらわれずに働ける」と良いことばかりではなく、大変さや難しさもあることを忘れてはいけません。

そこでこの記事では、フリーランスエンジニアとして働くメリット、転身する際の注意点(デメリット)、フリーランスとして安定的に働く方法について解説していきます。

これからフリーランスを目指そうという人は、転身前にぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアの需要は伸びている

フリーランスエンジニアの需要は高く、就業人口は年々増加傾向にあります。

まずは、フリーランスエンジニアの需要が伸びている理由や背景から確認していきましょう。

IT人材の不足


経済産業省が発表しているように、IT人材は2030年には最大で79万人不足するといわれています。

これは、あらゆる業界でIT化が急速に進んでいるにもかかわらず、それに対応できる人材の供給が追い付いていないことを意味します。

そのため、企業は直接雇用だけではなく、フリーランスとして活動するIT人材も含めて、人材確保をしようとする動きを見せているのです。

IT技術の導入は今後も進むことが見込まれるので、フリーランスエンジニアの需要も比例して高まるといえるでしょう。

クラウドサービスの普及


昨今の情勢も相まって、現在ではリモートワークに対応できるクラウドサービスが急速に増えています。

エンジニアは、数ある職業のなかでもリモートワークとの親和性が高く、自宅やカフェなど場所を選ばず働くことが可能です。

IT企業の多くは首都圏をはじめ各都市部に集中しており、従来は近郊に住んでいる人材の確保しかできませんでした。

しかし、クラウドサービスを活用した働き方が普及したことで、地方在住のITスキルを持つ人材を確保が可能になり、同時にフリーランス向けの案件も増えてきているのです。

副業の解禁


「複業」「パラレルワーク」「Wワーク」などさまざまな呼び方がありますが、フリーランスエンジニアが増えている要因として、副業が解禁されたことも挙げられるでしょう。

フリーランスは必ずしも会社員を辞めて独立して働くことを指すのではなく、企業に所属するだけが選択肢ではない自由度の高い働き方を指します。

先述の通り、エンジニアはリモートワークと相性が良いため、会社員でも休日や本業終了後の隙間時間に副業しやすいといえるでしょう。

このように、IT人材の不足、クラウドサービスの普及、副業の解禁など多くの要素がから、フリーランスエンジニアの需要が高まっているのです。

エンジニアがフリーランスとして働くメリット

需要が高まっているフリーランスエンジニアですが、働くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、エンジニアがフリーランスとして働く4つのメリットを紹介していきます。

参画する案件を自分で選べる


自社開発の企業で正社員として働く場合、担当できる業務は限定的です。

また、SIerやSES企業で働く場合は、自社開発よりも選択肢は広がりますが、会社からのアサインによるので必ずしも自身の希望が通るわけではありません。

その点、フリーランスでは自分で参画する案件を自由に選択することができるため、キャリアや実績を積みやすいメリットがあります。

エンジニアは専門性の高い職種であることから、スキルや実績が大きく評価されるので、案件選択の自由度はとても魅力的であるといえるでしょう。

収入アップが見込める


企業に所属していると、昇給は年1~2回の企業が多いです。

また、SIerやSES企業に所属して働く場合、月単価が高いプロジェクトに参画していても給料に反映されることは少なく不満を感じている人も多いことでしょう。

フリーランスの場合、所属企業が中間に入っていないことで、単価報酬がダイレクトに収入へ反映されるため、大幅な収入アップが見込めます。

また、働いた分だけ収入が増えるので、高いモチベーションのもと働くことができるでしょう。

自由な時間が増える


フレックス勤務をはじめ、フレキシブルな働き方が採用されやすいエンジニアですが、まだまだ始業・終業時刻が定められている企業が多いのが現実です。

フリーランスの場合、参画する案件を自分自身で選べるほか、成果物の納品によって報酬を得られるので、勤務時間はもちろん働く日も自分の裁量で選択しやすいです。

そのため、自由な時間を増やせるので、ライフワークバランスが取りやすいこともメリットであるといえるでしょう。

好きな場所で働ける


エンジニアとして働いていても、所属企業がテレワークを導入していなければリモートで働くことはできません。

その点、フリーランスではフルリモートの案件に参画すれば、場所を選ばず働くことが可能です。

具体的には、自宅やカフェなどはもちろん、地方在住で都市部の仕事に参画したり、ワーケーションしたりすることもできます。

満員電車での通勤や都市部で働くことに疲弊している人にとって、場所を選ばない働き方は魅力的に感じられることでしょう。

もちろんリモートワークにおいては、セキュリティ意識をより一層高める必要があることも言い添えておきます。

エンジニアがフリーランスを目指す際の注意点(デメリット)

自由度が高く、キャリア形成がしやすいうえに収入アップも目指せるなど多くのメリットがあるフリーランスエンジニアですが、反面デメリットも存在します。

ここでは、エンジニアがフリーランスを目指す際の注意点を解説していきます。

エンジニア以外の雑務も行わなければならない


会社員の場合、エンジニアとして担当の業務に専念することができますが、フリーランスとして働くとその他の雑務の対応もしなければなりません。

具体的には、確定申告をはじめとする各種税金手続きや保険手続きなどが挙げられるでしょう。

また、案件を獲得するための営業活動も必要です。

このように、エンジニア以外の雑務に追われるので、仕事量が増えることを覚悟する必要があります。

働かなければ収入が得られない


フリーランスの場合、働かなければ収入を得られません。

「当たり前のことでは?」と感じるかもしれませんが、会社員の場合には有給休暇をはじめとする福利厚生があるほか、基本給も存在します。

極端な言い方をすれば、体調不良で仕事ができなくても有給休暇で補填、大した成果を挙げられていなくても基本給が毎月支給されるので、最低限の収入は担保されているのです。

その点、フリーランスは完全に成果主義なので、働かなければ収入を得られません。

また、継続的に案件獲得ができなければ収入が途絶えてしまうので、営業活動はフリーランスの大きな課題であるといえるでしょう。

スキルや実績がなければ厳しい


安定的かつ継続的に案件獲得することが課題のフリーランスエンジニアですが、案件獲得にはスキルや実績が非常に重要です。

フリーランスとは、自分自身のスキルが商品であり、それを提供(成果物の作成・納品)することによって報酬を得ています。

これは、スキルの低さは品質の低さと同義であり、実績は信頼を意味すると言い換えることもでき、スキル(品質)や実績(信頼)がなければ購入(案件獲得)してもらえないのです。

自身を売り込むために単価報酬を下げてしまえば、メリットである収入アップを目指すことも難しくなります。

これらから、スキルや実績がない人は、フリーランスを目指すことにリスクがあるといえるでしょう。

会社員と比べて社会的信用が低く不安定


会社員として企業に所属していると社会的信用が得られやすいです。

一方、フリーランスは会社という後ろ盾がないので、会社員と比較して社会的な信用が低く安定性に欠けます。

身近な例でいえば、住宅ローンや賃貸契約などが挙げられます。

会社員からフリーランスへ転身する前に、こうした社会的信用が必要な契約を済ませておくと苦労も軽減するので、覚えておくと良いでしょう。

フリーランスエンジニアが安定した働き方をする方法

フリーランスとして働く際の注意点を見て、不安に感じた人も多いことでしょう。

しかし、安定した働き方をするためのポイントを押さえておくことで、これらを解消することは可能です。

ここでは、フリーランスエンジニアが安定した働き方をするための方法を紹介していきます。

汎用性の高いスキルを身につけておく


安定した働き方をするためには、継続的に案件に参画する必要があります。

案件を確保するためには多くのポイントがありますが、なかでもスキル習得は非常に重要です。

習得すべきスキルに悩んでいる人は、フリーランス向けの求人サイトに掲載されている情報からトレンドをキャッチするほか、汎用性の高いスキルを習得することをおすすめします。

プログラミング言語でいえば、JavaやC言語などは汎用性が高く、あらゆる企業で使用されていることから案件数も豊富です。

案件数が多ければ、競争率の低下、需要の増加、流行り廃りに影響を受けにくいことが見込まれるので、安定的に案件を確保しやすいといえるでしょう。

まずは副業として始めてみる


フリーランスに転身する際、会社員を辞めてから活動するのではなく、まずは副業から始めることも方法のひとつです。

副業から始めるメリットには、所属企業に依存しない働き方の感覚や、フリーランスで収入を得る仕組みを理解できることです。

学生が就職前に行うインターンシップのようなイメージをすると分かりやすいです。

また、副業で十分な収入が得られると確信してから会社員を辞めることで、安心して働くことができることでしょう。

フリーランス向けのエージェントサービスを活用する


フリーランスの課題として「案件確保」「福利厚生がない」「各種手続きに時間を取られる」などが挙げられますが、これらを解消できるのがフリーランス向けのエージェントサービスです。

転職エージェントと同様、人材紹介することで紹介先企業から報酬を得ているので、利用者に費用が発生することはありません。

エージェントサービスでは、利用者の要望に応じて継続的に案件を紹介してもらえるほか、確定申告や各種保険に関するサポート体制を設けているものが多いことも魅力的です。

個人で企業と直接契約するのと違い、仲介手数料(マージン)を取られてしまいますが、営業工数や各種手続きの負担を考えると利用する価値があるといえるでしょう。

まとめ

自分で参画する案件を選択でき、働く時間や場所においても自由度が高いフリーランスエンジニアですが、目指す際には注意しなければならないことも多いです。

特に重要なのが、安定的な働き方をするための案件獲得であり、フリーランスを廃業してしまう人の多くがこちらで失敗しています。

安定的かつ継続的に案件獲得するためには、フリーランス向けのエージェントサービスが有効であり、案件紹介以外にも営業工数や各種手続きの負担を軽減する効果が期待できます。

そのほか、今回紹介した注意点や対処法を押さえ、安定した働き方ができるフリーランスエンジニアを目指しましょう。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

心を動かすプロモーション

戦略立案からユーザーの「好き」を引き出すクリエイティブ制作・実行まで

プロモーション戦略の立案・実行・運用・改善までワンストップで対応。
・マーケティング担当がいない
・既存サービス(商品)の販売が伸び悩んでいる
・新規サービスを早々に認知拡大したい
・現状の課題を適切に分析できていない
など、プロモーション施策への課題がある方はお問い合わせ下さい。課題を的確に捉えて、オウンドメディアや広告など最適な案をご提案いたします。

サックルのプロモーション戦略

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY