ブランド力の必要性、高めるための手法を徹底解説

マーケティング 企業ブランディング

INDEX

多くの顧客に支持・信頼されている企業や商品・サービスには高いブランド力があります。ブランド力を高めることは企業にとっても重要なマーケティング戦略の一つです。
しかし、ブランド力や高め方について語れる人はそう多くはありません。
そこで当記事ではブランド力の概要やブランディングの必要性、手法などについて解説していきます。

ブランド力とは?

「ブランド」という言葉はもともと、牛などの家畜に焼き印を押す行為のことを指して生まれたもので、現在でもbrandには商標や銘柄などの意味の他に焼き印といった意味もあります。

ブランド力とは、商品やサービスが持つ価値を表わしますが、この価値は品質そのものというより、顧客・ユーザーの頭の中にあるその商品やサービスのイメージのことを指しています。

そして、そのブランドが他の商品やサービスとは違うと顧客・ユーザーがイメージしたとき、ブランド力が高い状態となります。

ブランドには目に見える形として名称やマーク、ロゴなどがあります。

企業そのものや商品・サービスにブランド力をつけるためには、顧客・ユーザーに対し良いイメージ付けをするためのブランディングが必要になります。

ブランディングとマーケティングの違いとは?

ブランディングとマーケティングは同義語的に扱われることもありますが、この二つには違いがあります。

まず、マーケティングはわかりやすく解説すれば、商品やサービスの価値を効果的に生活者に伝えることで、営業を行なわなくても自然と売れていく仕組みを作り上げることです。

一方、ブランディングとは生活者の心の中にイメージとして存在する心理的な価値を高めていく仕掛けづくりとなります。

つまり、マーケティングはブランディングの中にある一つの要素で、ブランド力が高まることによってマーケティング施策のスピードも上がり、効果が高まるのです。

高いブランド力をつけるためにはブランディングが重要

高いブランド力をつけるためには、顧客・ユーザーに高付加価値や信頼性といった良いイメージを与えるためのブランディングが必要になります。

生活者は商品やサービスを購入する際、どんなものがいいかを検索し、他の商品やサービスを比較検討しながら、どれが自分の欲求を満たしてくれるかを判断します。

このような購入に至るまでの行動は何かが得たい時には必ずとるものであり、生活者のこれまでの購入経験において、自社の商品やサービスに良いイメージを抱いてくれていれば、検索や比較検討なしに購入される可能性も高まります。

だからこそ、ブランディングで顧客・ユーザーに良いイメージを与え、ブランド力を高めることが重要なのです。

ブランドを広く生活者に認知してもらうためには名称やロゴ、マークなどをただ覚えてもらうだけではなく、商品やサービスから醸し出される雰囲気、デザインなど様々な要素からのメッセージが必要になります。

ブランディングの必要性とは?

ブランディングを行ないブランド力が高まると、競合となる他のブランドとの差別化を図ることができ、市場において優位な状態に立つことができます。

市場においてほぼ独占状態であったり、他社には真似ができない技術やノウハウを持った商品やサービスが自社にある場合は、ブランディングは特に必要ないかもしれません。

しかし、世の中には類似の商品やサービスを取り扱う企業やメーカーが多数あり、多くの市場で飽和状態が起きています。そのような中で、他社商品やサービスより優位な位置に立つにはブランディングが必要なのです。

また、自社と同じ業界ですでにブランド力の高い他社の商品やサービスが存在した場合、それよりも勝るほどのブランディングをしなければ、顧客やユーザーの多くはそちらの方へ流れていってしまいます。

ブランディングの手法とは?

まず社内でブランディングの必要性を共有しよう


ブランディングはまず、その必要性を社内で共有するところからはじめましょう。

ブランディングは顧客・ユーザーへ自社や商品・サービスの良いイメージ付けを行なうことです。社内でどんな目的のために、どのような目標でブランディングを行なっていくかを共有しなければ、やがてブランドイメージもブレてしまいます。

ブランディングが進めば進むほど方向転換が難しくなるため、はじめの一歩こそが重要になります。

環境分析を行ないましょう


ブランディングには市場分析、顧客分析、競合分析など、自社や商品・サービスの周辺にある環境をよく知ることからはじめましょう。

環境分析には

・ファイブフォース分析

・PEST分析

・3C分析

などがありますが、どの分析手法も様々な切り口から周辺環境を捉えることで、自社や商品・サービスの市場におけるポジションをわかりやすくしてくれます。

ブランドが目指すべきことを決める


そのブランドはどんなあるべき姿を描くべきなのか、また、どんな価値こそ重要なのかを決定します。

つまり、どんな顧客やユーザーにどんな商品やサービス提供することによって、どのような状態になってもらうことが究極の価値になるのかをハッキリさせます。

ブランドコンセプトを決める


ここでもどのようなターゲット層にどのような価値を提供し、どのようなイメージを持ってもらいたいのかを明確にし、そのコンセプトをわかりやすく伝える言葉、スローガンを考えます。

想いを言語化することはすぐには決定しないので、コンセプトに基づいた言葉を関係者で複数出すことが重要になります。

市場優位となる強みを見つけよう


日本で1番高い山は富士山だと、日本人であれば老若男女誰でも答えられますが、「2番目に高い山は?」と聞かれて答えられる人はそう多くはいません。

つまり、1番であったり、強みが明確にないと、人はイメージし記憶してくれないのです。

自社ブランドを競合他社と比較、差別化し、市場優位となる強みやどんな土俵で戦うと有利な状態となるのか考えましょう。

やがてその強みや優位性が、ブランド名を見聞きするだけで生活者がイメージできる状態が理想です。

ブランドの提供価値を決めよう


ブランドの提供価値とはそのブランドをユーザーが手にし利用した時に得られる喜びのことを指します。

提供価値には品質や機能性などの実利価値、デザインやイメージなどの感性価値、体験や実感などの情緒価値、自己実現や社会実現といった共鳴価値があります。

ブランド名やロゴマークをつくろう


ブランドコンセプトや言葉、スローガンに沿ってブランド名を考えます。また、ブランドが持つ価値観や背景にあるストーリーがイメージできるようなロゴマークを作ります。

名前はよくある名前ではなく、好感が持てるものや響きのよいもの、ロゴは様々なメディアで使用されることも考慮し、どのような大きさになっても視認性があるデザイン性にすることが重要です。

ブランドをどのように発信していくか考えよう


ブランド名やスローガン、画像、ロゴなどどのような世界観をどのようなメディアを用いて発信していくか考えましょう。

メディアは様々あるため、ブランドターゲットが日頃よく接触しているであろうものを選び出すことが大切です。

生活者、顧客・ユーザーへのアプローチは一貫性をもとう


生活者や顧客・ユーザーへのアプローチに対しブランド名やデザイン、キャッチコピーなど、その世界観に一貫性がなければブランドからのメッセージが正しく伝わらず、ブランド力の低下ないし失敗につながってしまいます。

独自性やブランドが持つ世界観をきちんと魅力的に繰り返し伝えることで、高いブランド力が期待できます。

ブランド認知度検証をしよう


ブランド力は商品やサービスが生活者、顧客・ユーザーに認知され、魅力を感じ共感を覚えることによって高まっていきます。

ブランドが目指すべき方向にきちんと向かっているか、適切な評価方法で定期的に調査する必要があります。
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

WRITER INFORMATION

サックルマガジン編集部

デジタルクリエイティブの最新情報を発信する情報マガジン「サックルMAGAZINE」の編集部です。運営会社サックルは「ニーズがあるクリエイター集団でい続ける」を掲げ、創業13年目を迎えました。デジタル領域のプロとして、メディアを通じて多くのビジネスマンに有益な情報を発信しています。

企業様毎にマッチしたセールスDX化の仕組みをご提供

インサイドセールスに必要なソリューションを幅広く提供しています

マーケター・デザイナー・エンジニアがデジタル領域に関する全てを一元的にサポート。
企業毎に最適な機能をカスタマイズし、セールスDXの効果を最大化。IT導入補助金支援事業者として申請からサポート。

サックルのセールスDX

RECOMMEND

PICKUP

CATEGORY