コンテンツマップの必要性と作成手順を徹底解説!

マーケティング コンテンツマーケティング

INDEX

webサイトを立ち上げる際、事前に作成が必要なものとして「コンテンツマップ」が挙げられます。作成することで集客や売上向上など、様々なメリットをもたらせてくれますが、そもそもこのコンテンツマップとはどんなもので、その必要性や作成手順はどのようになっているのでしょうか?

この記事ではコンテンツマップについて詳しく解説します。

コンテンツマップとは?

コンテンツマップとは、コンテンツ構成や組み立てといった内容を可視化した地図のことを指します。

コンテンツマップはwebサイトの新規立ち上げやリニューアルの際、サイト上においてどのようなコンテンツがどこにあって、どんな役割をはたしているかを明確にしてくれます。

そのため、マーケティング戦略において、どのような要素のコンテンツが不足しているか、追加すべきコンテンツはどのようなものがあるのかをより把握できるようになります。

サイトマップとは何が違うのか?

コンテンツマップもサイトマップもwebサイトを可視化して俯瞰するという点では同じです。しかし、サイトマップがwebサイト全体のカテゴリー整理を目的としているのに対し、コンテンツマップはそれぞれのコンテンツがどのように関連しているのか、その構造を明らかにさせるのが目的です。

また、コンテンツマップはwebサイト上において、各コンテンツやその関連性がユーザーにとって見やすくわかりやすいかといった視点での作成が重要になります。

コンテンツマップの必要性とは?

webサイト内の導線を確認するため


webサイトを立ち上げる際、全体構成をよく考えずにコンテンツ作成を行なってしまうと、ユーザー目線で導線を確認したときに「わかりづらい」「探しづらい」「見づらい」といった問題が起きてしまう可能性があります。

そのため、コンテンツマップを事前に作成し、導線を明確にすることで求める結果をユーザー行動につなげることができます。

マーケティング戦略を共有化するため


コンテンツマップがあると、webサイト全体の構造や導線が明確になります。マーケティング戦略を立案し、webサイトの構成や組み立てについて複数名で打合せを行なう際にも、コンテンツマップがあれば戦略や課題を共有化することができます。

また、施策や改善を実践する際にも、コンテンツマップがあると行なうべき優先順位も明確になるため、その後の作業もスムーズに進みます。

webサイト全体の構造を把握できるため


コンテンツマップがあるとwebサイト全体の構造が明確になり、どのようなコンテンツがどのように機能しているか把握できます。

ECサイトの場合は特に、コンセプトマップによって集客や商品・サービスの購入に各コンテンツをどのように関連づけるか明確にしてくれるため、非常に重要です。

また、コンテンツ量が膨大にあったとしても、必ずしも収益化につながるわけではありません。そのため、ユーザー導線を意識した各コンテンツの配置や関連が大切になります。

コンテンツ内容が良かったとしても、ユーザーにそのコンテンツを見つけてもらわなければ意味がありません。webサイト全体の構造の把握は、それぞれのコンテンツを有機的に機能させるために役立ちます。

コンテンツマップ作成の手順とは?

関連ワードを数多く列挙する


コンテンツマップを作成する際は、そのwebサイトに関係する言葉をまずはどんどん列挙することから始めましょう。この際、構造や構成といった細かなことまで考える必要はありません。

次に列挙したそれぞれの言葉から関連するキーワードをとにかく数多く挙げていきます。

こうした作業を複数名で行なう場合、パソコン上で行なってもかまいませんが、一人ひとりに付箋に書いてもらい、大きな紙に貼り付けても理解しやすくなります。

カテゴリーごとに整理する


次に列挙したキーワードをカテゴリーごとに整理していきます。

このとき大グループができることもありますが、大グループの中からさらに分けられるカテゴリーがないか考えることも大切です。

また一方でごく少数のグループができることもありますが、後のコンテンツ制作を考えた時に、はたしてその少数グループは本当に必要なのかといったことも十分考え、採用不採用を決めるようにしましょう。

このように、キーワードをカテゴリー分類することでwebサイト全体やコンテンツ内容がわかりやすくなります。

サイト構成を決定する


キーワードをカテゴリー整理し、webサイト全体やコンテンツ内容が明確化されたら、次にそれぞれの導線をユーザー目線で考えていきましょう。

何らかのきっかけにより、自社のwebサイトに興味を感じた人が、どのようなコト・モノを求め、どんな情報を欲しがっているのか?また、購入に導くためにはどのような働きかけが有効になるのか?といったことを考え、購入や利用、資料請求などにつながるwebサイト構成を決定していきます。

サイト全体の構成が固まってくると、追加すべきコンテンツや削除すべきコンテンツもより把握できるようになるため、その都度コンテンツマップは手直しするとよいでしょう。

コンテンツ作成スケジュールを決定する


次にコンテンツ作成を行なうためのスケジュールを決めていきましょう。

コンテンツ作成にはコンテンツマーケティング担当者、ライター、エンジニア、デザイナーといった複数名で関わることが一般的なので、各々のスケジュールや理想とする納期などを確認しながら決定するようにしましょう。

コンテンツ作成の優先順位を決定する


コンテンツはそれぞれ重要度が異なりますが、重要度が高いと思われるコンテンツからwebサイトにアップするのがおすすめです。

なぜなら、重要度が高いというのはユーザーにとっても重要度が高く、集客や検索上位表示にも影響が出るためです。

コンテンツをどのように作り、どの順番でアップするかによって集客や売上にも関係するため、コンテンツ作成の計画をきちんと立て、優先順位を決定しましょう。

コンテンツマップ作成の注意点とは?

コンテンツマップを柔軟に変化対応できるものにする


顧客やユーザーのニーズはいつも一定であるとは限りません。

例えば経済情勢や自然災害など、外的要因などによってもニーズは変化します。

コンテンツマップを作成する際は、顧客やユーザーのニーズ変化で後からコンテンツを追加削除できるように余白をもたせるなど、臨機応変に対応できることが大切になります。

常に目的を意識する


コンテンツマップ作成はコンテンツマップを作ることが目的ではありません。また、webサイトもアクセス数を増やすことが目的ではなく、成果、つまりコンバージョン数を上げていくことが一番の目的です。

アクセス数は増えているものの、資料請求などの問い合わせ件数や購入者数が増えない場合は、webサイトの構成や設計に問題があることが考えられます。コンテンツマップを新たに作成するか見直しを図るなどして、効果が期待できるwebサイト運営を行なうことが大切です。

ツールを活用する


コンテンツマップ作成はアナログでも問題はありません。しかし、エクセルやパワーポイントなどのツールで作成した方がデータ保存しやすく、保管場所によってはいつでもどこでも関係者間でシェアすることができるため便利です。

また、顧客やユーザーニーズの変化により、コンテンツマップを修正する際もツールで作成した方が効率よくできるため、おすすめといえます。

まとめとして

私たちサックルは、集客力・成約率の高いWebサイト制作、リニューアルを得意としております。Webサイトを作ってみたものの効果が疑わしい。コンテンツSEOに取り組んでみたものの成果が出ない。そういった課題や悩みをお持ちであれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。改善方法を用意してお待ちしております。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY